児童教育専攻

専攻の概要

かな知識・技能を基盤に、子どもの個性をばせる小学校員を育てます

主に小学校教員を目指す人のための専攻です。
社会や児童の“これまで”と“これから”を見通し、児童の“今”に必要な知識・技能などを着実に培い、個性を引き出して伸ばす教師へと育てます。
同時に、児童の「おもしろい」「なぜ」「なるほど」や「わかった」「できた」を促す授業を修得できます。
また、小学校教諭一種免許に併せ、学校図書館司書教諭資格を取得することができるのも本学の魅力の1つです。

今の教育現場が抱える課題や新たな人材需要に対応する3コース今の教育現場が抱える課題や新たな人材需要に対応する3コース

教育総合コース/これまでの児童教育専攻のカリキュラムをより充実させたコースで、学びの自由度の高さが魅力です。
            現場で求められる教師力を総合的に身につけ、即戦力の人材を育てます。
子ども英語コース/2020年度から本格的にはじまる小学校英語教科化に対応するため、教育現場で必要とされる英語力を備えた教員を養成します。今後の現場でスタンダードとなる英語力を高い次元で身につけます。※2年次に半年間の語学留学が必修となります。
子ども心理コース/心理学を学び、課題やニーズを抱えた子どもを支援する力や学級経営力を身につけます。
            そして、心理学の学びを通して、様々な子どもの個性やニーズを尊重する視野の広い教員を養成します。

※児童教育専攻の3コースは構想中

Pick UP!カリキュラム
4年間の学び(モデルケース)

目標とする取得資格など

  • ●小学校教諭一種免許状
  • ●幼稚園教諭一種免許状*
  • ●保育士資格*
  • ●中学校教諭一種免許状(国語)*
  • ●中学校教諭一種免許状(英語)*
  • ●学校図書館司書教諭
  • ●児童指導員任用資格
  • ●社会福祉主事任用資格

*中学校教諭一種免許状取得に必要な文学部の教職課程を履修する必要があります。また、取得を目指せる免許状は、国語もしくは英語いずれか一つの免許状に限ります。なお、中学校教諭一種免許状(国語)の取得は、「教育総合コース」に限ります。また、「心理コース」の場合、中学校教諭一種免許状は取得できません。
*幼稚園教諭一種免許状、保育士資格の取得は、「教育総合コース」に限ります。

目標とする職業・進路

小学校教員、幼稚園教員、公務員、教育関係、一般企業

同じ夢を持つ仲間と学ぶことで夢の実現に近づく

児童教育専攻 4年
福岡県 敬愛高等学校出身

真浦 幸音さん

1年次から「フィールドワーク」で実際の教育現場へ行くことや、「指導法」の授業、「模擬授業」などを通して、小学校の教員になるという意識がより強くなり、技術面を高めることにもつながりました。
また、同じ夢を持つ仲間と学ぶことも相乗効果につながっていると思います。
梅光は先生と学生との距離が近く、自分次第で挑戦できる機会が多くあります。

画像:真浦 幸音さん

画像:真浦 幸音さん

Pick UP!カリキュラム

各科目の指導法

教育実習に向けて多くのヒントを得られる体験型模擬授業

画像:各科目の指導法

小学校での教育実習を見据え、模擬授業を行います。学生一人ひとりが教材の選択、学習指導案や副教材、教具の作成を行い、板書計画のもとに模擬授業を進めます。
授業者と児童役の2つの立場から参加することで、実際に授業を行う上でのヒントをたくさん得ることができ、豊かな学びにつながります。

Pick UP!カリキュラム

子ども英語

幼児・児童に英語を指導できる力を養う

画像:子ども英語

梅光イングリッシュ(小学生の英語教室)で、実際の授業を体感するなど、英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)についてバランスのとれた習得法を学び、幼児・児童に英語を教えるために必要な基礎力を身につけます。
歌やチャンツに適したジェスチャーや絵などの教材作りも行います。

Pick UP!カリキュラム

学校教育研究

アドベンチャー教育を通して学びの環境の創り方を学ぶ

画像:学校教育研究

安心感と信頼関係を築くことはグループ(学級)においてとても重要であり、学校という学びの場を心理面、社会心理面から検証し、アドベンチャー教育(体験学習)の手法を用いて学習者が安心して学びを促進していける環境を創るためのファシリテーションを身につける授業です。
学校という環境の中で学びの共同体を築いていくプロセスをグループワークを通して理解し、実践法を身につけます。

