私.2倍化計画始まる!

梅光学院大学は「あなたを倍、光り輝かせる」プロジェクト、私.2倍化計画を用意しています。

私.2倍化計画とは…

学生が充実したキャンパスライフを通じて、自分たちの潜在能力を最大限に引き出し、一人ひとりが思い描く未来をしっかりと実現するための、サポート強化プロジェクトです。
このプロジェクトを通じて、あなたは自分の中にある大きな可能性を発見し、描く未来が輝きを増していくことを実感するでしょう。

梅光で “倍光” に!

本学で、あなたの可能性とチャンスを2倍化させ、光り輝くキャンパスライフと、その先にある希望の未来を手に入れてください。

希望者全員参加型
スーパー留学制度 “留学ホーダイ”

本学は、英国の高等教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション』が発表する「THE世界大学ランキング日本版(2017年)」において、短期留学経験者の割合が高い大学No.1(※)に。また「語学の梅光」としても、高い評価を得ています。
これらを支える大きな要因は独自の留学制度。他の大学では、学内で選抜型の留学制度が主流ですが、本学では希望者全員が参加可能な独自のプログラムを用意しています。そして、留学経験者の多くが、語学試験や外国語スピーチコンテスト等で、目覚ましい成果をあげています。

※ 「THE世界大学ランキング日本版2017年」より(全学生に占める半年または1学期に満たない短期留学経験者の割合)。

留学ホーダイ×私

ANAエアラインスクールと
教育連携協定締結。
航空業界を目指す夢を支援。

梅光学院大学が「ANAエアラインスクール」と連携して、キャビンアテンダントやグランドスタッフ等、エアライン業界で求められる人材の育成を目指す学内講座プログラムです。
また、本プログラムを含めて、本学ではエアライン業界を目指す学生を総合的に支援するさまざまな取り組みを1年次から4年次まで切れ目なく行っています。

ANAビジネスソリューション株式会社 矢澤社長と樋口学長
ANAビジネスソリューション株式会社 矢澤社長と樋口学長

ANAエアラインスクール

学内講座は、接遇のプロフェッショナルを目指す学生が対象。ANAの現役キャビンアテンダントなど経験豊富な講師が充実のプログラムを提供します。また、ANA空港実務体験では旅客サービス業務のサポート等を体験し、学内講座で学んだおもてなしの基礎を身につけます。
なお、本スクールを体験した昨年度の4年生(8名)は、ANAグループをはじめエアライン業界(計5社)からはもちろんですが、メガバンク含めた銀行3行、中学校英語教員現役合格など、何れもが希望していた企業・団体などからの内定を獲得し、夢を実現させました。

ANA空港実務体験
ANA空港実務体験 ※写真はイメージです

学内講座
学内講座

学内講座
学内講座

ANAエアラインスクール カリキュラム
ANAエアラインスクール
カリキュラム

ANAエアラインスクール カリキュラム

梅光のエアラインプログラムはこちら

大学という教育機関で教員としての資質を磨く!
採用試験対策で、確かな未来を引き寄せる。

小学校教員、中学校・高等学校の英語教員、国語教員、
全てに対応できる教員採用試験対策プログラム、公立幼稚園教員・保育士採用試験対策講座も準備しています!

「先生になりたい」という希望を抱く学生は少なくありませんが、難関である教員採用試験の現役合格は簡単なことではありません。それは、他大学の学生はもちろんですが、すでに教壇に立っている臨時採用教員、つまり即戦力として期待される人たちとの競争でもあるからです。さらに、教員採用試験突破のためには、通常の教職課程の授業に加えて試験対策も必要です。こうしたなか、梅光学院大学では、採用試験現役突破を全面的にサポートするプログラム「教員の星」を用意しています。

学内で現役合格のための、専門的な受験対策が可能。

「教員の星」に参加すれば、大学の正規カリキュラムが保証する「専門教育」と、受験予備校での「合格に向けた受験対策」の両立が可能です。そのため、大学の単位を無理なく取得できると同時に、時間を効率良く教員採用試験対策に充てることができ、現役合格に向けて、計画的で効果の高い学習が可能となります。

教員の星の特長
+ 教員の星の特長
教員採用試験チャレンジ集団

「教員採用試験対策は団体戦である」という考えのもと、本学学生が一致団結して、教員採用試験にチャレンジします。メンバーは、教員採用試験を受験する全学部生が対象。在学中に採用試験に不合格であった場合でも、卒業後の対策について継続してさまざまな支援及び指導が受けられます。

