WORK-STUDY PROGRAM
サポーター制度・ワークスタディ制度

梅光学院大学では、学内の取り組みを学生が自主的にサポートする制度を取り入れています。
様々な場面で活動するため、実践力が身につき、社会に出た時の自信にもつながります。

サポーター

留学生サポーター

留学生サポーター

大学に在学している留学生たちをサポートする留学生サポーターは、おしゃべりやゲームを楽しむコーヒーアワー、季節ごとのパーティー(花見、クリスマス会など)を企画し、留学生と日本人学生との交流を深めています。
異文化の刺激を受けて視野が広がるなど、サポーターも活動を通して多くのことを学びます。

Buchiサポーター (新入生応援サポーター)

Buchiサポーター(新入生応援サポーター)

新入生が1日でも早く大学に慣れ、充実した学生生活を過ごせるように、在学生による新入生サポーター制度を設けています。
入学して間もなく行われる学内での新入生オリエンテーションの企画・運営から新入生の学生生活に関する相談対応までをBuchiサポーターの学生自らが担います。

図書館サポーター

図書館サポーター

本が好き・図書館が好きな学生が集まり、図書館職員と協働で活動をしています。
テーマに沿った本の展示やオープンキャンパスの案内、ビブリオバトルの開催を行っています。週1回の部会には職員も加わり、和気あいあいと意見交換をしながら計画を立てています。

学生ワークスタディ制度

うめワークスタッフ

うめワークスタッフ

オープンキャンパスをはじめとする学校行事やインフォメーションカウンターなど、本学の様々な場面で活躍する学内学生アルバイトのことを「うめワークスタッフ」と呼んでいます。
授業の空き時間を有効に利用して働くことができ、学内にいながら社会人としてのマナーや常識を身につけることができます。
採用にあたっては、事前に面接を行います。