3rd step㉔ 仁徳大学校~印象に残っている「課題」

2018年もあっという間に過ぎ、もうすぐ年越しです。12月は私にとって、とても忙しい月でした。11月の発表ラッシュに続き、グループでの発表課題がいくつかあり、それに加え期末の筆記試験もありました。特に印象に残っているのは、観光学科の「ホテル経営論」の課題と「日韓現代コミュニケーション」の発表課題です。

「ホテル経営論」の課題では、韓国の高い星の評価を得ているホテル、20箇所を自分で直接出向いて写真を撮り、特徴を調べてくると言うものでした。有名なロッテホテルやリッツ・カールトン、ヒルトンホテルなどは明洞や江南と言った観光地やアクセスの良い場所に立地しており、多言語の対応を行なっているホテルばかりでした。授業中に先生に気をつけて見ておく点に、トイレとロビーの花の2つがあったのですが、やはり星の数の多いホテルはロビーのトイレの設備や衛生面に気を遣っており、飾ってある花もきちんと手入れされていました。また、ロビーの香りにも気を遣っていた印象を受けました。サービスを提供する上で、宿泊や予約の対応だけでなく、些細なところに力を入れ、職員一人一人に自覚がある部分が評価されている理由なのだと感じました。
「日韓現代コミュニケーション」の発表課題は、自分自身について発表すると言うものでした。20年間生きてきて、これまでの自分がどういうことをしてきて、どういうものが好きで今に至るのかということを考えることは多くありませんでした。それは、クラスメイトも同じだったようで、発表をすることで自分のことを見つめ直す良いきっかけになったと話す人が多かったです。それに加え、クラスメイトの発表を1人ずつ真剣に聞くことで観察力や人への関心の持ち方も大きく変わりました。

この留学中はグループワークが多いために、韓国語や自分の意見を恐れずに発表することが求められます。一方で、自身の学習時間を確保することも必要です。また、韓国だけでなく台湾や中国、ベトナムの友人と交流することで、その国についての異文化理解を深める機会も多くあります。この交換留学では、2年次前期の南ソウル大学での語学留学とはまた違う成長を自分自身感じています。
残り半年間の留学はもっと具体的な数値目標をもって、成長できるように努力したいと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 井上萌

3rd step㉓ 南ソウル大学校~長期留学を終えて

3月から始まった南ソウル大学校での交換留学がついに終わりに近づいています。冬が始まり、本格的な寒さがやってくるにつれて、ここで過ごせる時間がたくさん残っていないことを実感します。本当にあっという間に時間が過ぎていきました。

12月に入るとすぐに期末試験があり、時間の使い方が難しくバタバタしてしまいました。南ソウル大学校で受ける最後の試験でもあったので自分の中で今までの試験よりもやる気がでました。これまで3回試験を受け、今回が4回目でしたが、テスト前の緊張には未だに慣れません。しかし、その緊張感もこの交換留学を通してしか感じられないものだと思うのですごくいい経験になったと思います。

テストが終わり、お世話になった先生方、一緒に授業を受けた友人たち、後期から一緒に生活を送ったルームメイト、寮生活でお世話になった事務の方々、南ソウル大学校に来る前から準備をしてくださった朴先生へ挨拶をして私の南ソウル大学校での学校生活が終わりました。テスト日程の都合で時間が合わず、十分に挨拶できなかった人もいましたが、それでもたくさんの友人と時間を合わせて最後にご飯を食べたり、出かけたりして思い出を作ることができました。
この10か月間の国際文化・教養留学で、私が体験したり、身につけられたことは本当に貴重なものになりました。今回初めて体験したことは、きっと自分でも思い出せないぐらいあると思います。観光経営学科での学びはもちろんですが、韓国での食事の場での作法を教えてもらったり、課題を通して友達と旅行したり、多文化理解に努め、外国人の友人もつくることができました。学校が終了してから数日して、退寮したのですが、学校がすでに長期休暇に突入しているにも関わらず友人たちが最後に会いに来てくれました。私のために来てくれたことが本当に嬉しかったし、こういった縁を大事にしてこの先も連絡を取り合っていきたいと思いました。留学が終わってみて、やっぱり留学して本当に良かったと思ったし、仲のいい友人と離れて一人でとても不安でしたが、今はその経験が自分の力になると思っています。本当に充実した時間を過ごすことができました。

 

東アジア言語文化専攻
3年 瀧田美折

3rd step㉒ 啓明大学校~TOPIK6級(最上級)に合格しました!

