文学部人文学科

地域と世界をつなぐ世界へ羽ばたく人材を育成

文学部人文学科では、文学・文化・言語を、さまざまな実習や留学体験を通して学びます。
文学は、人を知るための基本となる学問です。背景となる文化、人と人との関係を築くための言語。
総合して学ぶことで、将来に生かせる社会人基礎力を身につけます。
社会、そして世界で幅広く活躍できる人材の育成を目指します。

人文学科の学びとは

人間力を磨き専門性を高める学びのスタイル。

未来の基礎を作るプログラム「梅光コモンズ」

キリスト教精神に基づいた社会奉仕と社会参加を通して、自己の生き方を見つめることができる。

  • 平安 大樹さん

    古典から近現代の文学まで、日本文学を深く学んでいます。沖縄県からの進学でしたが、教職員の方々が親身になってくれるので不安はほとんどありません!

  • 友光 瑠伽さん

    ネイティヴの先生による
    オールイングリッシュの授業は実践的!
     
    セブ島、オーストラリアでの留学も経験しました。

  • 沈 玗彬さん

    1年次はフィリピン、2年次はオーストラリア、そして3年次には梅光が提携する海外の大学へ留学。夢は客室乗務員。梅光のプログラムが、夢の実現を支えてくれます。

  • 京極 玲奈 さん

    2年次に半年間、韓国に留学。
    韓国語能力試験4級から
    最上級の6級に上がりました!
    勉強する環境は最高です。

  • アドミッションポリシー
  • カリキュラムポリシー
  • 専任教員紹介
  • 留学ホーダイ

入学時に求める能力・適性・関心・意欲

アドミッションポリシー

  1. キリスト教に出会い、「生きる力」を養いたい人
  2. 日本の文学・文化を学んで、卒業後の仕事に活かしたい人
  3. 日本語・日本文学の学びを生かして、創作活動をしたい人
  4. 地域の文化や歴史を学んで、地域で活躍したい人
  5. 英語や世界の文化を学んで、卒業後の仕事に活かしたい人
  6. 英語力を生かして、ビジネスの世界や国際交流の場で活躍したい人
  7. 中国語・韓国語と東アジアの文化を学び、地域間の交流やビジネスの世界で活躍したい人

カリキュラムポリシー

文学部人文学科のカリキュラムは、教養教育専門教育から構成されています。
教養教育には、聖書の学びを土台にした「梅光コモンズ」科目群が設置されています。これらは、自己を見つめ、仲間とのつながりを確認するプログラムを通じて、主体的な学びの方法を修得し、自己の将来を思い描くことに目標を定めた教育内容です。
専門教育には、「共通専門」科目群と4専攻の「専攻専門」科目群が設置されています。
多様な専門科目を配置した「共通専門」科目群では、専門分野での学びをさらに幅広い視野で学べることが特徴です。また、カリキュラムは、総合的にキャリア(就職)につながることを意識し、知識伝達型授業・実践的トレーニング重視の授業・実体験重視の授業等をバランスよく配置しています。

ディプロマポリシー

強くしなやかな精神と新しい世界を切り拓く能力を、他者のために用いることのできる人間を育成するため、所定の期間在学し、教養、コミュニケーション能力、デザイン力、国際性、並びに所属学部において定める専門性と学識を身につけ、所定の単位を修得し学部規程に定める試験に合格した学生に学位を授与します。

  1. 教養…体験や学びを通して幅広い知識を有している。広い視野に立ちバランスの取れた思考や判断ができる。その経験を基にして、多様な価値観を認めることができる。
  2. コミュニケーション能力…外国語を含めて他者と意思疎通ができる。他者を大切に思うことができる。その経験を基にして、社会に対して主体的に行動できる。
  3. デザイン力…問題を発見することができる。自由に発想することができる。解決の道筋をつくることができる。その経験を基にして、他者のために働くことができる。
  4. 国際性…自分の文化を理解できる。異なる文化を理解できる。文化を超えて交流できる。その経験を基にして、社会に貢献できる。
  5. 専門性と学識…専門分野における知識を有している。本質を見極め柔軟に思考できる。問題解決のために客観的に俯瞰思考ができる。その経験を基にして、自分を生かすことができる。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは
2020年11月15日[日]
先着順・完全予約制
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

お友達紹介キャンペーン実施中

WEBオープンキャンパスも開催中!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1010入試広報部

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