最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

ももたろうごっこ(こひつじ版)

ふろむぜろで遊んだ「桃太郎」は、こひつじグループにもやってきました!

ふろむぜろのM先生とお母さんたちが、試行錯誤して大きな船を作ってくれました。

  写真①

まず、桃太郎たちは桃の中に入り込み、赤ちゃんに変身です。

写真②

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きますと、川上から大きな桃がどんぶらこっこ、どんぶらこっこと流れてきました。おばあさんは桃をお家に持って帰り、早速おじいさんと切ろうとしました。すると・・・

 

写真③

「ぱっかーん!」

桃が割れて、中から元気な桃太郎が生まれました。

桃太郎は、ごはんをたくさん食べて大きくなりました。

そして鬼が島の鬼を退治しに出かけることにしました。

きび団子をみんなで食べて元気もりもり。

剣もお腰につけて、船に乗って出かけるぞ~!

写真④ 写真⑤

鬼が島に着く前に相撲をとって、もっと体を鍛えよう!

「ちびすけどっこい はだかでこい
 ふんどしかついで はだかでこい」

写真⑥ 写真⑦

 

では鬼が島にいざ出陣!

そして、相撲で鬼をやっつけました。

写真⑧ 写真⑨

 

鬼は「もう悪いことはいたしません。宝物はお返しします」と謝りました。

桃太郎は、宝物と一緒に船に乗り込み、おじいさん・おばあさんの待つ家に帰りましたとさ。

「おじいさん、おばあさん、ただいま!」

写真⑩ 写真⑪

子どもたちは、役になりきって遊ぶ、ごっこ遊びが大好きですね。

ふろむぜろで始まった遊びをこひつじグループでも楽しみ、また続けてふろむぜろでも遊んでいる子どもたちです。