りと3rd step(2019.11-①)韓国には冬が来ました。ロングコートが手放せません。

11月に入り韓国には冬が来ました。最低気温が氷点下に入りとても風が冷たくロングコートが手放せません。そんな11月、授業での発表が2つありました(因みに韓国は試験がない月は提出物や発表がとても多く、特にチームでPPTを作り発表をすることがと多いです)。
1つ目の発表は「旅行社経営実務」という授業です。この授業では、旅行会社関係、航空関係、それに伴った専門用語を勉強します。この授業でのチーム発表の題材は『ソウル旅行計画プラン』です。私たちの前に、ある班は『明洞の歴史的な建物巡りツアー』、また別の班は『東大門付近でのコース』を発表していました。因みにこの発表では、実際にその場所に行って写真を撮り、PPTを作って発表しなければなりませんでした。私たちの班はロッテワールド付近のツアーを提案しました。5人一班で、授業が終わったあと集まり蚕室(チャムシル)というところまで行きご飯を食べたり、ロッテモールに行ったり、カフェに行って色々なことを話したりしました。それを後日みんなで集まってPPTを作る担当をそれぞれ決めて、それをまとめて当日発表しました。韓国語の発表はとても緊張しましたが、無事発表を終えることができました。これも韓国人の友達たちが手伝ってくれてできたことなので、とても感謝しています。
2つ目の発表は「外食産業論」という授業での発表でした。この授業では、外食の定義から始まりマーケティングまで勉強します。この授業での発表はテキストを纏め直し自分たちで調べたことを織り交ぜながら、発表しなければならないのでとても難しかったです。特に専門用語やシステムを理解し、それをクラスの韓国人学生たちにしっかり伝えることは努力が必要でした。また、PPTの作成など韓国人学生と同じレベルのことを求められましたが、友人に助けてもらいながらも、無事発表を終えることができました。
今月は課題や発表もこなしつつTOPIKの試験も受けた忙しい1カ月でしたが、多くを吸収した1カ月でもありました。TOPIKは2年生の前期に留学していた大学で受験して以来でしたが、今回の留学で久しぶりにTOPIKを受けてなんだかとても懐かしく思えるほどこの留学がとても濃いものになっていると実感しました。残りの留学期間も悔いがないように全力で楽しみ、全力で勉強し、吸収できるものはすべて吸収して日本に帰った時に私の強みになるように過ごしたいと思います。