教員採用試験チャレンジ集団
全員合格を目指すプログラム

メンバー全員に会員証を発行し、1年次より教員採用試験にチャレンジすることを意識づけします。そして、1年次から4年次の2次試験合格まで、教師としての資質能力の向上、教員採用試験に合格し得る学力の修得、受験に向けた情報提供、指導を行い、メンバー全員の公立学校教員採用試験合格を目標として活動します。

全員合格を目指すプログラム
4年間を通した徹底指導

4年間32ヶ月197回のプログラムです

4年間を通した徹底指導

※3年次より、教員採用試験対策の対外模試を全6回受験し、その都度メンバーとの面談を行いながら、学習指導、受験指導を徹底していきます。

4年間を通した徹底指導
実践を通して身につく教員力

ボランティア活動や、梅光学院幼稚園、梅光学院中学校・高等学校で、幼児・児童・生徒と触れ合う機会などを設け、教員としての資質向上を図ります。また、宿泊を含む教職合宿を通して、知識だけでなくチームとして働ける教育者としての資質を養う環境を用意しています。

実践を通して身につく教員力
インハウス・ダブルスクール
+ インハウス・ダブルスクール

現役で合格する学生にとっては今や当たり前の
Wスクール= “受験予備校通い”しなくて良い!

教員採用試験対策には受験予備校に通って地域ごとの教員採用試験に合わせた受験対策をすることが一般的ですが、学生は時間や経済的負担を強いられます。そのため、何年も非常勤講師を続けながら受験する人もいます。それほど教員採用試験の現役合格は難しいのが現実です。「教員の星」は、梅光学院大学のキャンパス内で、受験対策のプロの講師が受験地域に合わせた受験対策を行うので、大学での教職課程の授業が終わったあとで、他の予備校に通う必要がありません。また、受講料は大手予備校に通学するよりも安価で経済的! 授業期間や回数も予備校に比べて2倍近く。受講生は、大学生活を最大限に利用して学習することが可能です。「教員の星」は、時間的・経済的負担を抑え、効率的な受験対策を可能にしています。

インハウス・ダブルスクール インハウス・ダブルスクール

新しい私を発見する船上プログラム
「梅旅」

「梅旅」は、1・2年生を対象とした船上合宿。参加する学生は、大学で充実した キャンパスライフを過ごしている上級生や就職活動を経験した4年生から、大学生活や就職活動に関するさまざまなアドバイスを受けたり、共に課題を解決していきます。自分自身を見つめ直し、成長することのできる参加者の満足度100%のプログラムです。
この旅の経験を通して、あなたも新しい自分を発見し、成長を実感することでしょう。

梅旅×私

梅旅×私
梅旅×私
 

リーダーシップやチームワークを
育む新入生サポートプログラム

新入生サポーター「Buchiサポ」。
“Buchi”は、“BAIKO GAKUIN UNIVERSITY shall be changed through inspiration.(梅光は学生とともに発展する)”のBAIKO, UNIVERSITY, changed, inspirationの頭文字に、地域の方言“ブチ”(非常に)をかけた造語です。
このプログラムでは、専門家の指導のもと、さまざまな研修を重ね、新入生オリエンテーション(梅光FMC in 西長門)の企画・運営から新入生の学校生活に関する相談対応までを学生自らが担います。
そして、学生達は「Buchiサポ」の活動を通じて、サポートスピリッツやリーダーシップ、チームワークを育み、大きく成長します。
なお、梅光学院大学では「Buchiサポ」のほか、学生たちによる様々なサポーター組織や学友会委員会、クラブ・サークルが存在し、学生が主役の学校づくりを進めています。さらに2017年度より「梅光学院大学学生リーダーズスクール(BGLES)」を立ち上げ、西日本から世界に翔たく異文化交流型リーダーシップ・プログラム「西日本リーダーズスクール(UNGL)」と連携。梅光の建学の理念を具現化すべく、地域や国際社会で活躍する人材のリーダーシップ養成を進めています。

「Buchiサポ」紹介動画はこちらから!

Buchi×私
UNGL

新入生サポーター制度
新入生が1日でも早く大学に慣れ、充実した学生生活を過ごせるように、在校生による「新入生サポーター制度」を設けています。入学して間もなく行われる学校内でのオリエンテーションや近隣リゾート施設での交流会を、新入生サポーター「Buchiサポ」の学生が主体的に企画・運営。本学には、学生生活や勉強のことなどについて入学後に上級生に気軽に相談できる環境と体制が整っています。

Buchi×私

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは、
2017年12月3日[日]
今シーズンのオープンキャンパスは
これが最後!
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1011アドミッションセンター

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