日本文学・文芸創作専攻

2018年度入学生までの日本文学・文芸創作専攻は、2019年度入学生以降、日本語・日本文化専攻に変わりました。
改編について詳しくはこちらから。

専攻の概要

いコミュニケーション力をもって、日本の文化・文学を界へ発信できる材を育てます

グローバル化が進む日本社会では、高いコミュニケーション力と共に、日本文化・文学をグローバルな視点で捉え、世の中へ発信する力がますます求められています。そのためには、日本で生きる私たち自身の日本語を読む・書く・話す・聞く力をより確かなものにしなければなりません。
本専攻では、日本語や日本文化を学び、確かなコミュニケーション力と発信する力へ結びつける多彩な教育プログラムを提供。日本語の力を大きく育て、コミュニケーション力を高め、豊富な語彙力、柔軟で創意工夫に満ちた発想力も養います。
さらに、伝統文化から現代文化、古典・近現代の文学作品や映画・マンガなどのポップカルチャーまで、多様な日本文化をグローバルな視点で学ぶことで、それを表現・発信する意欲する力を育みます。

Pick UP!カリキュラム
4年間の学び(モデルケース)

目標とする取得資格など

  • ●中学校教諭一種免許状(国語)
  • ●高等学校教諭一種免許状(国語)
  • ●日本語教員養成課程修了認定(梅光学院大学)
  • ●学校図書館司書教諭*
  • ●社会福祉主事任用資格

*子ども学部の学校図書館司書教諭養成課程を履修する必要があります。


目標とする職業・進路

教員、教育関係、観光、公務員、大学院進学

留学ホーダイ

世界を見て、日本を知る!希望者全員参加型留学プログラム

本学では、日本語・日本文化専攻であっても海外留学に参加することができます。
日本文化や日本文学を世界に発信するための語学力を鍛えながら世界を知ることで、日本への理解をより一層深めます。 (詳しくは留学・国際交流をご確認ください)

留学を通して語学力と積極性が向上

日本文学・文芸創作専攻 3年
佐賀県 神埼高等学校出身

香月 侑さん

大学に入学する前から、海外留学を経験したいと思い梅光に進学。
1年次にフィリピンのエンデラン大学に1カ月留学しました。授業は午前と午後の2部で構成され、マンツーマンと集団討論を軸とした授業を受講。休日はショッピングモールへ出掛けるなど自由に過ごしました。
学内で開かれたイベントで、日本や各国から来た学生達と交流したことも印象に残っています。
帰国後、困っている外国人を見ると積極的に話しかけるようになり、フィリピン留学は語学力の向上だけでなく自分自身の積極性も養うことができました。

画像:香月 侑さん

画像:香月 侑さん

梅光に入学して視野が格段に広がりました

文学部 人文学科  日本文学・文芸創作専攻 4年
福岡県 門司学園高等学校出身

安本 桃華さん

国語の教員免許が取得でき、日本語について学べることから梅光を選択しました。入学後は、希望者全員参加型の海外留学制度を利用し、フィリピン(セブ島)で約1カ月間の留学を経験。英語力の向上はもちろん、英語との比較を通じて日本語への理解をより深めることができました。また、「関門学」の授業はとても印象に残っています。生まれ育った関門地域について、古代から幕末までの歴史的な背景を読み解くことで魅力を再発見し、より身近に感じることができるようになりました。将来の夢がすでに決まっている人はもちろん、大学に入学してから興味があるものを見つけたい人にもおすすめの大学です。

画像:安本 桃華さん

画像:安本 桃華さん

※専攻は、旧専攻の名称です。

Pick UP!カリキュラム

アニメ文化論

アニメ作品の鑑賞の方法を学び、批評やアニメ原作の制作を行う

アニメ文化論

世界的な人気を誇る日本のアニメについて、他者に対して批評として語れるようになることを目標とした授業です。時代との関連付けや作家性を見抜く鑑賞の方法などを学んだ上で、実際にアニメ作品の批評やアニメ原作の制作を行います。

Pick UP!カリキュラム

メディア論

メディアの歴史と役割を知り、新たなメディアの創出・運営を体験

メディア論

これまでの主要メディアであった新聞、雑誌、ラジオ、テレビに加えて、インターネットをベースとしたソーシャルメディア(SNS)が大きく台頭する情報社会の昨今。メディアを取り巻く現状と環境は日々変化と進化を遂げています。
「メディア論」では、メディアリテラシーについて理解を深めるとともに、SNSの実用的な使い方、社会における活用法(ビジネス的な側面、社会課題を解決する観点)を理解していきます。

