お知らせ
Information

新年度スタート

2022.05.06

2022年度が始まり1ヶ月が経ちました。
これまでの学校生活について、行事を中心にご報告させていただきます。

まず4月7日本校の山田宏記念ホールにて中学校・高等学校の入学礼拝が行われました。
午前中に中学校、午後に高等学校と別々に入学礼拝が行われ、
樋口校長から本校のスクールモットーである「光の子として歩みなさい。」(エフェソの信徒への手紙5章8~10節)の
箇所通じて奨励をいただきました。
光の子として神様に導かれ入学した梅光学院で、何をすることで主に喜ばれるのか、
どのようにこの学院で過ごすべきなのかを考える機会となりました。

翌日4月8日に1学期始業礼拝が行われ、全校生徒が初めて顔を合わせました。
新入生はiPadの初期設定などを午前中までに終え、午後からは生徒会主催の部活動発表会も行われました。
この発表会では実際に目の前で成果や技を披露した部活もあれば、作成した動画を流し発表を行う部活もありました。
また部活動発表時には生徒から顧問の紹介もあり、日頃見られない先生の姿も多くあったため会場は大いに盛り上がりました。

4月11日からは新年度の授業がスタートしましたが、中学1年生のみ2泊3日で十種ヶ峰絆キャンプを実施しました。
絆キャンプでは梅光学院大学の難波先生をお迎えし、ローエレメントやハイエレメント※を通じながら学年の絆を築き、
これからの学校生活に活かすことを目的としています。

※丸太やロープ、ワイヤーを大規模に組み合わせた構造で、地上約10mに設置されたものをハイエレメント、低い位置に設定されたものをローエレメントと呼ぶ


3日間のキャンプで学んだことは「Challenge By Choice」という言葉の意味です。
この言葉は「挑戦するかしないか」ではなく「どこまで挑戦するか」を意味しています。
絆キャンプを通じ仲間の励ましによって一歩踏み出すことのできた経験から、普段の生活で限界を決めてしまっていたことを感じました。
絆キャンプ後には振り返りも行い、今後どのように学校生活に活かすことができるか楽しみです。

また高校Ⅰ年生も十種ヶ峰絆キャンプが5月15日から18日(3泊4日)にかけて行われる予定ですが、
それに先駆け学年全体で親睦を深めるべくアイスブレイクを行いました。
複数のグループに分かれ、自己紹介や簡単なゲームを通じて、お互いの意外な共通点がみつかるなど楽しそうな姿が見られました。


この1ヶ月で新入生は授業や行事を通じ、友達を増やしながら少しずつ梅光学院の生活に慣れてきているようです。
これからは授業だけでなく映画祭など、これまで経験したことのない学校行事も予定されています。
先輩たちのように、生徒自らが主体となって行事を運営し有意義な学校生活が送れるよう、今年度も教職員一同取り組んでいきたいと思います。

  • WebptbgEWv
  • ~̊wŽ@I[vXN[
  • wZ
  • wZ
  • BLEND@ZxVXe
  • ߖh~{j
  • eؖs
  • Baiko English
  • BAIKO VISION
  • ~w@ƑƐJ HIKARI
  • 񕍂̂肢
  • W
  • wZ]
  • ݍZV
facebook Twitter