2nd step⑳ 語学堂の中間テストと大学(日本語文学科)の期末テストが終わりました!

韓国に留学して4カ月が経ちました。初めは早く日本に帰りたいと思っていた気持ちも、留学生活残り1カ月となると名残惜しいものがあります。

12月に入ってから大邱の気温は急激に下がり、気温がマイナスとなる中での生活が始まりました。日本では体験したことがない気温で、朝と夜は顔が痛いです。12月中旬には、初雪が降りました。日本人にとって雪は珍しいものではありませんが、ベトナムやフィリピンなどの東南アジア出身のクラスメイトは、雪にすごく興味津々でした。やはり、雪が降らない地域の人にとって降雪は貴重な体験なのだと文化の違いをひしひしと感じました。海外での生活で、たくさんの刺激を受けています。
今月は、韓国語が母語でない学生のために開講される「語学堂」の中間テストと、韓国人の大学生とともに学ぶ「日本語文学科」の期末テストがありました。語学堂のテストは進級してから初めてのテストだったので緊張しました。少しずつ難しくなっていく文法に戸惑うこともあり心配していましたが、語学堂の先生やクラスメイトの手助けもあり無事にテストを乗り越えることができました。一方、日本語文学科のテストは、少し不安が残る結果に終わってしまいました。말하기(話す)の授業は、学期途中から討論が中心になりました。もともと人前で話すことが非常に苦手な私は、なかなか意見を言えないでいました。同じグループの韓国人の学生や日本人の学生にも助けてもらって、意見を言う機会は徐々に増えていきましたが、やはり力不足を感じました。せっかく韓国に留学しているにもかかわらず、このような不甲斐ない結果に終わり非常に悔しかったです。この悔しさをばねに、残り1カ月の語学堂生活に力を入れて取り組みたいと思います。

留学では授業以外にも様々な行事があります。21日には“외국인 잔치 한마당”がありました。クラスごとに劇やダンスを披露し、会場は大盛り上がりでした。私のクラスは特に出し物はしませんでしたが、他のクラスの人たちが舞台上で韓国語を使い活躍している姿に刺激を受けました。私も人前で自信をもって韓国語を話せるよう上達したいと思います。

クリスマス前には、梅光学院大学の友達と3人でソウル旅行に出かけました。実を言えば、一緒に旅行をした2人の友達は、留学前はほとんど話したことがありませんでした。ですが、留学を機に仲良くなりソウル旅行をするまでの関係になりました。留学が、私の友人関係も良い方向に運んでくれました。

ソウルでは日頃の勉強のストレスを発散するかの如く美味しいものをたくさん食べて、ショッピングをしました。닭한마리(鶏の水炊き)や파전(チヂミ)、닭발(鶏の足) 육회(ユッケ)など日本ではなかなか食べる機会のないものもたくさん食べ、お腹がいっぱいになりました。クリスマス前ということもあり、クリスマスケーキを買い3人でぺろりと平らげてしまいました。濃い3日間を過ごすことができ、良い思い出ができました。
語学堂では、私のクラスは日本人が一人しかいません。初めは心細かったですが、クラスメイトが気さくに話しかけてくれたおかげで、クラスに馴染むことができました。私が残り1カ月で日本に帰るという話をしたら、クラスメイトが日本に帰ってほしくないと言ってくれました。その言葉に私も胸が締め付けられる思いがしました。今は、クラスメイトと離れてしまうのが非常に悲しいので、留学が終わってほしくないと思います。私は今のクラスが大好きです。残り1カ月の生活で、後悔が残らないようにたくさんの思い出を作りたいと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 矢口奈々

2nd step⑲ 12月はイベントが盛りだくさん!

留学生活も4か月が経ち、残り1か月になろうとしています。12月は、大学の期末試験や語学堂の中間試験、語学堂のイベントと、行事がたくさんありました。

私たちは大学で、日本人が間違えやすい韓国語表現の授業と、日本語を学んでいる韓国人の学生と討論する授業を受けており、期末試験ではその2つの試験を受けました。討論の授業の試験では、討論した内容を日本人は韓国語で、韓国人は日本語でまとめるという内容でした。事前に試験の出題形式は教えてもらっていたので十分に対策をして挑んだのですが、ある韓国人の学生が表裏にびっしり日本語で回答しているのを見て、自分の答案が不十分な気がして不安になりました。もう一つの試験も思うように問題が解けず、大学の試験では2つとも悔しい思いをしましたが、この反省を生かして語学堂の中間試験ではしっかりと対策して受けたおかげで目標の点数を取ることができました。

下旬には、語学堂の「외국인 잔치 한마당」というイベントがあり、私たちのクラスは演劇で発表しました。練習期間が2週間程しかなく、午後も授業があり十分な練習時間を確保することができなかったのですが、授業の合間の休み時間などを利用して一生懸命練習しました。本番ではすごく緊張しましたが、大勢の人の前で韓国語のセリフを話すのは、とても楽しく感じました。
留学前の私は人前で発言することは得意な方ではありませんでした。今もそれほど得意ではありませんが、留学に来てから少し変われたような気がしています。私のクラスの演劇は3位に入賞することもでき、クラスのみんなとももっと仲良くなることができたので毎日授業に行くのが楽しいです。

