音楽特別課程
Special course of music

梅光学院中学校には「音楽が好き」「音楽をより深く学びたい」という人のために「音楽特別課程」があります。特別な技術や知識はいりません。
この早い段階では、音楽的な感性・能力・知識を身につけることを目的に、ソルフェージュを中心に授業展開しています。譜読みが速くなる、正しい音程で歌うことができるようになる、音楽的な演奏ができるようになるなど、一人ひとりの力を伸ばしていきます。そして、学びの発表の場として、秋には音楽課程生によるジュニアコンサートを行います。

授業
毎週土曜日
(年間30回程度)
内容
聴音2時間 視唱1時間
実技試験
年間3回実施

※入学試験で実技試験を行います。
詳しくは「2019(平成31)年度生徒募集要項」にてご確認ください。

在学中の主な行事

定期演奏会

毎年6月に、創立記念の一環として定期演奏会を行い、生徒たちの発表の場としています。ソロ(独奏・独唱)、アンサンブル、また、音楽科生全員による合唱を披露、現在活躍中の卒業生を招いてのゲスト演奏も行います。この演奏会を経験することで、それぞれが音楽的にも大きく成長しています。

公開レッスン

音楽大学の教授や演奏家を講師に迎え、ピアノ、声楽、弦楽器、管楽器、ミュージカルなどの公開レッスンを年に数回行っています。
個人レッスンとは異なる指導を受けることで、自分の技術や知識を新たに見つめ直し、掘り下げていく良い機会となっています。

音楽科・修学旅行

芸術の都ウィーンへ行きます(隔年実施)。
市内観光や現地の超一流ホール見学や演奏、オペラ鑑賞、音楽大学でのレッスン、音楽をともに学ぶ現地生徒たちとの交流会など、外国文化に触れながら芸術への感性をより一層高める貴重な旅となっています。

卒業後の進路状況

音楽科生の第一志望大学への合格率は毎年ほぼ100%です。本校音楽科では、全国のさまざまな音楽大学から特別に指定校推薦枠をいただいています。近年では、器楽科・声楽科・作曲科・音楽教育科・音楽療法科・ミュージカル科・幼児教育科など生徒一人ひとりが、自分自身の将来の夢へ直結する多様な学科への進学を果たしています。

● 主な進学先

東京藝術大学・東京学芸大学・愛知県立芸術大学・京都市立芸術大学・広島大学・福岡教育大学・桐朋学園大学・東京音楽大学・国立音楽大学・武蔵野音楽大学・洗足学園大学・フェリス女学院大学・同志社女子大学・大阪音楽大学・神戸女学院大学・作陽音楽大学・エリザベト音楽大学・大分県立芸術短期大学・宝塚音楽学校・日本大学・ウィーン留学など

● 主な指定校推薦大学

桐朋学園大学・国立音楽大学・武蔵野音楽大学・フェリス女学院大学・同志社女子大学・大阪音楽大学・神戸女学院大学など

● 音楽の道で輝く卒業生たちの職業

演奏家、作曲家、ミュージカル女優、音楽療法士、小中学校や高等学校教諭、幼稚園教諭、ピアノ・エレクトーン講師、音楽教室教師など、多方面で活躍しています。