2nd step㉒ 韓国での生活を通して大きく成長することができました

2018年8月28日、不安と寂しさと、少しの希望を持って船に乗り、今日2019年1月31日、また船に乗ります。来た時と比べ物にならないくらいの寂しさと安心感と、大きな荷物を抱えています。

5ヶ月間の留学が終わろうとしている今、留学が始まった頃を思い出してみようと思います。私は一人暮らしどころか、実家を5日も離れたことがない人生でした。そんな私が突然外国の地で5ヶ月間も暮らすなんて、と家族も自分自身も心配していました。しかし、梅光のメンバーやルームメイトのオンニ、寮に住む日本語文学科の友人達、以前梅光に留学に来ていたため面識のあったオンニに助けられ、自然と生活に慣れることができました。

集団行動を好まず、あまり大人数で行動することに慣れていませんでしたが、今回の留学で気づいたことがあります。私は、集団行動が嫌いなのではなく、その行動についていけない自分自身が嫌だったのだということです。今までは、なかなか馴染めず、自分から一定の距離で扉を閉ざしていたのだと思います。留学中は助け合わなければならない場面が多くあります。周りにたくさん助けてくれる友人がいるから、乗り越えられることがたくさんありました。きっと、今までの人生でもこんなことはあったはずなのに、勝手に集団行動が苦手だから嫌だと言っていた自分が恥ずかしくなりました。私も誰かの身に何かあれば、できる限り力になりたいと思うようになりました。強く、優しい友人達に恵まれ、自分自身の精神の成長にも繋がる集団生活でした。

また、学校生活ではさまざまな国の友人ができました。クラスでは日本人はやはり静かで、はじめの頃は、「どうしてそんなに声が小さいの?」「風邪を引いたの?」「悲しいの?」と何度も聞かれたました。日本人同士でそのような質問が出ることはまずないため、驚きました。私は特に最初は緊張して上手く話せないこともあり、ここでもまた、クラスの友人達に助けられながら、少しずつ馴染むことができたと思います。クラスの友人達は授業に積極的でアルバイトも頑張っていて、いつも活発で優しかったように思います。私も負けていられないと、毎日の復習は欠かさず、韓国語のテストでは納得のいく結果を出すことができました。学部の授業での発表では上手くいかず、悔しい思いをしたこともありました、次の発表では少しでも上手くいくようにと努力したことは無駄になっていないと思います。

留学を通じて、私の人生において宝物とも言える出会いを経験することができました。韓国語の実力を伸ばせたことはもちろん、このような出会いは、これから私の心の支えになると思います。世界の各地に友人ができました。本当に良い経験になりました。

東アジア言語文化専攻
2年 山中菜乃子

2nd step㉑ 5か月間の留学を振り返って

ようやくこの5か月の留学が終わりました。「ようやく」と言っても、この留学を全く長く感じず、あっという間に過ぎたという感じがします。成人式のために日本に一時帰国した際には「早く日本に帰りたいなあ。日本ってやっぱりいいなあ。」と思いながら韓国に戻りました。しかし、日本への帰国が迫ってくると、韓国での行動の一つ一つが最後なんだと名残惜しく感じるようになりました。たくさんのことを頑張った思い入れのある場所を離れることも、友達や先生方と離れてしまうことも、すべてがとても寂しく思いました。

この5か月間、色々なことがありました。文化の違いに衝撃を受けたこともありましたが、いろいろな国の友達ができて、韓国が好きで韓国語を一生懸命勉強している彼らに多くの刺激をもらい、もっと頑張らなきゃと思わせてもらいました。何度もご飯に行ったり、カカオトークでの連絡を頻繁にしたり、語学堂で毎日話したりするほど、仲良くなった友達もいます。自分たちの話したいことを韓国語で話し合って、いろいろな意見を交換できたことも楽しかったし、たくさん学んだ部分もありました。また、おいしいものもたくさん食べたり、いろいろなものも見たり、韓国についてより深く知れたと思います。
そして、今回一緒に留学した梅光学院大学の10人のメンバーにはとても感謝しています。最初は喧嘩をしてしまうかも、仲良しのまま帰国をするのは無理かも、と余計な心配をしていましたが、これまで以上に仲を深めて帰国することができました。私は最後の最後で体調を崩してしまったのですが、みんなが食べ物や飲み物や薬をくれたり、毎日「大丈夫?」と連絡をくれたり、私はなんていい友達に恵まれているのだろうと、とてもうれしく幸せでした。そして、同時に家族にも感謝の気持ちを感じました。体調を崩して最後の授業に行けず悲しく悔しい思いをしていたのですが、姉や母が私の話を聞いてくれました。家族の存在はこんなにも自分にとって大きいものだったのかと実感しました。

