3rd step(2019.11-③)中間試験、図書館は24時間開放です!

11月となり、韓国は本格的に寒くなってきました。韓国で過ごす初めての冬。風邪を引かないことを目標としていましたがやっぱり風邪を引いてしまいまいした。これからもっと体調管理に気を配らなければ、と強く感じました。
今回は中間試験のことについて書こうと思います。10月23日~28日の間に中間試験がありました。韓国の大学では、テスト期間になると図書館が24時間開放となり、いつでも勉強することが出来ます。私も試験期間中は韓国人の友達と図書館に行って24時を越して勉強したり、時には徹夜して勉強しました。時にはリフレッシュのために散歩に出たり、おいしいものを食べに行ったりしました。
私たちは観光サービス経営学科の授業をとっていて、筆記試験を受けたのは「観光マーケティングの理解」「ホテル接客サービス」「旅行社経営実務」「外食産業論」の4つです。英語の授業に関しては、グループ、または個人で動画を撮影して提出という形でした。「観光マーケティングの理解」の試験では、教科書やプリントなどが持ち込み可能で問題を解くことが出来ました。一方、他の3科目は持ち込み不可でした。専門的な内容を韓国語で試験を受けるので、何度も何度も復習をして、わからないところは韓国人の友達に聞いたりしながら勉強しました。それでも想像以上に難しくて、何回も試験を投げ出したくもなりました。その度に、韓国人の友達に相談して話を聞いてもらい、励ましてもらったりもしました。そのおかげもあって最後まで一生懸命試験勉強に取り組むことが出来ました。
こうした中、とても悔しい思いもしました。それは「旅行社経営実務」のテストです。普通は問題用紙と回答用紙の2枚を受け取って問題を解くのですが、この授業のテストでは回答用紙1枚だけを受け取りました。問題用紙はないのかな?と疑問に思っていると、教授が実際に試験問題を読んでそれを私たちが聞き取って問題とそれに対する回答を書く、という方式でした。私は問題自体を聞き逃してしまい、結局いくつかの問題を解くことが出来ませんでした。改めて自分の韓国語能力の足りなさを感じ、とても悔しい思いをしました。それまで授業の課題等に追われて韓国語の勉強がおざなりになっていたので、韓国語の勉強も続けて頑張らなければいけないと感じました。期末試験も近づいてきているので、中間試験以上に一所懸命勉強に取り組みたいと思います。