展覧会・企画展

  • HOME
  • 展覧会・企画展

初夏常設展・博物館の小窓 (2019/05/16)

■初夏常設展(2階)/博物館の小窓(1階)のご案内 2階展示室(常設) 会期:2019年5月13日(月)~6月14日(金)                         日時:9:00~17:00(入館16:30まで)  博物館では2019年度より常設部を開設。 現在は中ノ浜遺跡(山口県指定史跡・下関市豊浦町川棚)出土壷棺や 貝輪、下田原貝塚(沖縄県指定史跡・八重山郡波照間島)の石器等など 35点を展示中です。あわせて解説小冊子も無料配布中   1階展示コーナー(博物館の小窓)        会期:2019年5月13日(月)~31日(金)        日時:9:00~18:30(図書館カウンター前)  ここでは毎月1~2点ずつ、実物資料が本来もっている 多くの情報を引き出して、特色を伝える展示をめざしています。 モノとじっくり語り合いたい方へおススメです。 2019年度 第1回1872年(明治5)日本最初の鉄道レール」  鉄道開通・新橋~横浜間で使われていたレールは、1921年(大正10) 鉄道50年祝典記念日の記念品として、文鎮に加工されています。 文鎮されど本物のレール。  資料がレール時代を静かに語ることばを聞いてみませんか?   今年度前半期の小窓・展示予定は次の通りです。 第2回 6月4日(火)~28日(金) 第3回 7月2日(火)~31日(水) 第4回 8月2日(金)~30日(金) 第5回 9月3日(火)~30日(月)            

山口県大学ML連携特別展「ひらけ、好奇心!~國分直一生誕110年によせて~」(2018/11/02)

山口県大学ML連携特別展は今年で6年目を迎えます。 2018年度の共通テーマは「ひらく」 山口県内13大学17施設の参加で、会期は2019年1月末まで続きます。 ●博物館タイトル:「ひらけ、好奇心! 國分直一生誕110年によせて」 主な出品:中ノ浜遺跡出土資料・下田原貝塚出土石器、南島民俗・民族資料 ●同時開催:「明治150年記念 服部章蔵生誕170年~直筆注記入り漢訳聖書をよむ~」 ●会期:2018年11月2日(金)~2019年1月31日(木) ※土・日曜・祝日休館     

平成30年度企画展① BAIKO365 「あの日」でふりかえる学院146年 4月~7月編(2018/05/31)

梅光学院は1872年長崎の地で英語塾として開学、長崎・梅香崎女学校と山口の光城女学院の合同校として下関の地で誕生、2018年で学院開学146年目を迎えます。それは1年365日146回分の学院行事と教員と生徒・学生達によって重ね紡いだ時間であり、地域の人々と一緒に歩んできた歴史でもあります。博物館では学院資料をもとに、学院146年間の中から4月~7月の4ヶ月間のカレンダーに限定して、「あの日」を写真や関係資料で振り返り、ご紹介いたします。   タイトル:平成30年度企画展① BAIKO365 「あの日」でふりかえる学院146年 4月~7月編」     会     期:2018年5月28日(月)~7月29日(日)  休  館  日:土曜・日曜・祝日  (臨時開館:6/10、7/22、7/29 13時~15時の間で随時解説トークを行います)    

2018年度美術部・教員・結いの会作品展開催!(2018/03/31)

2018年度梅光学院大学美術部・教員・結いの会作品展 会期:2018年42日(月)~427日(金) 入館無料 開館日:9時~5時(入館16時30分まで) 休館日:土・日・祝日(4/7,8,14,15,21,22) 今年の美術部作品展は、下関市吉見の梅ヶ峠に拠点を持つ美術芸術団体で、現在ご活躍中の「梅ヶ峠ものづくり広場・結いの会」本学書道課程・松田政道先生とのコラボ企画展覧会として開催します。出展作品は油絵、水彩画、陶芸、手芸など、個性豊かな作品群23点で、みなさまをお迎えします! ものづくりを続けておられる方々の作品と静かに向き合ったり、時には饒舌に語らい合いながらの時間を過ごしてみませんか。御来館をお待ちしております。    

1916年発見「梅光・火山弾」から始まる人物相関!?資料展(2018/01/13)

2017年度新春館蔵品展 梅光学院館蔵品でたどってみよう! <第1弾>
火山弾コーナー展示: 梅光学院大学博物館学課程・展示論受講生

<関連催事>展示説明会:3月18日(日)11時~15時
     当日は大学オープンキャンパスのため、随時ご対応します。
     展示学生による説明会です。ご来館をお待ちしております。