最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

クリスマス礼拝を前に。

さくら組さんは明日のクリスマス礼拝の中で、「イエス様のお生まれになったおはなし」を伝える大切な役割があります。

11月の終わりから、今日まで、クリスマスの意味を、子どもたちと共に理解し、それを「表現する」という日々を重ねてきました。

リハーサルから今日まで、全員出席した日はありませんでしたが、それぞれの役を補いあい、助け合う心が芽生えてきました。

 

役を決めるときに、心を動かした事。

やりたかった役になり、やってみると難しかった事。

お友だちと一緒なら声が出るけれど、ひとりでは不安になってしまう事。

 

「やってみる」事と、もう一つ今回は「伝える」という事に真剣に向き合ってきました。

 

今日、ステージの横に立ってみました。みんなといつも「スタンバイ」をする場所。ステージ

「はい。スタンバイしてください!」という先生の声にみんな「はい!」といつも端切れのよい声で返事をし、自分の位置につきます。

ステージ2

そして、その役となり、ステージの上へと上がっていくのです。

セリフ、そして歌・・・。

すみれ組さんもも組さんが見守ってくれています。

そして明日はおうちの方も。

 

神さまを信じ、神さまの子として輝いていく子どもたち。

ひとりひとりがとても愛おしく感じます。

いつも神さまが見守っていてくれます。

今までも。そしてこれからも。

きっと明日も。

 

「神のひとり子 主イエス様の お誕生祝うとき 心を込めて 祈りましょう

 神さまの愛を・・・・(Christmas is a time to love より)」

 

ステージ3