中高一貫コース
Junior high school

仲間との信頼関係を築くことができる
中学校教育
高校生活とその先の進路に向けて走り出す!

理数教育と論文の書き方指導

オバマ前アメリカ大統領が国家戦略として掲げたSTEM(Science, Technology, Engineering,
and Mathematics 科学・技術・工学・数学)教育。21世紀を生きる全ての人間にとって重要な教育課題は科学、数学教育なのです。
本校では中学校より理数系の科目(理科・数学)にカリキュラム上多くの時間を与え、かつ理科では実験を多く取り入れ、科学的な思考力と実践力を養成しています。それとともに、中3で探究の時間を用いて研究論文の書き方を徹底指導しています。
「理数と研究に強い梅光」が合言葉です。

世界のどこかを支える人となる

中高一貫6年間というゆとりある時間の中で、本校は、キリスト教教育と充実した教育課程、少人数教育によって、一人ひとりの豊かな人間性と高い学力を育んでいきます。 そして生徒の皆さんは、様々なプログラムを通して未来の進路を考え、自分の限界を超え、国境を越えて一人の大人として世界のどこかを支える人となるために、自己を磨いていきます。

Wake-Up全員留学と英語教育

入学直後に、カナダ・バンクーバーに2週間留学し、英語を学ぶ楽しさや異文化体験等により、英語学習の動機づけを行います。
帰国後は、大学で教えているネイティブ教員や実績のある英語教員の指導により、中学校段階で英検2級・準2級レベルの英語力を確実に身につけるよう取り組みます。
中学校段階で、英検2級レベルをめざすことは、、その後の大学進学に向けて大きなステップとなります。こうした力を育む仕組みが梅光の英語教育の大きな特徴です。

英検取得目標
中3 2級・準2級
中2 準2級
中1 3級

コミュニケーション能力・表現力が身につく

チームビルディング

梅光学院は、集団の人間関係づくり(チームビルディング)に力を入れています。
このため、入学後すぐに青少年自然の家でプロジェクト・アドベンチャー手法を用いて、チームビルディングに取り組みます。チームをつくり、目標に達成することで、信頼関係を築きます。

全員担任制

本校ではクラスの固定担任制を廃止し、全員担任制へ移行しています。
これにより全教職員は、全校生徒の名前と特徴を把握でき、教職員間で生徒の情報交換が盛んに行われています。さらに三者面談の際には、先生を指名できるようになっています。学校全体で生徒一人ひとりをサポートできるので、受験対策などもきめ細やかに行えます。

単元別テスト

定期テストを廃止し、単元が終了するごとにテストを行います。
生徒は短い範囲の中で勉強がやりやすくなり、常日頃から勉強する習慣が身につきます。また、本校では再チャレンジ制を設け、意欲がある生徒は2回受験をすることが可能です。教職員も生徒がどこの単元が苦手か発見しやすく、一人ひとりに合った教育を行えます。

ドラマ・エデュケーション

演劇の手法を教育に用い、現代でもっとも必要とされているコミュニケーション能力を養成します。
演劇を通して、自己表現力や相手が何を訴えているかよく観察する力を磨き上げていきます。また、自分自身をより深く理解できることで、相手との人間関係の問題を 解決へと導ける力が身につきます。

キャリア教育

本校は、大学進学を前提としたキャリア教育・進路指導に取り組んでいます。
具体的には、中学1年生から大学研究や大学訪問に取り組むとともに、地域のトップリーダーの話を聞く機会を多くもち、進路意識を高めていきます。
大切なことは、大学や大学院を卒業した後に、どのような専門性をもち世界に貢献して行くのかということを明確にしていくことです。
中学生の段階では、いくつもの夢があると思います。その夢を形にするために、本校はいくつものプログラムを用意しています。

実施プログラム例
中1 カナダ研修
下関市立大学訪問
日本の大学学部研究
企業リーダー講演会
中2 SDGs講演会
北九州大学訪問
世界の大学学部研究
企業訪問・研究所体験
中3 サイエンス講演会
九州工業大学訪問
大学入試研究
SDGsプレゼン大会
※2019年度実績