児童教育専攻

専攻の概要

確かな知識・技能を基盤に、子どもの個性を伸ばせる小学校教員を育てます。

主として小学校教員を目指す人のための専攻です。社会や児童の“これまで”と“これから”を見通し、児童の“今”に必要な知識・技能などを着実に培い、個性を引き出して伸ばす教師へと育てます。同時に、児童の「おもしろい」や「なぜ」、「なるほど」や「わかった」、「できた」を促す授業技術を習得できます。
また、小学校教諭一種免許に併せ、学校図書館司書教諭資格を取得することができるのも本学ならではです。

Pick UP!カリキュラム
4年間の学び(モデルケース)

卒業時に目指す人材像・方針

ディプロマポリシー

  1. 1 資質/子どもの成長を信じ、子どもの未来のために奉仕する心を身につけている。
  2. 2 知識/子どもや子どもを取りまく環境・社会と、子どもに与えるべき教育内容や方法について、広く深い知識を習得している。
  3. 3 技能/音楽、美術、文学などに親しみ、そこで培った感性や表現力を基に、豊かな人間関係を築くことができる。
  4. 4 現場力/職業人としての使命感・責任感を持って、子どもと子どもを取りまく環境・社会に働きかける力を身につけている。
  5. 5 研究/さまざまな領域から子どもについて理解を深め、子どもという窓から社会の課題を探究する態度と能力を身につけている。

目標とする取得資格など

  • ●小学校教諭一種免許状
  • ●幼稚園教諭一種免許状
  • ●児童指導員任用資格
  • ●学校図書館司書教諭資格
  • ●中学校教諭一種免許状(国語)※
  • ●中学校教諭一種免許状(英語)※
  • ●社会福祉主事任用資格

※中学校教諭一種免許状取得に必要な文学部の教職課程を履修する必要があります。

目標とする職業・進路

小学校教員、幼稚園教員、公務員、教育関係、一般企業

子どもの内面に目を向ける能力を養い、
子どもの心に寄り添える小学校教員を目指します

子ども学部 子ども未来学科 4年
山口県 豊浦高等学校出身

西谷 仁宏さん

梅光に入学した時の一番の印象は、先輩たちが優しいということ。私も2年次に新入生サポーター「Buchiサポ」に参加しました。後輩が一日でも早く大学生活に慣れるようサポートを行うなか、自分自身の成長も感じることができました。また、梅光では、小学校などの教育現場で実践的な経験を積める機会がたくさんあります。一つひとつの経験の積み重ねによって、子どもの内面に目を向ける能力を養い、子どもの心に寄り添える小学校教員を目指します。

Pick UP!カリキュラム

教職科目実習

教育実習に向けて多くのヒントを得られる体験型模擬授業

小学校での教育実習を見据え、国語科と算数科を中心に模擬授業を行う授業です。学生一人ひとりが教材の選択、学習指導案や副教材、教具の作成を行い、板書計画のもとに模擬授業を進めます。授業者として児童役として参加することで、実際に授業を行ううえでのヒントをたくさん得ることができ、豊かな学びにつながります。

Pick UP!カリキュラム

教育制度論

日本の教育制度を理解しこれからの在り方について考える

明治以降の日本の教育制度史を学ぶことを通して、現在の日本の教育制度がどのような理念に基づいて作られているのか、また、その課題はどこにあるのかについて理解します。その後、中教審等の議論や教育学の最前線の議論を紹介しながら、これからの教育制度の在り方について考えていきます。

Pick UP!カリキュラム

総合的な学習及び特別活動の指導法

子ども同士がつながった居場所のあるクラス

先生と子ども、子どもと子どもの信頼関係を築くために大きな役割を果たす特別活動。学習指導要領やさまざまな事例、模擬授業等を通して楽しい学級、居場所のある温かい学級づくりのために教師としてどのようなスキルが必要かを考えます。特別活動や総合的な学習に対する理解と実践力を身につけた教師になれるよう学んでいきます。