留学もだんだん終わりに近づいてきましたが、嬉しいニュースがあります。
大学一年生から目標にしていた韓国語能力試験6級に無事合格することができました。特に、リーディングとリスニングの点数が高得点で自分でも驚きました。今まで韓国語の勉強をしてもなかなか成績が上がらず、悩んだこともありましたが、努力をこつこつしてきたことは一つも無駄ではなかったと強く感じました。継続することは簡単なことではありませんが、これからも挑戦し続け、継続していこうと前向きになれました。

そして、今月21歳の誕生日を迎えました。激動の一年でしたが、無事に毎日健康に楽しく一生懸命生活できていることは本当にいろいろな人のおかげだと思います。これからも感謝の気持ちを忘れずに生活していこうと思います。韓国の友人がプレゼントをくれたり、パーティーを開催してくれたりと幸せなお誕生日でした。

21歳の私も、毎日明るく元気に一生懸命に頑張っていきます!韓国語能力試験6級に合格するという大きな目標を達成しましたが、もっと成長するために、残りの留学も挑戦する気持ちを忘れず、継続して勉学に励んでいこうと思います。また、帰国後間もなく就職活動が始まるので、そちらも計画をしっかり立てて、企業研究を進めます。

寒くなってきたので、より一層体調管理には気をつけようと思います。
留学が終了することをゴールと思わずに留学が終わってからのこともしっかり考えて毎日過ごしていこうと思います!
東アジア言語文化専攻
3年 藤川沙織

3rd step㉑ 水原科学大学~エアライン業界就職に向けての実践的な学び

留学に来て早くも9ヶ月が経ちました。一学期は座学中心でしたが、二学期は実習や航空会社の模擬面接、ロールプレイなど体を動かして学ぶことが多くなりました。

「飛行中業務」の授業では、機内食サービス、食前飲料サービスなど離陸後の機内サービスを主に学んでいます。期末試験では、機内サービスの一連の流れを実際に行い、私は、①メニュー、②食前飲料サービスの提供、③機内食の回収、④水のお代わり、⑤アイルクリーニングの五つを担当しました。いつも飛行機に乗ったときには自分が受けているサービスのはずなのに、いざ自分がサービスを提供する立場になると、言葉が詰まったり、思っているように動けなかったりして、難しさを感じました。そして、ただサービスをするだけではなく、サービス中に「座席が狭いので変えて欲しい」、「ビビンバの肉を除けて欲しい」などといったお客様からのご要望に対応するという課題もありました。とても難しかっただけに、フライトアテンダントの方は本当に素晴らしいと感じました。
「サービスコミュニケーション」という授業の中間・期末試験では、模擬面接をしました。内容は、航空会社の面接で実際に聞かれる質問や、機内で不満のあるお客様に対してどう対応するかについて聞かれました。不満のあるお客様には、まず共感をし、提案をすることが大切だと学びました。面接では、声が小さい、トーンが低い、笑顔が少ないと指摘されました。何回経験しても緊張してしまい、顔が引きつり、自信がなくなって声が小さくなってしまいます。練習をたくさんしないといけないと感じました。
このように、勉強はとても難しく、大変ですが、嬉しかったこともあります。それは、「離陸業務」という授業担当の教授に、クラスの中で私の髪型とメイクがいつも一番キレイだと褒めていただいたことです。学校生活も半分が過ぎ、クラスの数人の子達は髪型が乱れていましたが、私は流されずに外見だけでもよく見せようと努力してきました。一つでもコツコツと頑張れば見ている人がいるのだと知り、日々の努力は本当に大切だと感じました。他の教授にも、二学期に入ってから特に、髪型がいつもキレイだと言われることが増えてきたので、残りの留学生活も続けていきたいと思います。そして、他の面でも褒められるように、継続することを大切に、頑張ろうと思いました。

東アジア言語文化専攻
3年 大谷真子

3rd step⑳ 水原科学大学校~「離陸業務」「飛行中業務」「航空運営業務」

気づけば12月を迎えていました。11月中旬にやっと中間テストが終わり一息ついていたのですが、11月末には期末テストが始まり、課題と試験勉強に追われる毎日を送っています。留学に来て初めの頃は友達がなかなか出来なかったのですが、今ではたくさんのクラスメイトと親しくなりました。授業が終わった後には、韓国人のクラスメイトが実習の練習を一緒に残って手伝ってくれることもあり、とても良い留学生活を送っています。

