最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

クリスマスといえば何色?

クリスマスの色は何色と聞かれるた時、あなたは何色を思い浮かべますか?
「赤色?」「緑色?」「何色でしょう?」

クリスマスツリー01一般的にクリスマスカラーと言うと「赤」「緑」「白」「紫」「金」「銀」が使われているようです。

それぞれの色には意味が込められているようなので、ご紹介したいと思います。
「赤」…イエスさまが私たち人類のために流された尊い血をあらわします。
「緑」…自然の恵み・希望・成長をあらわし、永遠の命を象徴しています。
「白」…キリストの純潔を表しています。白は完全を示す色でもあります。
「紫」…悔い改めとあがない、悲しみをあらわし、人を深い想いに導く色とされ、降誕節の色です。
「金、銀」…金と銀は、王なるキリストの高貴さをあらわします。また、希望と救いのしるしと言われています。

 

 

クリスマスシリーズ

★ クリスマスの本当の意味
★ アドベント(待降節)
★ アドベントクランツとは?
★ アドベントカレンダーって?