学校法人 梅光学院 ご寄附のお願い

梅光学院大学 学生サポート募金

募金趣意書

―梅光学院大学 学生サポート募金―

梅光学院 学院長・大学長近影

 皆様におかれましては、ますますご健勝にてご活躍のことと、心よりお慶び申し上げます。
 1967年に下関市に開学し、2017年に開学50年を迎えた本学は、本州の最西端に位置し、山口県をはじめとした中国地区はもちろん、福岡県を中心に九州・沖縄地区からも多くの学生が集う2学部2学科(文学部人文学科、子ども学部子ども未来学科)からなる大学です。また本学では、建学の理念である「強くしなやかな精神と、新しい世界を切り拓く能力を、他者のために用いることのできる人間を育てる」の実践に向けて、小規模大学の特徴を活かし、さまざまなきめ細かい教育を行っております。それはキリスト教精神を土台に、大学生としてのアイデンティティーを構築するための授業やグループでの課題発見型の学び、海外留学、そしてキャリア教育など、多岐に亘っています。
 こうしたなか、開学50年を迎えた本学では、さらなる学生教育の拡充を目指して、「学生サポート募金」を2017年9月から開始しております。ご寄附の使途に関しまして、国内外での学生の教育、学習及び生活に関する支援の充実を図る事業を対象とさせていただくものであり、本学ではこれら事業を通じて、建学の理念に基づき、地域、そして世界で活躍できる人財の育成に一層努めて参ります。また、本募金は、在学生、卒業生、保護者、大学の相互の関係を一層強めるとともに、新たな本学の寄附文化の醸成を図ることを目指すものです。
 昨今の厳しい社会情勢のもと、誠に恐縮には存じますが、何とぞ本学の意をご賢察くださり、募金活動にご協力、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

2017年9月  
梅光学院   
学院長・大学長
樋口 紀子