国際ビジネスコミュニケーション専攻

専攻の概要

実践的な英語力とビジネスセンスを磨き世界の舞台へ送り出します
ボーダーレス化が進展し続ける国際社会を舞台に、英語を駆使して活躍するビジネスパーソンを目指します。
授業は実践に即して行われ、観光・旅行・ホテル業界で必要とされる高度な英語運用能力やビジネスマナーを身につけていきます。
併せて、グローバルに活躍するビジネスパーソンとして必要不可欠な情報リテラシーや国際理解のための知識も修得します。
Pick UP!カリキュラム
4年間の学び(モデルケース)

目標とする取得資格など

  • ●TOEIC®730点以上
  • ●日本語教員養成課程修了認定(梅光学院大学)
  • ●社会福祉主事任用資格

目標とする職業・進路

エアライン、ホテル、旅行、観光、貿易、グローバル企業、金融、保険、NGO、留学・大学院進学

留学ホーダイ

国際社会で必要な英語力は希望者全員参加型留学プログラムで伸ばそう!

国際ビジネスコミュニケーション専攻では、語学力や目的に応じて留学先を選ぶことができます。以下のプログラムは選抜や人数制限がなく、希望すれば全員が参加することができます。
(詳しくは留学・国際交流をご確認ください)

  • マンツーマンレッスンで英語の基礎力を身につける!
    セブ島・パナイ島・マニラ 語学・文化研修
  • ホームステイで英語での日常会話にふれる!
    オーストラリア 語学・文化研修
  • マレーシアの名門大学で世界各国の学生とともに学ぶ!
    INTIインターナショナル大学 語学・文化研修

※国際ビジネスコミュニケーション専攻では、「中国語・文化研修」「韓国語・文化研修」「国際ビジネス 実習」なども希望者全員参加型です。また、選抜試験に合格すれば「バレンシア国際カレッジプログラ ムwith Disney」、国際教養・専門留学(3rd step)にも参加できます。

生きた英語に触れられる授業が魅力

文学部 人文学科
国際ビジネスコミュニケーション専攻 4年
山口県 小野田高等学校出身

千々松 捺花さん

希望者全員が参加できる海外留学制度に魅力を感じ、梅光を志望しました。 1年次にフィリピン、2年次にはオーストラリアでの語学留学を経験し、帰国後はTOEIC®のスコアがアップ。もちろん学内でも英語力を高める環境が整っています。 ネイティヴの先生による「Listening & Reading」「Speaking」 「Writing」の授業は全て英語で行われるため、生きた英語に触れられます。アメリカ英語とイギリス英語の両方を学べたのも嬉しかったです。将来は、ホテルや旅行代理店などグローバルに活躍できる業界を目指しています。梅光で培った英語力、留学で身につけた異文化コミュニケーション能力と広い視野で、充実したサービスを提供したいと考えています。

画像:千々松 捺花さん

画像:千々松 捺花さん

Pick UP!カリキュラム

国際ビジネスコミュニケーション専攻入門

教育連携協定を締結しているANAの
現役キャビンアテンダント講師や企業経営者など、
社会の第一線で活躍する講師陣が、国際ビジネスの“今”を伝える

ANAの現役キャビンアテンダント講師


グローバル社会で求められる基本的な事柄や国際感覚について、本学への留学生を交えたディスカッションや講義を通じて学んでいきます。また、様々な業界で活躍する人材を講師に迎えて、グローバル社会における日本企業の現状や課題などについて学びます。

Pick UP!カリキュラム

国際ビジネス実習(エアライン)

海外で、エアライン業務を学ぶ

外資系航空会社で開講されるキャビンアテンダント養成講座に参加します。 プログラムの内容は、ウォーキング・メイクなどCAとしての自己表現方法、機内サービス実習、制服着用体験など、海外エアライン業界の基礎的知識の修得から実践的な研修まで豊富な経験を積むことができます。これらのプログラムを通じて、インターナショナルなエアラインの知識と経験の修得を目指します。

海外エアライン実習レポートはこちら別ウインドウで開きます

エアライン体験実習レポートはこちら別ウインドウで開きます

Pick UP!カリキュラム

ホスピタリティ論

ビジネスの基本「おもてなしの心」を学ぶ

日本人が昔から大切にしてきたおもてなしの心を学び、ビジネス実習やインターンシップといった実践の場につなげるための授業です。いかに顧客の満足度を高めるかというところにビジネスの基本を見出し、ケーススタディーを用いて相手の立場に立ち、相手に喜んでもらえるような対応を学びます。

