2nd step(2019.6-③)留学生活も残すところあと一か月

南ソウル大学での留学生活も残すところあと一か月となりました。初めはクラスに日本人が一人しかいない状況が不安だった語学堂での生活も、クラスメイトが優しく接してくれたおかげで、楽しくて毎日わくわくするように変わっていったり、韓国人のバディーと食事だけでなくお泊りをしたりと、多くの人との関りが私の留学生活をより濃いものにしてくれました。特に私にとって印象に残っている休日にバディーと過ごしたことについてご報告しようと思います。
私のバディーは私より1つ年下です。バディーと月に一度一緒に食事をとる機会があるのですが、その時に韓国で行ってみたい場所の話をしました。そしてお互いに行ってみたい場所が景福宮だったので、一緒にいこうという話になりました。金曜日の授業が終わり、一緒に電車に乗ってまずソウルに行きました。ソウルでは一緒にペアリングを作りました。

その際の説明を私に簡単な韓国語で言い直してくれたので、不安なくそして楽しく作ることができました。そして、夜にその子の家にお泊りに行きました。韓国人はマンションが多いから、日本のような一軒家に行ってみたいと話していました。家に入るとご両親が私を迎え入れてくれました。バディーのお父さんは以前日本の会社に勤めていたそうで日本語がペラペラに話せ、「こんばんは」と私に言ってくれました。机に座りお菓子やジュースを飲みながら家族の方とたくさん会話をしました。日本に何度も旅行に行く話やなぜ私が韓国語を学んでいるのか、それから発音テストなど、韓国語で家族の方と会話をするのは本当に緊張したけど、とてもいい経験になりました。朝起きても聞こえてくる言葉が韓国語で私にはすごく新鮮でした。その日は夢も韓国語で自分でもびっくりしました。次の日は私たちが目的としていた景福宮に韓服を着て行きました。写真を撮るだけでなく、バディーが各箇所に書かれている建物の説明を、簡単に訳して私に教えてくれました。だから、ただ写真や観光だけでなく、歴史についても勉強もすることができました。

私は韓国人と1日中一緒に過ごしたことが一度も無かったので、一日中韓国語だけを聞いて、韓国語だけを話すことはとても大変で、いいたいことが言えないもどかしさや伝わった時の嬉しさ、新しい発見などすべてが勉強で、すべてが今後の韓国語勉強の意欲につながっていくと思いました。また、こうした機会があればもっとコミュニケーションができるようにしたいと思っています。