3rd step(2019.9-③)韓国で観光サービス経営学を学んでいます!

人徳大学校に来て1か月がたちました。9月から授業が始まり、 観光サービス経営学科を専攻に選び、韓国人に混ざって授業を受けています。
まずは私が受けている授業を紹介します。 1番難しいなと感じた授業は「観光マーケティングの理解」という授業です。 この授業は前期にマーケティングの授業があったようで、その授業の延長のように授業が進められているため、マーケティングを勉強していないと、授業についていくのが難しいと感じました。私は経営学を勉強したことがなかったので、韓国に留学する前に教授に経営学の勉強をしておくといいとのアドバイスをいただいたので、日本に帰った際に本を買い、前もって少し勉強をしておきました。それが良かったのか授業の内容を理解しやすく、予習をしておいてよかったなと心から思いました。それから韓国の授業は先生が淡々とお話をされ、それを聞きPPTが印刷されたノートにメモをしりするほか、グループワークや発表がとても多く授業ごとにグループを作って、意見や考えを話し合うことがとても多いです。 専攻の授業は専用用語や、単語が難しく話すスピードも速いので、授業中はしっかりメモを取り、空き時間を生かして留学生休憩室で復習をしています。
それから人徳大学校では、‘こころ‘という日本語サークルがあり、日本人交換留学生をサポートしてくれています。今まではバディ制度がなかったのですが、私たちの要望でスタディをしてくれることにもなっていて、とても心強いです。今月はサークルのメンバーの何人かで広蔵市場にいきチヂミを食べたり、宋廟へ行き昔の王様の跡継ぎの婚礼の儀式の舞台を見たり、国立古宮博物館に行ったり、自分ではなかなかいかないところに連れて行ってもらい昔の歴史を知ることができて、とても勉強になりました。ご飯も一緒に食べ日本語と韓国語で交流ができました。
最初韓国に来たとき、韓国と日本の仲が良くない状況の中で何か言われないだろうかと少し心配していた気持ちもあり、韓国人と一緒に授業を受けるときに、「グループ作って」言われたときに、韓国人の子とぎこちなく、迷惑でないだろうかと考えてとても苦しかったけれど、1か月がたち、友達や声をかけてくれる人が増えてきて、とてもほっとしており、うれしい気持ちでいっぱいです。