2nd step⑯ 語学堂ってこんなところです!

韓国に来て2か月が経とうとしています。今回は私たちが午前中に受講している「語学堂」についてご紹介したいと思います。

語学堂とは韓国語を母語としない外国人が韓国語を学ぶ授業プログラムのことです。主にTOPIK(韓国語能力試験)初級、中級、高級の三つに分類されており、私は高級の1班に所属しています。1班は日本人2人、中国人2人、ベトナム人6人、インドネシア人1人、タジキスタン1人の12人クラスです。年齢層は19歳から60歳までと幅広いので、私たちは1班のことを「가족(家族)」と呼んだりしています。

授業の内容は、말하기(話す)授業が多いです。日常会話というよりは、「文化」「社会」「歴史」などに対する自分の考えを述べたり、パワーポイントを使って発表や討論をしたりします。私はまだわからない単語もたくさんあり、自分の意見をうまく表現できないことが多々あるので、日々もどかしく感じています。語学力はもちろんですが、もっと社会について興味を持たなければならないと思いました。

授業は大変ですが、放課後や休日には行事も多く、韓国人はもちろん、他の国からの留学生にも友達ができ、良い交流関係を築ける場でもあります。たとえば、10月5日にはハングルの日クイズ大会という行事がありました。本来の한글 날(ハングルの日)は10月9日ですが、今年は祝日で学校が休みのため金曜日に行いました。5つの班に分かれて○×ゲームなどに挑戦したのですが、赤色(愛)、オレンジ色(友情)、黄色(熱情)、緑色(青春)、青色(希望)という色とそれにちなんだ名前のチームに分けられ、とてもきれいでした。この行事だけで班のメンバーとも親しくなれたと思います。私たちの班は、団体優勝賞と優勝賞を獲得でき、チームワークがとても良かったのが印象的でした。

もう一つの行事は、EWORLDへ行ったことです。EWORLDは、大邱の人気遊園地なのですが、最近はデートスポットやインスタ映えスポットとしても有名です。私は乗り物が苦手なのであまり乗れませんでしたが、雰囲気だけでも楽しむことができました。特に、EWORLD内にある83タワーの展望台からは大邱の街を一望できました。天気が晴天ではなく曇っていたため私たちが留学している啓明大学校は、くっきりとみることはできませんでしたが、大邱は意外に広い都市だということが分かりました。

お昼ごろに解散してしまったのですが、まだ遊びたかったので、友達たちと合流して夜まで遊び尽くしました。勉強漬けだったので良いストレス解消になったと思います。

残りの3か月間は、勉強はもちろんですが日本人以外のたくさんの人と付き合い、いろいろな経験をして、悔いのない留学生生活を送ろうと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 大森香呼