受験生向けトピックス

現地で出会った友達と充実した日々(韓国レポートPart24)

2022.11.30.Wed

こんにちは。啓明大学に交換留学している3年です。今回、韓国の友達とどんなことをして遊んでいるのか、現地で出会った友達との日々をご紹介したいと思います。

私は2stepの現地学期でも啓明大学に留学しました。その時、梅光学院大学と啓明大学の先生方が現地の大学生との交流する機会を作ってくれました。そこで出会った現地の友達と会おうという話になり、約9か月ぶりに再会をしました。会う前にカフェに寄りプレゼントのクッキーを買っていきました。飲み物を飲みながら、会えなかった時間の過ごし方や、日本のアニメにはまっていることなど、たくさん話しました。そして、会えなかった9ヶ月で韓国語の実力が、とても伸びたと驚いていました。9か月前は、本当に簡単な韓国語を使って理解しやすいように気を付けて話していたけど、今はそのような気を使うことがないと、私の成長を褒めてくれました。去年との韓国語能力の差を、自分ではない誰かが褒めてくれることは、とても貴重だと思うし、嬉しかったです。現地学期での学びを帰国後に梅光学院大学の授業などを通し、さらに伸ばすことができたと思えた瞬間でした。現地学期の時たくさん助けてくれた友達だったので、再会はとても嬉しかったです。このように二年必修の現地学期で出会った友達は帰国して、時間がたっても仲良くしてくれます。

 次は、寮のルームメイトとの交流についてです。私のルームメイトはとても日本語が上手です。一つ年上のルームメイトなのですが、たくさん助けてくれます。就職や恋愛の相談に乗ってもらったり、一緒に勉強したり、とても良い交友関係が築けています。また、テスト前には一緒にカフェでケーキとコーヒーと共に勉強しました。ルームメイトは日本語のテスト勉強をしていたので、教科書を見せてもらいました。母国語を外国語として見ることが、とても新鮮で不思議な気持ちになりました。私が生活する寮には日本語上手な方、日本を好きな方がたくさんいて、暮らしやすいです。そして何かあったら助けてくれるのでとてもありがたい環境です。

次に授業で知り合った友達です。この授業には、もともと一人で席に座って授業を聞いていましたが、友達と出会ってからは毎回授業を一緒に聞いています。10月のテストを終えたら一緒にご飯に行こうと約束をしていました。テストを終え、時間ができたので、お酒を飲みながら夜ご飯を一緒に食べに行きました。普段からも私をよく助けてくれるのですが、将来についての不安や悩みなど、この日も互いにアドバイスもしながらとても深い話ができました。いい気分転換になり、とてもいい日でした。

 次は友達と挑戦した登山についてお話してみようと思います。大邱にあるアプサン(前山)という山で登山に挑戦しました。展望台ではきれいな景色を見れるということで、一時間ほどかけて頂上まで登りました。犬と一緒に登る人、小さい子供も一緒に登る家族、夫婦など、かなり多くの人が登山していました。頂上では、私が二度留学を経験した大好きな大邱を一望できました。たくさん写真も撮ったので今でも見返すほど素敵な景色に出会えました。次の日から2日間は足が痛かったですが、本当にとてもいい運動になりました。12月はまたテスト期間に入りますが、留学の締めの月として最後まで勉強、挑戦、思い出つくりに全力を尽くします。

 

2022年度3・4Q留学プログラム

(学生レポートは一部補足・修正を加えております)

一覧へ戻る
梅校の最新情報を入手しよう!