キリスト教教育センター

お問い合わせ

資料・願書請求

ニュース

キリスト教教育センターの活動

photo
ミッションスクールとしての建学の精神と伝統を守り、聖書の福音を伝えています。救い主イエス・キリストの御言葉を学ぶことで学生たちの人間形成を促す活動を展開しています。

1872年、宣教師によって開設された梅光学院は、長い伝統をもつミッションスクールです。その伝統を受け継ぐ「キリスト教教育センター」では、次のような活動を行っています。

 学院礼拝/大学の学期中 [月~金:10:40~11:00] 場所:スタージェス・ホール

photo

毎日の朝20分間、創造主である神様を賛美し、聖書の御言葉に耳を傾ける時間です。その他、学生賛美チーム「カイロス」による賛美礼拝もあります。

日曜礼拝/サンデー・ワーシップ、日曜日11:00~12:00 場所:大学カフェテリア 

毎週の日曜日、大学生・生徒・園児、ノンクリスチャン、地域住民の方のために開かれた礼拝です。興味のある方はぜひご参加下さい。*日曜日11:00~12:00「高校生~大人」13:30~15:00「Vikids子ども礼拝と遊び、園児~小学生」お問い合わせ:lkh@baiko.ac.jp(イ宗教主任)

 

サマリアデー献金

月に1度クラスで献金を募り、アジアの支援チャイルドへの教育支援を行っています。

宗教講演会(ミッション・ウィ-ク)

年に2回、午後の授業時間を使って、外部ゲスト(クリスチャン講師、クリスチャンアーティスト)をお招きして講演会と公演などを行います。「神によって生かされている」ことや「キリストの救い」について考えます。2017年度春季宗教講演会のご案内、2017年6月13日(火)13:25~15:00 場所:梅光学院大学スタージェス・ホール 講師:有澤ダニエル先生「タイ宣教師」講演会に関するお問い合わせ:083)227-1015  キリスト教教育センター

緊急支援活動

国内外で自然災害が起こった際、緊急支援の献金を募ります。2011年~2015年までは東北でのボランティア活動を行いました。

2016年の夏からは熊本・大分地震支援活動(ボランティア)に臨んでいます。(2016年8月23日~9月15日、合計3回活動)

支援地の物品販売

カンボジアやタイなど、現地の宣教師から提供されたアクセサリーや雑貨、民芸品等を販売。その売上金により、現地の学校や孤児院を支援しています。

国内・海外リトリート

年に2回、1泊2日の修養会(国内リトリート)では、寝食を共にしながら聖書の言葉に耳を傾けます。海外リトリートでは韓国の教会や姉妹校などを訪れ礼拝や交流会などを行います。さらに韓国の文化や歴史などを学びます。

クリスマス関連行事

11月末からイエス・キリストの聖誕を待つアドベント(待降節)に入ります。この時期から学内外を飾り、点灯式やアドベント・ティーパーティなどを行います。

クリスマス礼拝

photo

12月20日前後の土曜日の夕刻、学生全員参加のクリスマス礼拝を行います。その際に寄せられた献金は、支援が必要な世界の人々へ届けられます。2017年度大学クリスマス礼拝12月16日(土、16:00~)

ボランティア実習

毎年2月に約10日間、カンボジアやタイ、ネパールを訪れ、支援チャイルドと交流します。その際は支援金や物資等も届け、イエス・キリストの愛を実践し伝えます。また、現地が必要とするワークも行います。

活動内容

下記レポートより、詳しい活動内容をご覧いただけます。

ミッションスクールとしての建学の精神と伝統を守り、聖書の福音を伝えています。救い主イエス・キリストの御言葉を学ぶことで学生たちの人間形成を促す活動を展開しています。

受験生応援サイト

ミッション・メッセージ

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