新着情報

お知らせ

将来先生を目指す学生100名が「今後の英語教育」について学びました!

2019.11.26

2020年度から小学校でも英語が教科化される中、これまで以上に英語教育の低年齢化が進んでいくと考えられています。自治体によっては小学校の教員採用試験において英語力が問われるようになるなど、教員を目指す学生にとっても英語の力を身に付けておくことが求められるようになっています。
本学は「英語の梅光」として高い評価をいただいていますが、これまでも学内での英語教育はもちろんですが、全ての学生が参加可能な留学制度を導入する等、学部を問わず英語力の育成に取り組んできました。
thumbnail_IMG_0204こうした中、11月16日(土)、日本の英語教育、とりわけ欧米にもともとあった「フォニックス(英語のつづりと発音の関係の学習法)」を日本に定着させた第一人者であり、日本中の教育委員会や地方自治体から引っ張りだこの松香洋子先生に御出でいただき、梅光学院大学子ども学部の2年生約100名に向けて、「今後の英語教育」と題したご講演をいただきました。
thumbnail_IMG_0209thumbnail_IMG_0199講演の中では、将来、英語を子どもたちに教えることになる学生に向けて、“コミュニケーション能力”、“子どもの学び方”などについてお話をいただき、また学生自身も日常の授業の中で身に付けた英語表現の力を仲間の前で披露したりと、大変実践的でアクティブな内容となりました。また、講演の中では松香先生より、10項目に亘る「指導に必要な英語力」のチェックポイントをお示しいただき、学生が挙手をしながら自身の指導者としての英語力の到達レベルを改めて確認する機会ともなりました。
thumbnail_IMG_0202このように将来、教育者を目指す学生にとっては、大変意義のある充実した時間となったようです。
なお、梅光学院大学子ども学部子ども未来学科児童教育専攻では、来年度より新たに3コース(教育総合コース・子ども英語コース・子ども心理コース)の開設を予定しています。特に「子ども英語コース」では、教員免許取得課程をベースにして、英語の力を身に付けるコースといなっています。
将来、先生を目指す高校生のみなさん。
梅光で英語力をしっかりと身に付け、これから小学校の教育現場で求められる人材へと成長してくださいね!

梅光学院大学子ども学部についてはこちらよりご覧いただけます。
12月も開催!梅光のオープンキャンパス情報はこちらよりご覧いただけます。

 

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは
2020年11月29日[日]
※11/29参加受付終了しました
先着順・完全予約制
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

お友達紹介キャンペーン実施中

WEBオープンキャンパスも開催中!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1010入試広報部

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