ICT教育
Education with ICT

「主体性」「協働性」「創造性」を身につける
1人1台! iPadを活用した最先端のICT教育

梅光学院では1人1台のタブレット端末を使用し、調べ学習や課題の提出を行ったり、学習動画での予習復習等に取り組みます。
梅光学院のICT(Information and Communication Technology / 情報通信技術)教育の目標は、「主体性」「協働性」「創造性」を生徒全員が身につけ、社会で必要とされる人材を育成することです。
教師が積極的に梅光のICT教育の目標を授業に取り入れながら、アクティブラーニング型の授業を展開していきます。
また、情報リテラシーを身につけるために、デジタルネイティブと呼ばれる世代の生徒たちが正しくICTを活用し、主体的に情報の取捨選択を行い、プレゼンテーションや意思伝達の方法を学んでいきます。
本校は他者とコミュニケーションをとりながら課題を解決することで、人生を切り拓いていける力を身につけていきます。

校内にWi-Fiを完備

校内にWi-Fiを完備しているので、授業中でもすばやくインターネットにアクセスすることが可能です。学校で使用方法を教えるだけでなく、生徒たち自身で「ルール」を考え、情報リテラシーを身につけています。

全教室にホワイトボード、
スクリーン、アップルTVを設置

Apple TVを使ってiPadから黒板やモニターへデータを映し、授業や発表を行います。これは企業でのプレゼンテーションでも多く用いられている方法です。最新設備が整備された環境で発表の機会を多く持つことができるため、プレゼンテーション力の向上が期待できます。

Pickup! e-Portfolio Pickup! e-Portfolio

2019年度大学入試から段階的に、JAPAN e-Portfolioの仕組みが活用されることが文部科学省より発表されました。学校生活やその他の個人活動において、生徒がどれだけ主体性を持って学びを深めてきたかが大学側にも伝わるように、デジタルで写真や動画、作文などを蓄積していきます。
大学入試でこれらの「学びと活動の記録」が活用されることはもちろんですが、過去の自分の取組みを記録に残し、振り返り、改善しながら将来の自分の価値を高めていくことはとても大切なことです。梅光学院ではこの仕組みを「梅光e-Portfolio」と呼び、独自の年間計画表を作成し、iPadを活用してデータを記録しています。

ICT教育・アクティブラーニングの流れ Part1

課題提示と情報収集

まずは先生がiPad等で課題を投げかけます。
生徒は課題解決に向けて情報収集し、自身の意見をまとめます。

グループ学習で視野を広げる

自身の考えと他者の考えを比較し、何が問題解決のための最善策なのかを自分が持っている情報をもとに論理的に話し合います。自分では想像もつかなかった視点に気付くことで、よりよい討論を展開できるようになります。

プレゼンテーション準備と発表

グループメンバーが集めた情報(画像・動画、記事やグラフ等)を、iPadを使って共有し、他のグループの生徒へ論理的に説明できる資料を作成します。他者の意見をまとめる協働力とわかりやすい資料と説明を考える表現力を伸ばすことができます。

ポートフォリオで振り返り、次回に活かす
ポートフォリオで振り返り、次回に活かす

プレゼンテーションでうまくいったところとそうでないところを振り返り、次回の課題を考えます。この繰り返しによって常に過去の自分の結果を超えていけるよう、PDCAサイクルを実践することで常に成長し続ける人に成長します。

ICT教育・アクティブラーニングの流れ Part2

家庭学習用動画の提示

梅光では、先生と生徒が直接会話できる授業時間を大切にしています。基礎的な内容は家庭で学習し、理解することを目的にスタディサプリの動画を予習用の教材として出します。
家庭や学校のスタディルーム(自習室)で動画を自分のペースで閲覧し、基礎学力を定着していきます。

授業内で演習

スタディサプリでの予習をもとに、授業内では演習力を高めます。
宿題で学んできた内容を学校で実際に力がついているかを確認します。

グループ学習

今度はグループ学習です。自分の意見を他者に伝え、うまく伝わるかを確認したり、他者の意見を聞くことでその意見を自分の考えに取り入れたりします。考えを共有した上で、グループとしての意見をまとめます。

解法の確認、問題演習、振り返り

問題演習を行い、理解できているか確認します。
また授業の最後には5分間で振り返りを記入します。
自身の課題をポートフォリオに蓄積しておき、模試や定期試験の前に自分の課題を確認しながら自学に集中することができます。

Apple Pencilで表現力、学力を向上させる

本校は2019年度からiPadに加え、Apple Pencilを導入しています。
Apple Pencilを活用することで、ノートをすべてiPadでとる生徒も出てきています。
板書を撮影して、それをデジタルノートに張り付け、コメントを入れて、ノートを読めばそのまま授業の内容が思い出せるような工夫ができ、成績向上につながります。
また毎日の「日々演習」では、演習プリントをデータで配付し、Apple Pencilで問題を解きます。データで保存されるため整理もうまくいき、先生方も提出状況を確認しやすいので生徒一人ひとりの学習状況を細かく見ることができ、アドバイスもしやすくなりました。

ロイロノート・スクール

ロイロノート・スクールは、生徒たちが考えるのを助け、その考えを人に伝えることができる、お互いに学びあえる学習ツールです。先生と生徒の双方向で授業を進めることができ、生徒間でも情報の共有ができるので「協働」学習することができます。

Classiについて

本校では、授業や生徒指導、生徒の学習をサポートする「Classi」を採用し、授業や自学の管理、校内外のテスト結果など、生徒の情報を一元管理しています。Classiでは先生からドリルやテストが配信されるなど、学校でも家庭でも効率的に学習を進めることができます。
さらに、保護者の方もClassiの利用が可能で、成績を確認したり、学校からのお知らせを受け取ったり、学校での様子を写真で見ることができます。いつでも情報を共有し、生徒、学校、保護者の方とのコミュニケーションツールになっています。

イングリッシュラウンジ

昼休みや放課後には英語ネイティブ教員が常駐しています。机や椅子、カーペット等カラフルなものに一新し、居心地の良い空間となり、英語好きな生徒でにぎわっています。その他、授業はもちろんのこと、Wake-Up全員留学事前研修など様々な用途で使用しています。