この留学を通して、韓国語の勉強に対しての私自身の意識や姿勢が変わったような気がします。もっと自分から積極的に韓国語を勉強しようと考えるようになりました。また、もっと韓国を知りたいとも思うようになり、まだ行ったことないところにも行きたくてワクワクしています。そして、性格も少し変わった気がします。前よりも明るくなって周りの人たちをもっともっと大事にしようと思うようになりました。留学に行ってよかったです。幸せで貴重な5か月間でした。一緒に頑張った10人のメンバー、先生方ありがとうございました。これからももっと韓国語を頑張って、自分の将来にしっかり向き合っていきたいです。

東アジア言語文化専攻
2年 山本百華

2nd step⑳ 語学堂の中間テストと大学(日本語文学科)の期末テストが終わりました!

韓国に留学して4カ月が経ちました。初めは早く日本に帰りたいと思っていた気持ちも、留学生活残り1カ月となると名残惜しいものがあります。

12月に入ってから大邱の気温は急激に下がり、気温がマイナスとなる中での生活が始まりました。日本では体験したことがない気温で、朝と夜は顔が痛いです。12月中旬には、初雪が降りました。日本人にとって雪は珍しいものではありませんが、ベトナムやフィリピンなどの東南アジア出身のクラスメイトは、雪にすごく興味津々でした。やはり、雪が降らない地域の人にとって降雪は貴重な体験なのだと文化の違いをひしひしと感じました。海外での生活で、たくさんの刺激を受けています。
今月は、韓国語が母語でない学生のために開講される「語学堂」の中間テストと、韓国人の大学生とともに学ぶ「日本語文学科」の期末テストがありました。語学堂のテストは進級してから初めてのテストだったので緊張しました。少しずつ難しくなっていく文法に戸惑うこともあり心配していましたが、語学堂の先生やクラスメイトの手助けもあり無事にテストを乗り越えることができました。一方、日本語文学科のテストは、少し不安が残る結果に終わってしまいました。말하기(話す)の授業は、学期途中から討論が中心になりました。もともと人前で話すことが非常に苦手な私は、なかなか意見を言えないでいました。同じグループの韓国人の学生や日本人の学生にも助けてもらって、意見を言う機会は徐々に増えていきましたが、やはり力不足を感じました。せっかく韓国に留学しているにもかかわらず、このような不甲斐ない結果に終わり非常に悔しかったです。この悔しさをばねに、残り1カ月の語学堂生活に力を入れて取り組みたいと思います。

留学では授業以外にも様々な行事があります。21日には“외국인 잔치 한마당”がありました。クラスごとに劇やダンスを披露し、会場は大盛り上がりでした。私のクラスは特に出し物はしませんでしたが、他のクラスの人たちが舞台上で韓国語を使い活躍している姿に刺激を受けました。私も人前で自信をもって韓国語を話せるよう上達したいと思います。

クリスマス前には、梅光学院大学の友達と3人でソウル旅行に出かけました。実を言えば、一緒に旅行をした2人の友達は、留学前はほとんど話したことがありませんでした。ですが、留学を機に仲良くなりソウル旅行をするまでの関係になりました。留学が、私の友人関係も良い方向に運んでくれました。

