最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

ことばのちから

実習生のお兄さんせんせいは、子どもたち、特に男の子にとっては、大きくて強くてかっこいい、憧れの存在です。

いつも、お兄さんせんせいの周りは、男の子たちでいっぱい♪

IMG_2743 

いつもは、シャイで、自分から「あそぼう!!」とは言わないRくんも、自分の思いをせんせいに打ち明けます。

「せんせい、かっこよくて、つよくて、ぼく、だいすき!!」

お兄さんせんせいにしがみつき見上げます。

そのまっすぐなことばと、はにかんだ笑顔に、お兄さんせんせいも嬉しそう♪

やる気がますます、みなぎります!!

 

ある日は、「せんせい!!よぉい、ドン!!ってして!リレーしたいけ」

と勢いよくDくんが言いました。

いつもより、自信に満ちた走り方・・・。負けそうになっても、諦めずに、最後の最後まで精一杯走り抜いてきます。

「せんせい、もういっかい!!」

そうして、もう、10周は走ったでしょうか・・・。

お茶を飲む為にテラスに座った時に、少し声をひそめて、

「せんせい、ぼくね、お兄ちゃんせいせいから、このあしに はやくはしれるおまじないをかけてもらったんよ。やけ、きょう、すっごくはやくはしれるやろ!!」そう言うと、水筒の蓋を閉め、靴をきゅっとはきなおし、また勢いよく駆けて行きました。

 

どんな「ことば」を掛けられたのか、それは、おとなも子どもも同じで、人を元気にし、愛で満たしてくれる愛のある「ことば」は、人を支え、神さまから賜った力を引き出してくれる、大きな力があると日々感じています。