3rd step(2019.12-②)留学で成長を実感!とても充実した時間になりました(^_^)

留学最終月の12月が終わりました。前回の留学レポートを書いたときは10月でちょうど中間試験があり、勉強の月だったと書いたのですが、今月も期末試験があり、1カ月間のほとんど勉強をして過ごしました。また今月は発表をする機会も多かったです。ソフトウェアの授業を取っていたのですがグループで一つのコンピュータゲームを作り、話にならないようなとんでもない背景ストーリーを考えて発表するというものでした。まず、グループを作る時点ですごく不安だったのですが、友達が真っ先に一緒にしようといってくれてすごく嬉しかったし、日本とは異なる面白い内容の授業でとても楽しかったです。航空学科の授業ではグループで実際に飲食店を選んで行き、そのお店が提供するサービスについて調査し発表をしました。グループ発表はひとりで発表するよりも楽しく頼れる友達が一緒に居てくれるので安心感がありましたが、メンバーからの期待も多く、期待通りの結果を出さなければという緊張も多かったです。しかし、皆でひとつの発表をやり遂げるために練習をしたりする時間がすごく充実していて、良い経験ができたと感じました。
また、11月にはホテル実習があり、海雲台にあるリゾートホテルへ行きました。実際にそこで働かれている方から学ぶのは学校で学ぶのと違い大きな刺激を受けました。また、ホテルで働かれている方は本当にかっこよく憧れの気持ちが大きくなりました。ここでもホテル内部の施設やサービスを調査し発表しました。
この留学で本当に多くの発表を経験しました。グループ活動から一人でスピーチをするものまで。拙い韓国語だったと思うのですが皆すごく一生懸命に頷きながら聞いてくれる人もいて緊張も沢山したのですが、そのたびに本当に多くの自信がつきました。今までは韓国人の前で韓国語を話すだけでも緊張していたのに、この留学を通して自信をもって話せるようになりました。
寮では、韓国人の友達が同じ階に住んでいて一緒にチキンを宅配して食べたり夜食を食べたり、ルームメイトがいない日に一緒に寝たり仲良く過ごすことができました。また他の国の友達とも親しくなりその国の料理を作ってくれました。多くの異文化に触れるのは面白いし、様々な国籍の友達ができるのも留学だからこその経験だと思いました。会うたびにすごく手を振ってくれたり、たった2ヶ月日本に帰るだけなのに別れを惜しんでくれたり、優しく素敵な友達に出会えて幸せだなと感じました。
また日本語サークル、海外就職サークルの活動に日本人として呼んでいたいただき日本語を一生懸命に勉強している人たちや、日本で就職するために準備する人たちとの出会いも刺激を受けるものでした。
この3rd stepの留学は、独りですべてのことに挑戦し自分の力だけで生活するということを目標に、また私の人見知りがひどく引っ込み思案な性格を変えるために来た留学でもありました。日本にいたら出来なかった多くの経験をし、語学力も人間的な成長もすることができたこれまでの人生の中でとても充実した時間になりました。来学期からも全てのことに一生懸命に取り組み頑張ろうと思います。