ソウルでは日頃の勉強のストレスを発散するかの如く美味しいものをたくさん食べて、ショッピングをしました。닭한마리(鶏の水炊き)や파전(チヂミ)、닭발(鶏の足) 육회(ユッケ)など日本ではなかなか食べる機会のないものもたくさん食べ、お腹がいっぱいになりました。クリスマス前ということもあり、クリスマスケーキを買い3人でぺろりと平らげてしまいました。濃い3日間を過ごすことができ、良い思い出ができました。
語学堂では、私のクラスは日本人が一人しかいません。初めは心細かったですが、クラスメイトが気さくに話しかけてくれたおかげで、クラスに馴染むことができました。私が残り1カ月で日本に帰るという話をしたら、クラスメイトが日本に帰ってほしくないと言ってくれました。その言葉に私も胸が締め付けられる思いがしました。今は、クラスメイトと離れてしまうのが非常に悲しいので、留学が終わってほしくないと思います。私は今のクラスが大好きです。残り1カ月の生活で、後悔が残らないようにたくさんの思い出を作りたいと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 矢口奈々

2nd step⑲ 12月はイベントが盛りだくさん!

留学生活も4か月が経ち、残り1か月になろうとしています。12月は、大学の期末試験や語学堂の中間試験、語学堂のイベントと、行事がたくさんありました。

私たちは大学で、日本人が間違えやすい韓国語表現の授業と、日本語を学んでいる韓国人の学生と討論する授業を受けており、期末試験ではその2つの試験を受けました。討論の授業の試験では、討論した内容を日本人は韓国語で、韓国人は日本語でまとめるという内容でした。事前に試験の出題形式は教えてもらっていたので十分に対策をして挑んだのですが、ある韓国人の学生が表裏にびっしり日本語で回答しているのを見て、自分の答案が不十分な気がして不安になりました。もう一つの試験も思うように問題が解けず、大学の試験では2つとも悔しい思いをしましたが、この反省を生かして語学堂の中間試験ではしっかりと対策して受けたおかげで目標の点数を取ることができました。

下旬には、語学堂の「외국인 잔치 한마당」というイベントがあり、私たちのクラスは演劇で発表しました。練習期間が2週間程しかなく、午後も授業があり十分な練習時間を確保することができなかったのですが、授業の合間の休み時間などを利用して一生懸命練習しました。本番ではすごく緊張しましたが、大勢の人の前で韓国語のセリフを話すのは、とても楽しく感じました。
留学前の私は人前で発言することは得意な方ではありませんでした。今もそれほど得意ではありませんが、留学に来てから少し変われたような気がしています。私のクラスの演劇は3位に入賞することもでき、クラスのみんなとももっと仲良くなることができたので毎日授業に行くのが楽しいです。

韓国人の学生は期末試験が終わると春休みに入るため、ルームメイトとは今月でお別れでした。私のルームメイトは日本語を勉強している1年生でしたが、あちこち遊びに連れて行ってくれたり、出前を取って一緒にご飯を食べたりして、とても仲良くなれたのでお別れがとても寂しかったです。ルームメイトが寮を出る当日、私は授業があり、お見送りができないので、前日に一緒に夕食をとったのですが、授業を終えて、部屋に戻ってみると、日本語で書かれたメッセージとお菓子が置かれていて、涙が出そうなくらい嬉しかったです。短い間でしたが、ルームメイトと過ごした日々はとても楽しかったです。1月にまた遊ぶ約束をしたのでとても楽しみです。

残りの1か月はこれまでと違い、午後からの授業がないので勉強だけでなく、色々なところに遊びに行ったりおいしいものを食べたりして、韓国での生活を満喫しようと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 森本千尋

3rd step㉔ 仁徳大学校~印象に残っている「課題」

2018年もあっという間に過ぎ、もうすぐ年越しです。12月は私にとって、とても忙しい月でした。11月の発表ラッシュに続き、グループでの発表課題がいくつかあり、それに加え期末の筆記試験もありました。特に印象に残っているのは、観光学科の「ホテル経営論」の課題と「日韓現代コミュニケーション」の発表課題です。