Pick UP!カリキュラム

子ども英語

幼児・児童に英語を指導できる力を養う

画像:子ども英語

梅光イングリッシュ(小学生の英語教室)で、実際の授業を体感するなど、英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)についてバランスのとれた習得法を学び、幼児・児童に英語を教えるために必要な基礎力を身につけます。歌やチャンツに適したジェスチャーや絵などの教材作りも行います。

Pick UP!カリキュラム

生徒・進路指導論

学校教育現場における諸問題を理解し、生徒指導や進路指導の知識を学ぶ

この授業では、生徒指導や進路指導に関する知識を幅広く学びます。いじめ、不登校、発達障害、児童虐待など、近年の学校教育現場における諸問題を理解し、児童生徒の発達や生活環境及び保護者の状況を理解した組織的支援ができるようになることを目指します。

Pick UP!カリキュラム

学校教育研究

アドベンチャー教育(体験学習)を通して
学びの環境の創り方を学ぶ

画像:学校教育研究

安心感と信頼関係を築くことはグループ(学級)においてとても重要であり、学校という学びの場を心理面、社会心理面から検証し、アドベンチャー教育(体験学習)の手法を用いて学習者が安心して学びを促進していける環境を創るためのファシリテーションを身につける授業です。学校という環境の中で学びの共同体を築いていくプロセスをグループワークを通して理解し、実践法を身につけます。

4年間の学び(モデルケース)

子どもたちの未来を幸せなものにしていくために何ができるのかを考える子ども未来学の基礎的な考え方を身につけます。また、教育原理教職論の授業を通して、「教育とは何か」、「教員とはどのような仕事なのか」を学んでいきます。後期から始まるフィールドワークでは、小学校の現場でボランティア活動をすることによって、子どもたちや先生方と直に触れ合い、将来への目的意識や職業意識を高めていきます。
各教科の内容と指導法について学び、指導案を作成し、模擬授業を繰り返すことによって、小学校の教員に求められる確かな知識と授業力を習得します。教育方法と技術では、教材、指導技術、学習形態の工夫や具体的な授業展開ができる実践力、教師としてのスキルを身につけます。また、フィールドワークでは、1年次に引き続き、現場体験を積み重ねていきます。
学校教育研究では、アドベンチャー教育を通して、学ぶ環境づくりの実践法を身につけます。後期には小学校で教育実習を行い、今までの学びの成果を確認すると同時に自己の課題を発見します。また、子ども未来学演習が始まり、自身の関心に基づいて、専門的な学びを深めていきます。
教育実習での振り返りをもとに、より実践的な授業力を身につけていくために、教科教育研究では、教材研究を深めていきます。特に、中学校の教員免許の取得を希望する者は、文学部の科目を並行して履修することによって、国語・英語の教材研究・開発力を習得します。また、4年間の学びの集大成として、子ども未来学演習では、卒業論文を作成することを通して、子どもの未来を幸せなものにするために自分自身ができることを明らかにしていきます。
画像:徳永さん
北九州市 小学校教員
子ども学部 子ども未来学科 2018年3月卒業
福岡県 小倉東高等学校出身

德永 龍也さん

小学校教諭+中学校教諭の
免許を取得!

小学校教諭に加えて中学校教諭(国語)の資格取得も目指しました。3年次には教員採用試験に向けて、予習や復習を欠かさず時間の許す限り勉強。授業中は最前列で受講し、自分から進んで全教科の模擬授業にトライしました。4年次には、自己PRや面接などの対策をスタート。面接や模擬授業の練習では、先生方が付きっきりで指導してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。これからは教員として、未来を担う子どもたちに責任を持って教えていきたいと思います。教員を目指すなら、「教員になりたい」という気持ちを持ち続け、日々の授業や実習に真剣に取り組むことがとても大切です。資格取得や教員採用試験対策が充実している梅光で、皆さんも学んでみませんか。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは、
2018年7月22日[日]開催!
ご参加をお待ちしています。
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1011アドミッションセンター

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