このウェブサイトをご覧いただくには、JavaScriptが動作する環境が必要です。
JavaScriptが正常に動作するようにブラウザの設定を変更してください。

図書館サポーター

SUPPORTER

オンラインABD(アクティブブックダイアログ)に参加しました!

2021年9月11日(土)、オンラインABD(アクティブブックダイアログ)に参加しました。

昨年12月と同様今回も、島根大学図書館コンシェルジュさんのお声がけによるものです。

梅光は1年生3人、3年生1人、図書館スタッフ1人が参加。

島根大学図書館コンシェルジュさんからは、前回もファシリテーターを務めてくれた学生Iさんと、1年生の2人が参加しました。

今回読んだ本は、アンデシュ・ハンセン著「スマホ脳」でした。

「2021年上半期ベストセラー」「スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか?」と仰々しく帯に書かれ、書店の目に付くところに山積みに置いてある話題の本です。

スマホという我々に欠かせない道具が、脳にどんな影響を与えているのかが書かれており、参加者はそれぞれスマホを使う時間や、スマホをどのように使っているかなどを報告し合いながら、本からの問いかけへの答えを自分事として模索していきました。

今回もまた、参加者とのダイアログ(対話)の中で、他者との違いや共感を発見することができ、13時から16時までの時間では足りないと感じるほどでした。ABDはいつもいい意味で脳と心を刺激してくれるなぁ、と思ったことでした。

 

オンラインABD(アクティブブックダイアログ)の様子⇒

【ABD(アクティブブックダイアログ)とは?】

1冊の本を分担して読み、それぞれの箇所の要約を
A4の用紙にわかりやすく書き、2分で説明します。

要約した用紙は共有し、ダイアログ(対話)の時の参考にします。

全員の話を傾聴し質問や回答を繰り返し、議論ではない対話を深めることで1冊の本を共有していきます。

 

 

 

 

 

2021年度前期 図書館サポーターの活動

新入生7人が入部して、新部長のもと2021年度の活動を開始しました。

話し合いの結果、図書館サポーターの「おすすめ本コーナー」を作ることに決定しました。

まずは、各自おすすめ本を数冊選びます。その内1冊は自分の読んでない本を選ぶことを、司書より提案しました。図書館司書の仕事として、読んだことのない本の紹介をすることもあり得ます。図書館司書の仕事体験をしてもらおうというわけです。
さて、各自選んだ本を紹介するポップを作り始めました。
今回のポップで必ず書くことは、「短いキャッチコピー、内容紹介数行、本のタイトル・著者名」。あとは自分の好きなようにデザインします。

さて、読んだことのない本の紹介をどうするのか?司書よりその方法を伝えました。
タイトル、目次、小見出し、裏表紙などに書いてあるあらすじ、アマゾンなどの書評を参考に内容を把握して紹介する方法です。
また、キャッチコピーは、歩いている人が「えっ?」と思うような短くインパクトのある言葉を作ろうと、皆工夫しました。
デザインは、手作り派とパソコンで作る派に分かれました。パソコンで作った絵を台紙に貼って、さらに色用紙を貼って手作り感をだしたものもあります。
図サポのおすすめ本展覧会」と銘打って、ずらりと並べました。

歩きながら見ていただければ幸いです。

図書館サポーターの役割

学生が図書館をフル活用するにはどうしたらよいかを
“学生目線”で考えています。

学生目線で図書館をより良くしていこうと活動する梅光学院大学のボランティア団体です。POP(書店や図書館などに並べられている棚にキャッチコピーやイラストを載せた広告)を作ったり、オープンキャンパスで大学図書館の案内をしたり、他にも図書館に関わる様々なことに取り組んでいます。活動は年々変化します。新しいことに挑戦していくとともに、利用者一人一人が居心地の良い図書館だと感じていただけるよう日々努力しています。

図書館サポーター 公式Twitter

梅光学院大学図書館 図書館サポーターは、2020年5月から、公式Twitterアカウントを運用しています。
図書館サポーターの活動について、学生が情報を発信します。ぜひご覧ください。

図書館サポーターからのメッセージ

本が好き!図書館が好きな皆さん!
私たちと一緒に活動しませんか!

私たちの活動を紹介します。

  • テーマを決めて本を選び、ポップを書いて展示しています。
  • しおりや、ブックカバーを手作りしています。
  • オープンキャンパスで、図書館を案内し、手作りのしおりや、ブックカバーを配布しています。
  • 新しい活動として、2014年12月にはビブリオバトルを企画し、運営しました。
    (詳しくは、ブログに掲載)
  • ライブラリアン13世というマスコットキャラクターもいるんですよ。

第10回 大学図書館学生協働交流 オンラインシンポジウムが、2020年9月11日(金)に、梅光学院大学主催で開催されました。
本シンポジウムの開催概要や、開催報告については、こちらのページをご覧ください。

第5回 大学図書館学生協働交流シンポジウム

第5回 大学図書館学生協働シンポジウムが、2015年9月8日(火)9日(水)の2日間、梅光学院大学を会場として開催されました。
本シンポジウムの開催に向けての準備の様子や、発表資料及び記録については、こちらのページをご覧ください。

図書館サポーター公式Twitterアカウントの運用について

■注意

  • リツイート・フォロー・リプライは原則として行いません。
  • 投稿の内容が、法律に反する内容・著作権を侵害する内容・誹謗中傷する内容など、管理者が不適切と判断した場合は、アカウントをブロックすることがあります。
  • 継続運用が困難になった場合は、アカウントを削除する可能性があります。その場合、図書館ホームページよりお知らせします。