「ホテル経営論」の課題では、韓国の高い星の評価を得ているホテル、20箇所を自分で直接出向いて写真を撮り、特徴を調べてくると言うものでした。有名なロッテホテルやリッツ・カールトン、ヒルトンホテルなどは明洞や江南と言った観光地やアクセスの良い場所に立地しており、多言語の対応を行なっているホテルばかりでした。授業中に先生に気をつけて見ておく点に、トイレとロビーの花の2つがあったのですが、やはり星の数の多いホテルはロビーのトイレの設備や衛生面に気を遣っており、飾ってある花もきちんと手入れされていました。また、ロビーの香りにも気を遣っていた印象を受けました。サービスを提供する上で、宿泊や予約の対応だけでなく、些細なところに力を入れ、職員一人一人に自覚がある部分が評価されている理由なのだと感じました。
「日韓現代コミュニケーション」の発表課題は、自分自身について発表すると言うものでした。20年間生きてきて、これまでの自分がどういうことをしてきて、どういうものが好きで今に至るのかということを考えることは多くありませんでした。それは、クラスメイトも同じだったようで、発表をすることで自分のことを見つめ直す良いきっかけになったと話す人が多かったです。それに加え、クラスメイトの発表を1人ずつ真剣に聞くことで観察力や人への関心の持ち方も大きく変わりました。

この留学中はグループワークが多いために、韓国語や自分の意見を恐れずに発表することが求められます。一方で、自身の学習時間を確保することも必要です。また、韓国だけでなく台湾や中国、ベトナムの友人と交流することで、その国についての異文化理解を深める機会も多くあります。この交換留学では、2年次前期の南ソウル大学での語学留学とはまた違う成長を自分自身感じています。
残り半年間の留学はもっと具体的な数値目標をもって、成長できるように努力したいと思います。

東アジア言語文化専攻
2年 井上萌

3rd step㉓ 南ソウル大学校~長期留学を終えて

3月から始まった南ソウル大学校での交換留学がついに終わりに近づいています。冬が始まり、本格的な寒さがやってくるにつれて、ここで過ごせる時間がたくさん残っていないことを実感します。本当にあっという間に時間が過ぎていきました。

12月に入るとすぐに期末試験があり、時間の使い方が難しくバタバタしてしまいました。南ソウル大学校で受ける最後の試験でもあったので自分の中で今までの試験よりもやる気がでました。これまで3回試験を受け、今回が4回目でしたが、テスト前の緊張には未だに慣れません。しかし、その緊張感もこの交換留学を通してしか感じられないものだと思うのですごくいい経験になったと思います。

テストが終わり、お世話になった先生方、一緒に授業を受けた友人たち、後期から一緒に生活を送ったルームメイト、寮生活でお世話になった事務の方々、南ソウル大学校に来る前から準備をしてくださった朴先生へ挨拶をして私の南ソウル大学校での学校生活が終わりました。テスト日程の都合で時間が合わず、十分に挨拶できなかった人もいましたが、それでもたくさんの友人と時間を合わせて最後にご飯を食べたり、出かけたりして思い出を作ることができました。
この10か月間の国際文化・教養留学で、私が体験したり、身につけられたことは本当に貴重なものになりました。今回初めて体験したことは、きっと自分でも思い出せないぐらいあると思います。観光経営学科での学びはもちろんですが、韓国での食事の場での作法を教えてもらったり、課題を通して友達と旅行したり、多文化理解に努め、外国人の友人もつくることができました。学校が終了してから数日して、退寮したのですが、学校がすでに長期休暇に突入しているにも関わらず友人たちが最後に会いに来てくれました。私のために来てくれたことが本当に嬉しかったし、こういった縁を大事にしてこの先も連絡を取り合っていきたいと思いました。留学が終わってみて、やっぱり留学して本当に良かったと思ったし、仲のいい友人と離れて一人でとても不安でしたが、今はその経験が自分の力になると思っています。本当に充実した時間を過ごすことができました。

 

東アジア言語文化専攻
3年 瀧田美折

3rd step㉒ 啓明大学校~TOPIK6級(最上級)に合格しました!