中間テストを終えて思ったことは、実技形式のテストが多いということです。航空会社の採用試験を想定した模擬面接をしたり、英語で機内放送や接客のロールプレイをしたりするなど、日本では行ったことのないテスト方式に戸惑いながらも必死にもがき頑張っています。

中間テストが終わってからは実習の授業がさらに多くなりました。
「離陸業務」の授業では実際にお客様を機内にお出迎えしてから離陸するまでの仕事をチームに分かれて行い、「飛行中業務」では飛行中の飲料サービスや食事のサービスなどを機内さながらの訓練教室で実践的に学んでいます。ただ単に、お客様にサービスを提供することだけを学ぶのではなく、笑顔やしぐさ、立ち振る舞い、またお客様のクレームの対応の仕方やお応えするのが難しいような要望に応えるための返答の仕方まで教わっています。

「航空運営業務」の授業では、主にチケットの予約をするTOPASSというシステムを使い、旅行地ごとのコードを検索したり、コードを計算し、料金を計算するといった専門的な勉強をしています。

私は2学期から留学を始めたため、1学期で習っていないことも授業に出てきます。友達の力を借りながら、1学期にみんなが習った内容も並行して勉強しています。

留学生活も残り1ヶ月弱。あとは期末試験だけ残っている状況です。これが韓国で受ける最後のテストになるので気を引き締めて、自分の夢のために頑張っていきたいと思います。

東アジア言語文化専攻
3年 笹ななみ

3rd step⑲ 霊山大学校~韓国人の学生と授業を受けたり交流したりする中で

この2か月でまたいろいろな経験をすることが出来ました。その中でも印象に残っていることは「日本での就職」についての授業を聴講したことです。内容は、韓国人が日本で働くときの仕事の選び方など、当然ながら韓国人学生のための授業ではあったのですが、日本人である私にも十分に参考になる内容でした。聴講したおかげで就職に対しての考えも変わり、授業で学んだことを参考に今後のことを具体的に描いていこうと真剣に思うようになりました。とても貴重な経験でした。

また、学科別・授業別の発表大会も印象に残りました。私は、発表はしなかったのですが、大会に出席し、他の班を見ることが出来ました。私がいつもパワーポイントを作るときは出来たらいいやと最後は雑になってしまうことが多いのですが、出場チームは見やすいように工夫して作っており、発表も台本をほとんど見ずに語り掛けるように発表している姿を見て、驚いたのと同時にとてもレベルの差を感じられました。
また一学期と同様に、先生を交え、同じ学科の学生全員でごはんを食べる機会があったのですが、先生のような目上の方がいらっしゃる場での礼儀作法を直接見て学ぶことが出来ました。

そして大学祭にも行ったのですが、スケールが大きく、より韓国の大学祭というものを体験することが出来ました。
最近、日韓関係では慰安婦問題や原爆についてのニュースがありましたが、そのことについて友達と深く話すことが増えました。日本で知られている事実と韓国で知られている事実が異なることは知っていたので、それを考慮しながら、韓国人の生の意見を聞きました。話してみると、韓国人の友達はほぼ全員が自国の歴史や政治はもちろんのこと、日本の歴史や政治までをも詳しく知っていることがわかりました。私は韓国に長期留学していながらそういったことをきちんと理解できていないことを情けないと思い、反省しました。しかし、そのおかげで、これまでなかなか手を出してこなかった歴史や政治などを少しずつ調べるようになりました。また、以前は、私は「大勢いる日本人の中の一人だから」と日本人としての責任など持たずにいたのですが、友達の考えを聞いて、「自分が日本人であるという事実は変わらないのだから、歴史的な面でも日本人としての責任感を持たなければ」ということを感じるようになりました。

留学生活もあと一か月なので、最後まで悔いのないようにまた留学に行かせてくれた両親に感謝しながら学校生活を過ごしていきたいと思います。

東アジア言語文化専攻
3年 來見優花

3rd step⑱ 霊山大学校~自身の改善点を確認!

