最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE10以上推奨

ママ…

無心に、電車で遊んでいる一歳の男の子

と、唐突に、、、

「ママ…」と小さな唇が呟きます。                      

背中越しに聞こえる幼い声。

こちらを振り向くまでもなく、ママの温かいまなざしを心地よく感じていたのでしょう。

小さく丸まった我が子の背中を見守っていた母は、その愛おしい背中に向かって優しく答えます。                    

「はぁい」

小さな背中は、その時、ふっと緩み、また安心して、大好きな電車の世界に戻りました。

しっかりと受け止められた安心感を胸に、彼の電車は走ります。

 IMG_6722

 

これから、成長と共にその呼び方は「ママ」から、

「母ちゃん」、「おかん」、「ねえ」、「母さん」・・・と、

変わっていくのかもしれません。

でも、きっとこの日の光景は、しっかりと、母の心に刻まれていて、親子の歴史は、このういうきらきら光る、思い出のかけらと共に紡がれていくのでしょう。

「ママ」と呼ばれた今は、素敵な過去になっていくのですね。

                                                            「ふろむぜろ」にて