留学もだんだん終わりに近づいてきましたが、嬉しいニュースがあります。
大学一年生から目標にしていた韓国語能力試験6級に無事合格することができました。特に、リーディングとリスニングの点数が高得点で自分でも驚きました。今まで韓国語の勉強をしてもなかなか成績が上がらず、悩んだこともありましたが、努力をこつこつしてきたことは一つも無駄ではなかったと強く感じました。継続することは簡単なことではありませんが、これからも挑戦し続け、継続していこうと前向きになれました。

そして、今月21歳の誕生日を迎えました。激動の一年でしたが、無事に毎日健康に楽しく一生懸命生活できていることは本当にいろいろな人のおかげだと思います。これからも感謝の気持ちを忘れずに生活していこうと思います。韓国の友人がプレゼントをくれたり、パーティーを開催してくれたりと幸せなお誕生日でした。

21歳の私も、毎日明るく元気に一生懸命に頑張っていきます!韓国語能力試験6級に合格するという大きな目標を達成しましたが、もっと成長するために、残りの留学も挑戦する気持ちを忘れず、継続して勉学に励んでいこうと思います。また、帰国後間もなく就職活動が始まるので、そちらも計画をしっかり立てて、企業研究を進めます。

寒くなってきたので、より一層体調管理には気をつけようと思います。
留学が終了することをゴールと思わずに留学が終わってからのこともしっかり考えて毎日過ごしていこうと思います!
東アジア言語文化専攻
3年 藤川沙織

3rd step㉑ 水原科学大学~エアライン業界就職に向けての実践的な学び

留学に来て早くも9ヶ月が経ちました。一学期は座学中心でしたが、二学期は実習や航空会社の模擬面接、ロールプレイなど体を動かして学ぶことが多くなりました。

「飛行中業務」の授業では、機内食サービス、食前飲料サービスなど離陸後の機内サービスを主に学んでいます。期末試験では、機内サービスの一連の流れを実際に行い、私は、①メニュー、②食前飲料サービスの提供、③機内食の回収、④水のお代わり、⑤アイルクリーニングの五つを担当しました。いつも飛行機に乗ったときには自分が受けているサービスのはずなのに、いざ自分がサービスを提供する立場になると、言葉が詰まったり、思っているように動けなかったりして、難しさを感じました。そして、ただサービスをするだけではなく、サービス中に「座席が狭いので変えて欲しい」、「ビビンバの肉を除けて欲しい」などといったお客様からのご要望に対応するという課題もありました。とても難しかっただけに、フライトアテンダントの方は本当に素晴らしいと感じました。
「サービスコミュニケーション」という授業の中間・期末試験では、模擬面接をしました。内容は、航空会社の面接で実際に聞かれる質問や、機内で不満のあるお客様に対してどう対応するかについて聞かれました。不満のあるお客様には、まず共感をし、提案をすることが大切だと学びました。面接では、声が小さい、トーンが低い、笑顔が少ないと指摘されました。何回経験しても緊張してしまい、顔が引きつり、自信がなくなって声が小さくなってしまいます。練習をたくさんしないといけないと感じました。
このように、勉強はとても難しく、大変ですが、嬉しかったこともあります。それは、「離陸業務」という授業担当の教授に、クラスの中で私の髪型とメイクがいつも一番キレイだと褒めていただいたことです。学校生活も半分が過ぎ、クラスの数人の子達は髪型が乱れていましたが、私は流されずに外見だけでもよく見せようと努力してきました。一つでもコツコツと頑張れば見ている人がいるのだと知り、日々の努力は本当に大切だと感じました。他の教授にも、二学期に入ってから特に、髪型がいつもキレイだと言われることが増えてきたので、残りの留学生活も続けていきたいと思います。そして、他の面でも褒められるように、継続することを大切に、頑張ろうと思いました。

東アジア言語文化専攻
3年 大谷真子

3rd step⑳ 水原科学大学校~「離陸業務」「飛行中業務」「航空運営業務」

気づけば12月を迎えていました。11月中旬にやっと中間テストが終わり一息ついていたのですが、11月末には期末テストが始まり、課題と試験勉強に追われる毎日を送っています。留学に来て初めの頃は友達がなかなか出来なかったのですが、今ではたくさんのクラスメイトと親しくなりました。授業が終わった後には、韓国人のクラスメイトが実習の練習を一緒に残って手伝ってくれることもあり、とても良い留学生活を送っています。

