2nd step⑪ 韓国で学んだ「情」の文化

5ヶ月間の語学留学を振り返って一番印象に残っているのは、韓国の文化「情」についてです。

今回の語学留学を通して、韓国人は人との繋がりをとても大切に考えるということを知りました。例えば、聖堂の礼拝に参加した際、初めて来た私たちをとても歓迎してくださり、一緒に食事をして、また礼拝に参加できるように連絡先を教えてくださるなど、とても親切にしていただきました。

また、寮で同じ部屋になった韓国人の友達は、困ったことがあるとすぐに助けてくれ、韓国語の勉強でわからないところがあると詳しく教えてくれました。その友達とは、寮の食事など、たくさんの時間を一緒に過ごしました。日本では一人になる時間もたくさんあるので、最初は戸惑いもありましたが、韓国では一人で行動するよりも複数人で行動し、困ったことがあると一緒に解決するのが普通なのだと知りました。韓国人の「情」を強く感じる一面でした。寮の休憩所にいると韓国人の友達がきて、その友達の友達も来て、最後はみんな友達になり、寮でたくさんの韓国人の友達ができました。寮で知り合った韓国人の友達と一緒にご飯へ行ったり、買い物をしたり、韓国人しか知らないようなところへも行き、とても充実した寮生活を送ることができました。大学が夏休みに入ると韓国人の学生は寮を出て帰省しますが、わざわざ自宅から学校の寮まで来てくれて、私たちのために一人一人へのプレゼントと手紙、手作りケーキまで用意してくれました。
留学は終わってしまいましたが、これからも留学で出会った友達たちとは連絡を続け、一生の友達と言える関係を築いていきたいと思います。韓国でたくさんのことをしてもらったので、友達が日本にきたときには、私たちがその恩を返したいと思います。また、私が韓国でしてもらったように、日本で困っている外国人や留学生がいたら積極的に手を差し出して、彼らが日本でいい思い出を作れるようにしたいと思いました。今回の留学で楽しいこともあれば、反面、きつく大変なこともありました。しかし、そのきつくて大変なことも友達の助けを借りて乗り越えることができました。韓国だけでなく日本でもそのような「情」が増えるといいなと思い、まずは私自身がそのように行動していかなくてはならないなと感じました。留学で学んだことや感じたことを忘れずにこれからの生活で活かしていきたいと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 濱田美瑠