2nd step⑥ 留学生活も折り返し地点!

南ソウル大学に来てもう三か月が経ちました。最初は長いと感じていた半年という留学ももう半分を切ってしまいました。その時間を充実に過ごせたのかをこのレポートを通して振り返ってみようと思います。

●学科の授業について
私が選択した専攻科目の授業は、不動産学科、国際流通学科の授業です。その中でも不動産学科の授業は思ったよりも理解しやすかったように思います。理由は二つあります。

一つ目は、韓国の不動産に関する法律は日本の法律を翻訳して作られたため、聞きなれた用語が多かったことです。韓国の学生にとっては、初めての単語でも日本人にとっては聞きなれた単語がありました。授業中に、『公共』の意味を聞かれ答えただけであれほど得意な気持ちになれたのは韓国だからだと思います。

二つ目は、担当教授が漢字に堪能だったからです。この授業の担当教授だけでなくほかの授業の教授の中にも、日本人留学生にとって難しい単語などは漢字を交えて説明してくださる方が多かったので、理解しやすく、漢字を知ることで難しい単語も覚えやすくなりました。

●大学祭について
大学祭の一週間ほど前から、今回の学祭の出演歌手が発表され、部活動別の出店の広報対決がSNSで熱く繰り広げられる中、私は周りの友人たちの様子がおかしいと感じていました。聞くと、今年度から学祭でのお酒の販売が禁止になったそうです。未成年の飲酒禁止、夕方撤収の日本の大学祭しか経験したことのない私からしてみればそれが当然のように思いますが、彼らにしてみれば大学祭とお酒の関係は切っても切れない関係なのだそうです。日本の文化と韓国の文化の違いを肌で感じた瞬間でした。

また、学生によるのど自慢大会でも韓国の学生と日本の学生の違いを感じました。私も出場し、残念ながら予選敗退してしまったのですが、まずリハーサルは2時間越えでした。相当な人数が応募したのだと思います。日本でもし学内のど自慢をした場合、韓国の学生のように自ら応募し大勢の前で歌う学生が何人いるだろうかと思いました。どちらが正しいというわけではありませんが、韓国人学生のエネルギーは素晴らしいと思います。定番の소떡(串にソーセージとトックを交互に刺した食べ物)をはじめ、最近はやりのヘナタトゥーまで、出店の種類が多様で見て回るだけでも楽しかったです。

●韓国の教会について
同じ授業を受けていた日本語学科の韓国人の生徒と仲良くなり、その方が通う教会に招待していただくことになりました。
はじめは緊張しましたが、日本語教室も開いているというその教会では、日本に興味をもってくださる方々が多く、日本人の私たちを優しく歓迎してくださいました。韓国の方々の情を肌で感じた瞬間で、私も出会いを大切にしていきたいと思いました。

これからの残り二か月をより充実なものにするため、もっと積極的に韓国の方々と交流し、文化交換だけでなく、様々な考えに触れていきたいと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 佐藤由理