3rd step⑤ 水原科学大学校~航空観光学科での学び

私は、水原科学大学校に留学しています。留学生活を始めて早くも2か月が過ぎました。

留学に来た頃は不安だらけで、自分の足りない点をたくさん発見し、辛いときもありましたが、今は自分なりに頑張っていこうと努力の日々を送っています。

私は航空観光科の一年生と一緒に、授業を受けています。英語を中心とし、航空運送や国際マナー、航空予約システムなど航空関係の授業を受講しています。

英語は、TOEIC対策を中心としたものが一つ、Speakingを中心としたものが二つあります。Speakingの授業は航空会社の面接で実際に質問される内容に沿って行われます。中間テストは英語による集団面接を行いました。できないなりに必死に努力をしたところ、自分が思っていたよりも良い点数をもらい、喜びを感じました。英語に自信がない私にとっては、初めはとても大変で逃げ出したい時もありましたが、努力は無駄にならないことがわかり、これからも努力を惜しまずにしようと思いました。

水原科学大学校は常に同じクラスの子たちと授業を行うクラス制なので、授業を通して仲良くなったり、助け合ったりすることができるとても良い環境です。例えば、日本語の授業を履修している韓国人の友達がいたら韓国語で日本語を教えてあげたり、逆に韓国人で英語が得意なクラスメイトからは、英語を教えてもらったりとお互いを高めあっています。

そして、私が3月に20歳の誕生日を迎えたときにはクラスメイトが祝ってくれて、とても嬉しかったです。「外国で一人で過ごす誕生日は寂しいだろうから」と私のことを考えてくれたクラスメイトにとても感謝しています。

クラスメイトは一つ年下の子たちがほとんどですが、目標が明確で向上心が高く、明るく、積極的な子ばかりで、私も頑張らないといけないと毎日刺激をもらっています。一学期もあと2か月で終わってしまうので、悔いのないよう一日一日を大切に、無駄にしないように成長していきたいです。

東アジア言語文化専攻3年 大谷真子