Beyond the Borders自分を超える・国境を越える

これからの時代を生きていくことになる今の子どもたちに求められる力は、文化や言語の壁を超えて自分の知らない地域で、自分とは異なる人たちとの出会いや多くの経験を通じて自分を成長させる「国境を越える力」、自らの限界を設けないで、一歩前に踏み出す「自分の限界を超える力」、と私たちは考えます。それは、これまで自分が定めていた境界線を飛び越えて先に進む力、これからの時代を生き抜く力そのものです。
「強くしなやかな精神と、新しい世界を切り拓く能力を、他者のために用いることのできる人間を育てる」という建学の理念を掲げる私たち梅光学院は、これからの時代をたくましく生き抜き、社会に価値をもたらす人材を育成するために、境界線を飛び越えるための新たな教育プログラムを次々と導入しています。 Beyond the Borders. ここで、これからの激動の時代を生き抜く力を身につけてください。

人間形成

キリスト教信仰に基づき、聖書の教えに沿った、神と人を愛する「こころの教育」を実践し、 挨拶や礼儀、他者への思いやり、誠実さに溢れた人間性を育みます。

キリスト教教育Christian education

始業前に毎朝行われている朝の礼拝。先生のお話しに静かに耳を傾け、落ち着いた心で一日を始める事ができます。
 

始業前に毎朝行われている朝の礼拝。先生のお話しに静かに耳を傾け、落ち着いた心で一日を始める事ができます。

■スクールモットー

Ut filii lucis ambulate

光の子として歩みなさい-光から、あらゆる善意と正義と真実とが生じるのです。-(新約聖書 エフェソの信徒への手紙 5章8節)

■建学の精神

強くしなやかな精神と、新しい世界を切り拓く能力を、
他者のために用いることのできる人間を育てる。

梅光の教育は「思考力・判断力・表現力」を養うだけでは完成しません。身につけた能力や知識を他者のために用いることができるようになることこそ、梅光がめざす教育です。

国際交流International exchange

長期留学生受け入れ

フィンランドやベルギーの学生が本校で梅光生とともに学んでいます。こうした交流を通じて梅光生も国際性が育まれていきます。

短期留学生

下関市の姉妹都市であるカリフォルニア州ピッツバーグから中高生を梅光に招待、本校の姉妹校であるオーストラリアのサザンクロス・カソリック・カレッジの中高生と特別授業およびホームステイによる交流など世界中の若者と交流の場を設けています。

国際交流活動

立命館アジア太平洋大学の学生である「CONNEXT ASEAN JAPAN CAMP」の皆さんにご来校いただき、アジアからの留学生と交流およびワークショップを行いました。

ボランティア活動Volunteer activities

「他者に尽くす」ボランティアはまさに梅光の教育のエッセンス

ボランティア活動の積極的な取り組みなどにより、2020年度にスタートする新大学入試で求められるスキル「思考力・判断力・表現力」に加え、「気づく力・提案する力・実行する力」を身につけます。

リハビリ・サポートボランティア

生徒たちと同年代の障がいをもつ方のリハビリ訓練をサポートするボランティア活動です。生徒たちにはこの活動を通じて、すべての人を尊重し、社会生活の中で共に支えあい、一人ひとりが生きる喜びを感じ、「共に生きる力」が育まれることが期待されます。

サマリアデー献金

東南アジアでサポートを必要としている子どもたちの生活と学習を支える献金を毎月行います。世界の現実を学び、自分に何ができるのか考える機会となっています。

ドラマ・エデュケーションDrama education

コミュニケーション能力を育むドラマ・エデュケーション

本校独自のコミュニケーション力養成プログラムです。アメリカやヨーロッパの中学校・高校で行われている「演劇(ドラマ)」の授業に、「音楽」の要素を取り入れることによって、創造性・独創性・協調性を養います。
ドラマを体験することにより、相手のメッセージを受け取る感性と、自分のことを相手に伝える力を養成します。

チームビルディングTeam building

協働性が育つチームビルディング

仲間づくりは中学・高校の必須課題です。チームビルディングは、教室を出て行動を共にすることで絆を強くするだけでなく、助け合う必要性、人に支えられて生きていることを実感できます。

プロジェクトアドベンチャー

薪割へ

チームでないと解決できない課題を通して、協力し合うことの大切さを学ぶ野外でも屋内でも行われるプログラムです。さまざまな器具や環境を通じて、協働性が育まれます。

絆キャンプ

ロープの上へ

山口県十種ヶ峰の麓の研修施設に宿泊し、仲間づくりに取り組み、山登りをします。中学1年生が参加するプログラムで、グループをつくって協力し合って生活をします。自分の限界、体力の限界を超える経験を通して、他者に尽くす梅光の教育の根幹を学びます。

エナジードENAGEED

梅光学院では、AIが発達して環境が激変する社会を見据え、次世代型キャリア教育「エナジード」を導入!なぜ勉強するのか?何を勉強するのか?どう生きるのか?それらの問いに自身で答えを見つける学びを取り入れ、自ら考え学ぼうとする姿勢を育みます。