Pick UP!カリキュラム

関門フィールドワーク

関門地域をテーマに沿って調査し、隠れた魅力を発掘

関門フィールドワーク

一つの大きなテーマを掲げ、それに沿った学外現地調査(フィールドワーク)を行います。扱うのは、大河ドラマの舞台として何度も取り上げられてきた関門地域で、注目を浴び続けながらもその魅力はいまだ汲みつくされていません。歴史と文化のるつぼである関門地域の隠れた魅力を再発見し、新たな観光資源として提案をします。

Pick UP!カリキュラム

言語文化論

日本語の中にあるバリエーションを考察し、その背景を考える

言語には、その言語を使用する集団のものの見方やとらえ方・価値観が反映され、言語を用いたコミュニケーションは、社会的な慣習や共有された知識に基づいて行われています。本授業では、コミュケーションの場にあらわれる言葉の性差、世代差、地域差などの問題を見ていき、日本語の中にあるバリエーションを客観的にとらえ、その背景を考えていきます。

Pick UP!カリキュラム

日本文学史

年表だけではわからない作家や作品の裏側を知る

文学史というと、年表を暗記するようなイメージを持っている人も多いと思います。日本文学史は年表だけではわからない、作家にまつわるエピソードや作品誕生の裏話など、思わずうなずいてしまうような話を数多く織り混ぜた授業です。
作家たちは、文学史に名前を残すような作品を書くために大変な思いをして作品に命を吹き込みました。
皆さんも作者の思いにたって文学作品を鑑賞してみませんか。

Pick UP!カリキュラム

現代語の文法

「学校文法」を確認し、現代日本語の文法を考える

品詞や活用、文の組み立てなど、小学校から高等学校までの「国語」で学ぶいわゆる学校文法について確認すると同時に、そのメリットと問題点を探ります。そして、日本語を母語としない人々を対象とした日本語教育の立場からの研究成果を参照しながら、現代日本語の文法を考えます。

Pick UP!カリキュラム

文学作品研究

作品の背景を読み解き、感性と想像力を磨く

古典から現代までの各時代の代表的な文学作品を取り扱う授業です。取り上げた作品の背景となった歴史や風土を読み解くことで、各時代の文学がどのようなものだったのかを理解し、豊かな感性と想像力を磨きます。

4年間の学び[モデルケース]

梅光BASISなどで大学の学びの基礎を身につけるとともに、英語・情報機器の操作など、基礎的な教養科目を修得します。

文学教材読解漢文教材読解など、教科の力をつける授業の複数開講と併せ、教職課程の科目である教育方法論教育心理学国語科教育法Ⅰがスタートします。 教壇に立つ際の心の準備が必要となる科目群が多数開講されます。

教科の専門的な授業が複数開講されます。国語科教育法Ⅱ・Ⅲのほか、特別活動論生徒・進路指導論道徳の指導法教育相談など、現場で必要となる具体的で実践的な演習の科目を選択して受講します。
学びの総まとめとして教育実習に行きます。実習前後には教職実践演習など、学びを振り返り、理解を深め、現場での実践力をさらに高める授業があります。夏の教員採用試験合格を目指し、仲間と励まし合いながら集中的に勉強します。
秋本 剛輝さん

[就職先]山口県 中学校教員(国語)

日本文学・文芸創作専攻
2020年3月卒業
山口県 下関中等教育学校出身

秋本 剛輝さん

教員を目指して入学後、教職とは直接関係ない資格や講義も受講。それらが就職活動にも役に立つことがありました。自分の知見を広げるチャンスはあらゆる場所に転がっているので、学生時代は様々なことに取り組んでみることも大切だと思います。

篠田 凪沙さん

[就職先]山口県 中学校教員(国語)

日本文学・文芸創作専攻
2020年3月卒業
山口県 サビエル高等学校出身

篠田 凪沙さん

同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しながら勉強し、梅光で「日本語教員養成課程」を修了。
進路に対するサポートも手厚く、教員採用試験では、昨今増加傾向にある外国籍の生徒にも対応可能であることをアピールできました。

栢 凌さん

[就職先]宇部市役所

日本文学・文芸創作専攻
2020年3月卒業
山口県 サビエル高等学校出身

栢 凌さん

公務員試験の面接では、取得した資格に関わる質問を多くしてくださる場面があり、梅光で学んだことは、就職活動の際にも役に立ったことが多いと感じています。梅光で貪欲に色々なことに挑戦し、就職の際には「良い人材が来た」と思われるような人を目指してください。

※専攻は、旧専攻の名称です。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは
2020年10月25日[日]
先着順・完全予約制
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

お友達紹介キャンペーン実施中

WEBオープンキャンパスも開催中!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1010入試広報部

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