留学生活が始まって3ヶ月が経ちました。何も分からず不安しか感じることができなかった9月頃と比べると、学校生活や寮生活にも慣れ、今では不自由なく留学生活を送ることができています。

10月末には中間試験があり、その1週間はとてもきつかったことを覚えています。日頃から予習、復習を行っていましたが、それでも理解できていない部分が残っていたり、理解するのにも多くの時間をかけてしまったりとスムーズに試験勉強が行えませんでした。これまで日本で行ってきたような試験勉強では時間がいくらあっても足りず、日頃の努力不足を感じました。また、試験は文章で答えなければない問題が多かったのですが、自身の韓国語でのライティング力不足にも改めて気づかされました。中間試験を通して気づいた自身の韓国語スキルや試験勉強の方法に関する改善点を見直して、最後の期末試験では同じような失敗を繰り返さないように努めていこうと思います。

また、「国際通商の理解」という授業では三人1組のグループを組んで発表を行いました。私はインドネシアの学生二人とグループを組み、「アメリカと中国の関税戦争の背景と今後」というテーマでパワーポイントを作り発表しました。関税戦争というテーマを調べるのは初めてで難しく感じましたが、インドネシア人のチームメイトはとても協調性があり、分からないことがあって連絡をした際には丁寧に説明してくれました。パワーポイント作成やグループ活動も、とてもやりやすかったです。発表後には、教授から褒めていただくことができました。今後、もう一つ発表する機会があるのでそこでもさらに良い発表が出来るよう準備を頑張ろうと思います。
10月27日には、釜山花火大会が行われました。日本からも花火師が参加しており、日本と韓国の新しいつながりを感じ、嬉しく思いました。1年に一度盛大に行われる花火大会を留学中に見ることができてよかったです。
留学も残り1ヶ月となってしまいましたが、体調に気をつけながら残りの期間も1日1日大切にして送ろうと思います。期末試験も残っているので最後まで気を抜かずに勉学に努めていきたいです。

東アジア言語文化専攻
3年 浅野志織

3rd step⑰ 仁徳大学~グループ発表が多く、完成度も高い韓国の授業

ソウルでは秋の紅葉も終わり、雪がちらつくほどに寒くなってきました。私が仁徳大学に来て、3ヶ月が経ちました。

9月にこちらにやってきた当初は、前期に参加していた2nd step語学留学と違い、自分一人での留学だったので、本当に一人でやっていけるのか、韓国語での授業についていけるのか、ルームメイトや同じ寮の子達と仲良くやっていけるかなど不安でした。しかしながら、実際こちらで生活しているとルームメイトや寮の子達と助け合いながら、日常生活も学校生活も何不自由なく過ごせるようになりました。

私は仁徳大学の観光サービス教養学科に所属し、韓国人の学生とともにホテル関連の授業やマーケティング、語学系の授業を受講しています。日本の大学との違いを感じるのが、グループ課題や発表が多い点です。私の場合、「サービス日本語」と「中国語」の授業以外は、すべてグループ課題や、個人またはグループでの発表があります。そして、そのグループ課題や発表に各個人が全力を注いでいるのも日本とは違うと感じます。資料集めはもちろん、パワーポイントのデザイン・アニメーション、発表の仕方、目線など何日間も放課後に残って、深夜まで作業します。私も「マーケティング」の授業では、韓国の学生と3人で一生懸命準備し、発表に臨みましたが、教授の求めているレベルに達することができませんでした。人生で始めて発表において涙が出るほど悔しい経験となりました。

また、大学の授業以外での時間も日韓の交流をできるように工夫して過ごしています。チュソクには日韓の友人達とカンヌンまで旅行に行って韓国の大学のMTのような雰囲気を味わったり、友達が主催している日韓交流会のスタッフの手伝いをしたりと、休みの日でもなるべく多くの学びを得られるようにしています。この数ヶ月間、仁徳大学で過ごして、「日本の留学生は授業を一番前で真剣に聞いていて感心する」などのお褒めの言葉を頂くことができました。不安で、何もかも手探りの状態で努力してきたことがこうやって認められるのは嬉しく、「もっとこういう風にしてみたらいいんじゃないだろうか?」とモチベーションも向上しました。12月には期末試験が待っているので、最後まで気を緩めずに日々の学校生活を過ごそうとおもいます。

東アジア言語文化専攻
2年 井上萌

3rd step⑯ 南ソウル大学校~後期が始まりました@観光経営学科

南ソウル大学校があるチョナン市もだいぶ寒くなり、朝起きるのが辛い季節になってきました。

後期の留学が始まって1か月が経ちましたが、私は前期と同様、観光経営学科で授業を聞いています。授業ではグループ別の発表が2つありました。一つは2人で行う発表で、何度も学校外で会ったりパワーポイントの資料を作り直したりと準備に時間がかかりました。しかし、準備を頑張ったことで、先生からはよく準備したねという言葉をいただきました。また、今回初めて一人での発表を経験しました。韓国人の学生にまざって韓国語で発表するのはとても緊張しましたが、今はやって良かったと思います。

