2nd step② 天安市についてご紹介します!

南ソウル大学に来て1か月が経ちました。1週間目は、大学内の建物を探すのも大変という感じだったのが、大学内の地理や天安市の交通が分かってきて、週末など授業以外の時間も楽しめるようになってきました。

南ソウル大学の位置する忠清南道の天安市はホドゥカジャという胡桃のお菓子や独立記念館があることで有名な都市ですが、留学することを決めるまでは知りませんでした。「交通手段の天安」と呼ばれていて、韓国の交通の中心地でもあるそうです。その名の通り、天安バスターミナルからは、ソウル、光州、太田など様々な地方に行ける高速バスに乗ることができ、KTXなどの列車でも乗り換えなしに行ける地方がたくさんあります。

また、天安バスターミナルの周辺は「ヤウリ」と呼ばれていて、百貨店や書店や飲食店など何でも揃っています。ちょうど桜が咲き始めたのですが、桜の名所であり、その他にブドウも有名な都市だそうです。

私は今回の留学生活で、「留学生活を送る天安市について詳しくなる」ということを目標の一つに掲げているのですが、1か月過ごしてみて、天安市には他の都市や地方にはない面白い物がたくさんありそうな予感がしています。これからも放課後や週末にさまざまな場所を訪問し、天安市を案内できるようになりたいと思います。

この1か月間はたくさんの人と出会うことが出来ました。特に、毎日会っている語学堂のクラスメイトには刺激をもらっています。私は授業を受け、課題や予習をするだけでも大変だと感じてしまっていたのですが、クラスメイトの多くはアルバイトと勉学を両立しています。それにも関わらず、朝会うといつも明るく、韓国に来たばかりの私を気にかけてくれます。そんなみんなを見て、私も負けないように韓国での生活を充実させ、周りにいる人をもっと気にかけられる人になりたいと思うようになりました。

3月後半に入り、天安市はとても暖かい気候になりました。目的意識を高く持って過ごしたいと思います。

文学部 人文学科 東アジア言語文化専攻2年 上岡日和