梅光学院

BAIKO VISION〜梅光の未来を創造する〜

MESSAGE for BAIKO VISION

~ 愛されて育つ「子どもの主体性を養うために」 ~

聖書の中には、人が造られた目的、生きる意味、親子関係、夫婦関係、子育てについての教えなど、人が人生を美しく生きるための心得が記されています。

梅光学院幼稚園の保育は「キリスト教保育」と呼ばれています。神さまから託された尊い命である子どもたちを愛し、慈しんで保育するということは、私たちの業だけでは成すことができません。神さまの愛と守りの中でこそ成し得るのだと思います。

今年度の主題となる聖書の御言葉は「愛されて育つ」です。この願いは新約聖書のエフェソの信徒への手紙5章1節に書いてある「あなたがたは神に愛されている子供です。」という聖句からたてられています。人に愛され受け入れられることによって、互いに愛し合う世界を経験し、神の愛を知る素地が養われていきます。目に見えない神の愛を子どもたちに知らせるのは難しいことですが、聖書の御言葉を通して、日々の生活でイエス・キリストを身近に知ることによって、見えない神の恵みを感じ、神の導きに信頼して幼児なりの信仰を持つことは可能なのです。KakaoTalk_20170407_122817522web

また、本園では子どもの主体性を養うために、自然のなかで「遊びを中心とした教育」に力を入れています。このことによって、子どもたちの自発性や意欲が大切に尊重されます。これは子どもの自然な姿のなかで育まれていく教育です。さらに、英語プログラムをよりアップグレードさせていきます。子どもは一人ひとり違います。子供の柔軟性を養うために楽しく歌い踊りながら、笑顔で英語が自由に使えるようになることを目指していきます。

2017年度、神から園に与えられた日々の出会いを大切にし、ご家庭と園で力を合わせて子どもたちを見守っていきたいと思っておりますので、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  • facebook
  • twitter
  • LINE

By Lee Kwang Hyuk

梅光学院幼稚園

園長

李 光赫

その他の記事