このウェブサイトをご覧いただくには、JavaScriptが動作する環境が必要です。
JavaScriptが正常に動作するようにブラウザの設定を変更してください。

図書館サポーター

SUPPORTER

第10回 大学図書館学生協働交流 オンラインシンポジウムが、2020年9月11日(金)に、梅光学院大学主催で開催されます。
本シンポジウムの開催に向けての準備の様子や、開催概要、応募要項については、こちらのページをご覧ください。

図書館サポーターの役割

学生が図書館をフル活用するにはどうしたらよいかを
“学生目線”で考えています。

学生目線で図書館をより良くしていこうと活動する梅光学院大学のボランティア団体です。POP(書店や図書館などに並べられている棚にキャッチコピーやイラストを載せた広告)を作ったり、オープンキャンパスで大学図書館の案内をしたり、他にも図書館に関わる様々なことに取り組んでいます。活動は年々変化します。新しいことに挑戦していくとともに、利用者一人一人が居心地の良い図書館だと感じていただけるよう日々努力しています。

図書館サポーター 公式Twitter

梅光学院大学図書館 図書館サポーターは、2020年5月から、公式Twitterアカウントを運用しています。
図書館サポーターの活動について、学生が情報を発信します。ぜひご覧ください。

図書館サポーターからのメッセージ

本が好き!図書館が好きな皆さん!
私たちと一緒に活動しませんか!

私たちの活動を紹介します。

  • テーマを決めて本を選び、ポップを書いて展示しています。
  • しおりや、ブックカバーを手作りしています。
  • オープンキャンパスで、図書館を案内し、手作りのしおりや、ブックカバーを配布しています。
  • 新しい活動として、2014年12月にはビブリオバトルを企画し、運営しました。
    (詳しくは、ブログに掲載)
  • ライブラリアン13世というマスコットキャラクターもいるんですよ。

第5回 大学図書館学生協働交流シンポジウム

第5回 大学図書館学生協働シンポジウムが、2015年9月8日(火)9日(水)の2日間、梅光学院大学を会場として開催されました。
本シンポジウムの開催に向けての準備の様子や、発表資料及び記録については、こちらのページをご覧ください。

図書館サポーター公式Twitterアカウントの運用について

■注意

  • リツイート・フォロー・リプライは原則として行いません。
  • 投稿の内容が、法律に反する内容・著作権を侵害する内容・誹謗中傷する内容など、管理者が不適切と判断した場合は、アカウントをブロックすることがあります。
  • 継続運用が困難になった場合は、アカウントを削除する可能性があります。その場合、図書館ホームページよりお知らせします。