韓国人の学生は期末試験が終わると春休みに入るため、ルームメイトとは今月でお別れでした。私のルームメイトは日本語を勉強している1年生でしたが、あちこち遊びに連れて行ってくれたり、出前を取って一緒にご飯を食べたりして、とても仲良くなれたのでお別れがとても寂しかったです。ルームメイトが寮を出る当日、私は授業があり、お見送りができないので、前日に一緒に夕食をとったのですが、授業を終えて、部屋に戻ってみると、日本語で書かれたメッセージとお菓子が置かれていて、涙が出そうなくらい嬉しかったです。短い間でしたが、ルームメイトと過ごした日々はとても楽しかったです。1月にまた遊ぶ約束をしたのでとても楽しみです。

残りの1か月はこれまでと違い、午後からの授業がないので勉強だけでなく、色々なところに遊びに行ったりおいしいものを食べたりして、韓国での生活を満喫しようと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 森本千尋

3rd step㉔ 仁徳大学校~印象に残っている「課題」

2018年もあっという間に過ぎ、もうすぐ年越しです。12月は私にとって、とても忙しい月でした。11月の発表ラッシュに続き、グループでの発表課題がいくつかあり、それに加え期末の筆記試験もありました。特に印象に残っているのは、観光学科の「ホテル経営論」の課題と「日韓現代コミュニケーション」の発表課題です。

「ホテル経営論」の課題では、韓国の高い星の評価を得ているホテル、20箇所を自分で直接出向いて写真を撮り、特徴を調べてくると言うものでした。有名なロッテホテルやリッツ・カールトン、ヒルトンホテルなどは明洞や江南と言った観光地やアクセスの良い場所に立地しており、多言語の対応を行なっているホテルばかりでした。授業中に先生に気をつけて見ておく点に、トイレとロビーの花の2つがあったのですが、やはり星の数の多いホテルはロビーのトイレの設備や衛生面に気を遣っており、飾ってある花もきちんと手入れされていました。また、ロビーの香りにも気を遣っていた印象を受けました。サービスを提供する上で、宿泊や予約の対応だけでなく、些細なところに力を入れ、職員一人一人に自覚がある部分が評価されている理由なのだと感じました。
「日韓現代コミュニケーション」の発表課題は、自分自身について発表すると言うものでした。20年間生きてきて、これまでの自分がどういうことをしてきて、どういうものが好きで今に至るのかということを考えることは多くありませんでした。それは、クラスメイトも同じだったようで、発表をすることで自分のことを見つめ直す良いきっかけになったと話す人が多かったです。それに加え、クラスメイトの発表を1人ずつ真剣に聞くことで観察力や人への関心の持ち方も大きく変わりました。

この留学中はグループワークが多いために、韓国語や自分の意見を恐れずに発表することが求められます。一方で、自身の学習時間を確保することも必要です。また、韓国だけでなく台湾や中国、ベトナムの友人と交流することで、その国についての異文化理解を深める機会も多くあります。この交換留学では、2年次前期の南ソウル大学での語学留学とはまた違う成長を自分自身感じています。
残り半年間の留学はもっと具体的な数値目標をもって、成長できるように努力したいと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 井上萌

3rd step㉓ 南ソウル大学校~長期留学を終えて

3月から始まった南ソウル大学校での交換留学がついに終わりに近づいています。冬が始まり、本格的な寒さがやってくるにつれて、ここで過ごせる時間がたくさん残っていないことを実感します。本当にあっという間に時間が過ぎていきました。

12月に入るとすぐに期末試験があり、時間の使い方が難しくバタバタしてしまいました。南ソウル大学校で受ける最後の試験でもあったので自分の中で今までの試験よりもやる気がでました。これまで3回試験を受け、今回が4回目でしたが、テスト前の緊張には未だに慣れません。しかし、その緊張感もこの交換留学を通してしか感じられないものだと思うのですごくいい経験になったと思います。

テストが終わり、お世話になった先生方、一緒に授業を受けた友人たち、後期から一緒に生活を送ったルームメイト、寮生活でお世話になった事務の方々、南ソウル大学校に来る前から準備をしてくださった朴先生へ挨拶をして私の南ソウル大学校での学校生活が終わりました。テスト日程の都合で時間が合わず、十分に挨拶できなかった人もいましたが、それでもたくさんの友人と時間を合わせて最後にご飯を食べたり、出かけたりして思い出を作ることができました。
この10か月間の国際文化・教養留学で、私が体験したり、身につけられたことは本当に貴重なものになりました。今回初めて体験したことは、きっと自分でも思い出せないぐらいあると思います。観光経営学科での学びはもちろんですが、韓国での食事の場での作法を教えてもらったり、課題を通して友達と旅行したり、多文化理解に努め、外国人の友人もつくることができました。学校が終了してから数日して、退寮したのですが、学校がすでに長期休暇に突入しているにも関わらず友人たちが最後に会いに来てくれました。私のために来てくれたことが本当に嬉しかったし、こういった縁を大事にしてこの先も連絡を取り合っていきたいと思いました。留学が終わってみて、やっぱり留学して本当に良かったと思ったし、仲のいい友人と離れて一人でとても不安でしたが、今はその経験が自分の力になると思っています。本当に充実した時間を過ごすことができました。

 

東アジア言語文化専攻
3年 瀧田美折