最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

お母さん

『ふろむぜろ』にて…

面白そうな、おもちゃを見つけたよ。
『おかあさん。』と振り返る。

おかあさんが、トイレに行くよ。
『いっしょに』と大急ぎで後を追う。

あらら。転んじゃった。
『おかあさ~ん』両手を広げて、痛みを委ねる。

こんな事できたよ。
『みてみて‼おかあさん』
得意顔で、お母さんを振り返る。

おかあさんのまなざしや、気配を近くに感じながら、生きている時代。
安心感に包まれ、愛されている事を自信に、歩んでいく。

おかあさんは、
ただ、我が子の存在を心から喜んで、傍らにいて共感してあげるだけで、それだけで、子どもは、満足感に満たされるのだと、日々感じる。

お母さんに、見せ、共感して貰う事で、子どもの遊びは、完結する。
と、何かの本で読んだ事がある。

 

IMG_1883[2] IMG_1884[1]

『おかあさん、みて。』
今日も、大好きなお母さんを呼ぶ声が、元気に響いている。