Pick UP!カリキュラム

総合的な学習及び特別活動の指導法

子ども同士がつながった居場所のある学級づくりを学ぶ

画像:総合的な学習及び特別活動の指導法

先生と子ども、子どもと子どもの信頼関係を築くために大きな役割を果たす特別活動。 学習指導要領や様々な事例、模擬授業などを通して楽しい学級、居場所のある温かい学級づくりのために教師としてどのようなスキルが必要かを考えます。 特別活動や総合的な学習に対する理解と実践力を身につけた教師になれるよう学んでいきます。

Pick UP!カリキュラム

教育心理学

子どもの育ちや教育実践を支える心理学的な知識を学ぶ

画像:教育心理学

子どもの育ちや教育実践を支える心理学的な知識を学びます。
こうした学びを通じて、児童生徒の立場だけではなく、教育者の立場からの理解を深め、教育現場での実践力を育みます。

各自治体の教育委員会主催プログラムへの
参加機会も充実しています

画像:人材育成プログラム

児童教育専攻の学生の多くが、「北九州教師養成みらい塾」や「山口県教師力プログラム」など、各自治体が将来の教育を担う人材を早期から育成するプログラムに参加しており、授業づくりのポイントや目指すべき教師像などについて、講義と実践を通して学んでいます。
特に、「北九州教師養成みらい塾」は本学キャンパスでの出張講座も開講されています。(福岡県以外の大学では唯一の開講)

4年間の学び(モデルケース)

子どもたちの未来を幸せなものにしていくために何ができるかを考え、子ども未来学の基礎的な考え方を身につけます。教育原理教職論の授業を通して、教育とは何か教員とはどのような仕事なのかを学びます。
後期から始まるフィールドワーク*では、小学校の現場でボランティア活動をすることによって、子どもたちや先生方と直に触れ合い、将来への目的意識や職業意識を高めていきます。
*英語コースのみ2年次に実施されます。
各教科の内容と指導法について学び、指導案を作成します。模擬授業を繰り返すことによって、小学校の教員に求められる確かな知識と授業力を修得します。
教育方法と技術では、教材、指導技術、学習形態の工夫や具体的な授業展開ができる実践力、教師としてのスキルを身につけます。
学校教育研究では、アドベンチャー教育を通して、学ぶ環境づくりの実践法を身につけます。後期には小学校で教育実習を行い、今までの学びの成果を確認すると同時に自己の課題を発見します。
また、梅光プロジェクトⅢ・Ⅳでは、PBL型授業を通じて幅広い社会的課題に向き合い、課題解決能力を身につけます。
教育実習での振り返りをもとに、より実践的な授業力を身につけていくために、教科教育研究では、教材研究を深めます。
特に、中学校の教員免許の取得を希望する者は、文学部の科目を並行して履修することによって、国語・英語の教材研究・開発力を修得します。また、4年間の学びの集大成として、梅光プロジェクトⅤ・Ⅵでは、アクティブラーニングを活かした研究活動を通して、子どもの未来を幸せなものにするために自分自身ができることを明らかにしていきます。

※上記は2020年4月現在の予定であり、変更となる場合があります。

画像:中村 友紀さん
[就職先]北九州市 小学校教員
子ども学部子ども未来学科
2020年3月卒業
福岡県 小倉西高等学校出身

中村 友紀さん

教育研修でシドニーやフィリピンに行ったことで、なりたい教師像や夢を明確に持ち、採用試験の勉強に集中して取り組めました。模擬面接などの練習は何度も先生方に対応いただき、的確なアドバイスをくださったので安心して試験に臨むことができたと思います。また、同じ目標を持つ仲間との会話や情報交換も大事にしました。
4年次は採用試験の対応に追われてしまうので、それまでに海外経験や資格取得、友達と楽しい思い出をつくるなど、梅光で大学生活を充実させてください。

画像:村田 直樹さん
[就職先]山口県 小学校教員
子ども学部子ども未来学科
2020年3月卒業
山口県 宇部フロンティア大学付属香川高等学校出身

村田 直樹さん

小学校教員免許と幼稚園・保育士免許が取得できることに魅力を感じ、梅光に進学。
1年次の「ボランティア実習」で子どもたちの思考を揺さぶりながら、考え方を引き出していく難しさを体験しながらも、子どもたちから「ありがとう」と言われたことで、小学校の教員になると決意しました。
学校体験制度や教育実習などで実際の学級経営の方法や児童への対応を身をもって学んだことが採用試験で役立ちました。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは
2020年11月15日[日]
先着順・完全予約制
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

お友達紹介キャンペーン実施中

WEBオープンキャンパスも開催中!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1010入試広報部

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