Pick UP!カリキュラム

ビジネス・イングリッシュⅠ・Ⅱ

ビジネスで通用する英語運用スキルを身につける

ビジネス・シーンでは、日本語での会話と同様、英会話においても相手に失礼のないよう丁寧な表現を使うことが求められます。この授業では、初対面や電話応対、交渉といったフォーマルな場面で適切かつ積極的にコミュニケーションを行うための英語力を身につけます。

Pick UP!カリキュラム

インバウンド入門

外国人観光客増加の背景や、課題・改善策を考える

近年、日本を訪れる外国人が増えているというニュースを耳にしたことのある人がいるかもしれません。こうした外国人による訪日旅行はインバウンドと呼ばれ、この授業ではインバウンド観光客が増えている背景や、インバウンド対応の課題・改善策を考えます。

Pick UP!カリキュラム

国際ビジネス実習(ホテル・旅行)

実務体験を通し、業界についての理解を深める

ホテル業務実地体験は海外のホテルで展開しています。ベルデスク・ゲスト誘導・ベッドメイキング・部屋掃除・フロントデスク業務のアシスタントなど、ホテル業務全般について体験します。旅行業務については、海外の旅行会社で予約、手配、企画、マーケティング、顧客対応のアシスタントなど、旅行業務全般についての就労体験をします。尚、いずれも実地体験前後の授業では、業界の基礎知識や心構えなどを学びます。

4年間の学び(モデルケース)

国際ビジネスコミュニケーション専攻入門で現代のビジネスのあり方を学びます。 世界のビジネス環境は国際化が進み、日本も世界に目を向けなければならない時代になっており、英語は現代ビジネスの必須アイテムです。 質・量ともに優れたカリキュラムで英語力を鍛えます。
国際的なビジネスに関わるなら、日本の文化や異文化間のコミュニケーションのあり方を学ぶことが不可欠です。今、最も世界から注目されている市場と言われるアジアの経済やビジネスのあり方を学びます。さらに、専攻専門科目でビジネスにおけるホスピタリティや国際ビジネスの基本を身につけます。
ビジネス英語やツーリズム業界などの基本を学びます。
その後、国内外でのインターンシップや実習など、現場に出てビジネスのあり方を体感します。共通専門科目群には、世界の経済、ビジネス、文化に関する授業があり、ビジネスパーソンになるための土台作りに必要なことを学びます。
3年次までの学びを土台に、ビジネスに関する研究テーマを設定して追求します。
就職活動がピークを迎えるのもこの時期です。エアライン業界・商社をはじめ、国際舞台で活躍できる職場はたくさんあります。
これまでの学びを活かした仕事にトライしてみましょう。4年次の最後まで生きた英語の修得を目指します。
[就職先] ホテルニューアワジ
国際ビジネスコミュニケーション専攻 2019年3月卒業
山口県 宇部中央高等学校出身

細田 鼓美さん

国際ビジネス実習に参加し、マレーシアのホテルでフロント補助業務を体験しました。留学や授業で学んだ英語の腕試しができたことはもちろん、将来の夢に向けて大きな一歩を踏み出すことができ、第一志望のホテルから内定をいただきました。

[就職先] ANA沖縄空港
国際ビジネスコミュニケーション専攻 2019年3月卒業
山口県 宇部フロンティア大学付属香川高等学校出身

三浦 了芽子さん

1年次のフィリピン留学では英語の基礎力を底上げ。学内では、ネイティヴスピーカーの先生からの直接指導で、日常会話だけでなくビジネス英語も学びました。そして、3年次からは本格的にエアライン業界就職に向けての対策をスタート。ANAエアラインスクール学内講座やANA空港実務体験では、エアライン業界で求められる身だしなみや言葉遣いなどを学びました。また、キャリア・デザインの授業では、採用試験本番を意識した面接・グループディスカッション練習を繰り返し経験したことで、自信をもって就職活動に臨むことができました。

[就職先] 楽天銀行
国際ビジネスコミュニケーション専攻 2019年3月卒業
山口県 厚狭高等学校出身

藤原 舞さん

英語を実践的に学ぶために、希望者全員留学制度のある梅光学院を選びました。1年次にセブ島へ1カ月、2年次にオーストラリアへ1カ月、3年次には、世界から学生が集まるマレーシアの名門大学、INTIインターナショナル大学に2カ月留学。3回の留学経験は、語学力を想像以上に伸ばしてくれただけでなく、就職活動の際、面接官の方に興味を持っていただくきっかけにもなりました。また、ヘア・メイク講座、履歴書添削、模擬面接など、梅光は就活のサポートも手厚く、自信をもって就職活動に臨むことができました。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは、
2019年12月8日[日]開催!
ご参加をお待ちしています。
来て!見て!交流してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

お友達紹介キャンペーン実施中

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1011アドミッションセンター

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