もう一つの発表は「観光資源論」という授業での発表ですが、グループ別に韓国の各地方に実際に行って観光地について調査し、それらをまとめて発表するというものでした。私は、週末を使ってキョンサン北道に行ってきました。テグにも行ったのですが、昨年行けなかったパルゴンサンにも行くことができました。紅葉がきれいで行く価値があると思います。実際に現地に行って調査をし、発表する授業は初めてだったのですごくおもしろかったし、思い出になりました。私は発表台本作りの担当になったので、来週の発表に向けて準備しています。

中間試験では、前期での反省を生かし、早い時期からの勉強と記述問題に答えられるような勉強を心がけました。自分がどれぐらいできたかは分かりませんが、点数をとれたのではないかと思っています。

後期が始まってから嬉しかったことがありました。それは、「夏休みに日本に旅行したよ」と声をかけてもらったことです。私が夏休みで日本に帰省している間に連絡をくれて、福岡で会った友達もいましたが、話したことがなかった人からもそんな風に声をかけてもらえて、それを機にご飯に行ったり、仲良くなりました。私は友達がたくさんいる方ではありませんがこういった繋がりを大切にしていきたいと思いました。

今回のルームメイトは1学年下の韓国人です。すごく優しくしてくれて、良いルームメイトで良かったと思っています。また彼女は何度か1人で日本へ旅行したことがあるそうで、日本の文化や言葉を知りたいと私にたくさん話しかけてくれます。だから私も分からない言葉や発音を質問したりして、お互いにプラスの関係になれたと思います。

後期が始まり、今日まで本当にあっという間に時間が過ぎました。これまで何度か留学を経験してきましたが、一番早く感じます。残り少なくなってしまった南ソウル大学校での生活で、やり残したことがないように一日を大事にして送りたいと思います。

東アジア言語文化専攻
3年 瀧田美折

3rd step⑮ 水原大学校~ホテル観光経営・旅行社経営論・ビジネスコミュニケーション

水原にきて2か月が経ちました。私は水原大学校で主に「ホテル観光経営」の授業を受けています。最初は先生によって授業の進め方や話す速さが違い戸惑いましたが、常に予習復習をすることで、最近では授業についていけるようになりました。

授業はホテル関係だけではなく「旅行社経営論」という授業も受けており、主に旅行会社の経営について勉強するのですが、ホテルに就職した場合にも役に立つコンプレイン(サービスに万全を期したつもりでも、何かの手違いや誤解などによって出る苦情)の事例調査をし、自分だったらどのように解決するかなどを考える時間がありました。

「ビジネスコミュニケーション」という授業では、自分が将来やりたい職業についての発表があり、私の発表はこれからなので、今は発表の資料集めをしている段階ですが、自分がどのような職業につきたいかを考える良い機会になっています。

ほとんど1人で授業を受けるため最初はとても不安でしたが、同じ授業で出会った韓国人学生と友達になり、一緒に授業を受けたりお昼ご飯に連れていってもらったりしています。その友達は、「自分が留学経験をして辛かったから良くしてあげたい」と言ってくれて、とても嬉しかったです。

10月には中間テストがありました。これまでも韓国語のテストは受けたことがありましたが、韓国で受ける専門的な内容のテストはとても難しかったです。日本とは違い、記述問題がほとんどです。期末テストの際には、中間テストの反省を生かし、早いうちからテスト勉強をしたいと思います。

水原大学には留学生をサポートしてくれる「SUBA」という団体があり、毎週木曜日に交流イベントがあります。1対1で私たち留学生をサポートしてくれるバディがいるのですが困ったことがあると助けてくれ、バディのおかげで出来た友達もたくさんいます。SUBAに参加していて助けられたことがたくさんありました。

プライベートでは、9月にMTやエバーランドへ行ったり、10月には韓国の制服を友達が貸してくれて写真を撮ったり、ソウルの花火大会に連れて行ってもらったり、先週は私の誕生日パーティーを開いてくれたりと、水原大学でたくさんの良い友達を作ることができました。

留学生活も残り2か月です。勉強を頑張るのはもちろんですが、たくさんの人と関わり、良い留学生活だったと言えるような2か月間にしたいです。

東アジア言語文化専攻
3年 和氣愛