梅光学院中・高におけるドラマ・エデュケーション

「ドラマ・エデュケーション」とは、演劇的手法を使ったエクササイズや、即興の劇遊びを通して、コミュニケーション力・表現力・社会性などを養う教育プログラムです。ヨーロッパやアジアの多くの学校では正式科目となっており、その教育効果は世界的に認められています。一方、日本では、継続的に授業に取り入れている学校は全国で10にも満たないほどです。
本校では、中学校1年生から高校2年生まで、週に1回「演劇(ドラマ)」の授業を実施し、生徒が様々な場面で活躍できるよう、丁寧に、「生きる力」を育てていきます。
講師はピアニストの山根浩志、劇作家・演出家・俳優の大塚恵美子、俳優であり、東京で「エイベックス・アーティスト・アカデミー」の講師も勤めている相原幸典の3名です。

    ドラマ・エデュケーションのキーワード例

  • 「Yes, and」… 他の人をアイディアを一旦受け入れ、それに自分の考えを加えてふくらませる。
  • 「受信力を磨く」… 一緒に活動する仲間をよく見る。渡される情報を丁寧に受け取る。
  • 「If(もしも)を楽しむ」… 様々な立場の人に「なってみる」事で新たな視点を獲得する。

【活動の様子】

● ステータス… 引いたトランプのカードの数が多いほど「ステータスの高い人」になり、他のチームの人に数字をあててもらえるようにポーズを考える。自分がまわりからどのように見えるか、俯瞰するためのレッスン。
(中2a)

● Big Trouble!… まずは、グループに分かれて、解決が難しそうな「困った事」を考え、シーンにする。次に、他のチームが考えたトラブルをどう解決するかを考え、演じる。
(高ⅠBM)

● もしも討論… ペットを飼うのなら、「絶対猫」「絶対犬」に分かれて意見を言い合う。本当はそうでなくても、その人の気持ちになって、思い切って意見をぶつける。
(高ⅠA)

● 創作創造… 既存の曲の歌詞の背後にある物語を想像し、新たにメロディをつけて歌う。また、テーマに沿って、歌詞や曲を創る。クリエイティブな協働体験。
(高ⅡA)