中間テストを終えて思ったことは、実技形式のテストが多いということです。航空会社の採用試験を想定した模擬面接をしたり、英語で機内放送や接客のロールプレイをしたりするなど、日本では行ったことのないテスト方式に戸惑いながらも必死にもがき頑張っています。

中間テストが終わってからは実習の授業がさらに多くなりました。
「離陸業務」の授業では実際にお客様を機内にお出迎えしてから離陸するまでの仕事をチームに分かれて行い、「飛行中業務」では飛行中の飲料サービスや食事のサービスなどを機内さながらの訓練教室で実践的に学んでいます。ただ単に、お客様にサービスを提供することだけを学ぶのではなく、笑顔やしぐさ、立ち振る舞い、またお客様のクレームの対応の仕方やお応えするのが難しいような要望に応えるための返答の仕方まで教わっています。

「航空運営業務」の授業では、主にチケットの予約をするTOPASSというシステムを使い、旅行地ごとのコードを検索したり、コードを計算し、料金を計算するといった専門的な勉強をしています。

私は2学期から留学を始めたため、1学期で習っていないことも授業に出てきます。友達の力を借りながら、1学期にみんなが習った内容も並行して勉強しています。

留学生活も残り1ヶ月弱。あとは期末試験だけ残っている状況です。これが韓国で受ける最後のテストになるので気を引き締めて、自分の夢のために頑張っていきたいと思います。

東アジア言語文化専攻
3年 笹ななみ

3rd step⑲ 霊山大学校~韓国人の学生と授業を受けたり交流したりする中で

この2か月でまたいろいろな経験をすることが出来ました。その中でも印象に残っていることは「日本での就職」についての授業を聴講したことです。内容は、韓国人が日本で働くときの仕事の選び方など、当然ながら韓国人学生のための授業ではあったのですが、日本人である私にも十分に参考になる内容でした。聴講したおかげで就職に対しての考えも変わり、授業で学んだことを参考に今後のことを具体的に描いていこうと真剣に思うようになりました。とても貴重な経験でした。

また、学科別・授業別の発表大会も印象に残りました。私は、発表はしなかったのですが、大会に出席し、他の班を見ることが出来ました。私がいつもパワーポイントを作るときは出来たらいいやと最後は雑になってしまうことが多いのですが、出場チームは見やすいように工夫して作っており、発表も台本をほとんど見ずに語り掛けるように発表している姿を見て、驚いたのと同時にとてもレベルの差を感じられました。
また一学期と同様に、先生を交え、同じ学科の学生全員でごはんを食べる機会があったのですが、先生のような目上の方がいらっしゃる場での礼儀作法を直接見て学ぶことが出来ました。

そして大学祭にも行ったのですが、スケールが大きく、より韓国の大学祭というものを体験することが出来ました。
最近、日韓関係では慰安婦問題や原爆についてのニュースがありましたが、そのことについて友達と深く話すことが増えました。日本で知られている事実と韓国で知られている事実が異なることは知っていたので、それを考慮しながら、韓国人の生の意見を聞きました。話してみると、韓国人の友達はほぼ全員が自国の歴史や政治はもちろんのこと、日本の歴史や政治までをも詳しく知っていることがわかりました。私は韓国に長期留学していながらそういったことをきちんと理解できていないことを情けないと思い、反省しました。しかし、そのおかげで、これまでなかなか手を出してこなかった歴史や政治などを少しずつ調べるようになりました。また、以前は、私は「大勢いる日本人の中の一人だから」と日本人としての責任など持たずにいたのですが、友達の考えを聞いて、「自分が日本人であるという事実は変わらないのだから、歴史的な面でも日本人としての責任感を持たなければ」ということを感じるようになりました。

留学生活もあと一か月なので、最後まで悔いのないようにまた留学に行かせてくれた両親に感謝しながら学校生活を過ごしていきたいと思います。

東アジア言語文化専攻
3年 來見優花