新着情報

教員養成

公立保育士採用試験等でも評価される「保育英語検定」に3名の学生が合格しました!

2017.12.26

本学では今年初めて保育英語検定試験を団体受験しました。保育英語検定は1級を最上級とする6段階。今回、本学からは2級に1名、3級に2名、合計3名が見事合格しました!合格者には、1年生も含まれています。

保育英語検定の合格者を対象に、公立保育士の優遇採用や合格級に応じた手当増額を開始した自治体もあり、英語で実務のできる保育士養成が期待されています。合格者のコメントをお届けします!

b私は今回保育英語検定の3級を受けました。高校時代から英語に興味はありましたが、英検と言えば英語を使って仕事をする人たちのための検定しかないと思っていました。ですが、今回保育士や幼稚園教諭のための英語検定があると知り、受験を決めました。難しい問題もありましたが、覚えたら実践ですぐに使えそうなものもありました。3級に合格して、将来の職場の選択肢を増やすことができたと思います。さらに上の級を目指して頑張ります!(Y.F.さん)

a

 

保育英検を受ける皆さんへ、 保育英検のレベルは5級から1級まであり、英語を難しいと思う人は5級から受けることができます。私は保育英検のテキストの勉強とリスニングの練習をしました。はじめ、自分のレベルが分からなかったのですが、先生からアドバイスを頂けたので、良い点数を取れたのだと思います。(A.N.さん)

 

c保育英語検定は私自身にとっても初めての試みでしたが、今回合格通知を頂くことができ、大変嬉しく思っています。次へ次へとさらなる向上を目指して今も頑張っています!高校生の皆さんへ。行動あるのみ!気になること、やってみたかったこと、色んなことに挑戦してみてください^^(S.K.さん)

 

2020年度から小学校で英語が教科化されることに伴い、小学校・幼稚園教員や保育士にも英語力が求められる時代がやってきました。梅光学院大学では、語学を専攻する学生に限らず希望者全員が留学できる制度を設けるなど、かねてから「本当の英語力」が身につく英語教育を全学的に展開してきました。また、海外教育ボランティア研修や児童英語教育の授業など、教育・保育に特化した英語教育も行っています!子ども学部の英語教育の取り組みについてはぜひ、こちらをご確認ください。


平成29年度公立幼稚園・保育所 教員・保育士採用試験現役合格者数
下関市5名、北九州市1名、山陽小野田市1名、宇部市1名、周南市1名、朝倉市1名

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは
2020年12月6日[日]
先着順・完全予約制
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

お友達紹介キャンペーン実施中

WEBオープンキャンパスも開催中!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1010入試広報部

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