児童教育専攻

専攻の概要

確かな知識・技能を基盤に、子どもの個性を伸ばせる小学校教員を育てます。

主として小学校教員を目指す人のための専攻です。社会や児童の“これまで”と“これから”を見通し、児童の“今”に必要な知識・技能などを着実に培い、個性を引き出して伸ばす教師へと育てます。同時に、児童の「おもしろい」や「なぜ」、「なるほど」や「わかった」、「できた」を促す授業技術を習得できます。
また、小学校教諭一種免許に併せ、学校図書館司書教諭資格を取得することができるのも本学ならではです。

Pick UP!カリキュラム
4年間の学び(モデルケース)

卒業時に目指す人材像・方針

ディプロマポリシー

  1. 1 資質/子どもの成長を信じ、子どもの未来のために奉仕する心を身につけている。
  2. 2 知識/子どもや子どもを取りまく環境・社会と、子どもに与えるべき教育内容や方法について、広く深い知識を習得している。
  3. 3 技能/音楽、美術、文学などに親しみ、そこで培った感性や表現力を基に、豊かな人間関係を築くことができる。
  4. 4 現場力/職業人としての使命感・責任感を持って、子どもと子どもを取りまく環境・社会に働きかける力を身につけている。
  5. 5 研究/さまざまな領域から子どもについて理解を深め、子どもという窓から社会の課題を探究する態度と能力を身につけている。

目標とする取得資格など

  • ●小学校教諭一種免許状
  • ●幼稚園教諭一種免許状
  • ●児童指導員任用資格
  • ●学校図書館司書教諭資格
  • ●社会福祉主事任用資格

目標とする職業・進路

小学校教員、幼稚園教員、公務員、教育関係、一般企業

多くの気づきが得られる実践的な経験の場と、
学びを共有できる友人と共に学べる恵まれた環境

子ども学部 子ども未来学科 4年
山口県 豊北高等学校出身

鯖屋 夏希さん

梅光では小学校などの教育現場で、実践的な経験を積める機会がたくさんあります。実際に子どもたちと関わるなかで、教員を目指す上で自分に足りないものを見つけることができました。また、自分自身の理想の教師像に向けて、より多くの学びを友人と共有できることも梅光の魅力です。教員との距離も近く、相談しやすい環境が整っています。今後は実践的な授業力の向上と、子ども一人ひとりに応じた支援について身につけたいと考えています。

Pick UP!カリキュラム

教育制度論

日本の教育制度を理解しこれからの在り方について考える

明治以降の日本の教育制度史を学ぶことを通して、現在の日本の教育制度がどのような理念に基づいて作られているのか、また、その課題はどこにあるのかについて理解します。その後、中教審等の議論や教育学の最前線の議論を紹介しながら、これからの教育制度の在り方について考えていきます。

Pick UP!カリキュラム

教職科目実習

教育実習に向けて多くのヒントを得られる体験型模擬授業

小学校での教育実習を見据え、国語科と算数科を中心に模擬授業を行う授業です。学生一人ひとりが教材の選択、学習指導案や副教材、教具の作成を行い、板書計画のもとに模擬授業を進めます。 授業者として児童役として参加することで、実際に授業を行ううえでのヒントをたくさん得ることができ、豊かな学びにつながります。

Pick UP!カリキュラム

特別活動の指導法

子ども同士がつながった居場所のあるクラス

先生と子ども、子どもと子どもの信頼関係を築くために大きな役割を果たす特別活動。学習指導要領やさまざまな事例、模擬授業等を通して楽しい学級、居場所のある温かい学級づくりのために教師としてどのようなスキルが必要か考えます。特別活動に対する理解と実践力を身につけた教師になれるよう学んでいきます。

Pick UP!カリキュラム

子ども未来学演習(ゼミ)

本格的なものづくり、演奏活動を通して、教員としての力量を身につける

一人一台、約8カ月をかけて、アスナロ、ヒノキなどの国産の木材をもとに、ギターを小さくしたような、四弦の弦楽器・バンドーラ(子どものための弦楽器)を制作します。この活動は、長野県の小学校で始まり、全国各地で30年以上にわたって行われています。完成後は、幼稚園や小学校、特別支援学校などで合奏を行います。さまざまな工具・道具を使って行う本格的なものづくりおよび演奏活動を通して、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭としての力量を身につけることを目指します。

Pick UP!カリキュラム

子どもと人権

「いじめ」「セクハラ」などの具体的事例を通して、人権を考える

私たち一人ひとりが国家の主権者であり、国家は国民の生命、自由、財産を守る義務があります。すべての人は平等に幸福になる権利をもっています。「人権」とは何か、なぜ「人権」を守らなくてはならないかを、「いじめ」「体罰」「虐待」「個人情報」「障碍者の人権」「セクハラ」「パワハラ」など、なるべく具体的な事例を通して考えていきます。


子ども未来会議について
(幼児保育専攻、児童教育専攻、共通)

子ども学部では、教員と学生が共に「子ども」に関わる研究や実践を発表し、そこから議論し合う「子ども未来会議」を毎年開催しています。教員にとっては、学生も含めた多くの人に自身の研究や実践を知ってもらい、その意義を皆で検討できる重要な機会となっています。また何より、学生にとっても、「子ども」を研究者として専門的に考える場となっており、「子ども」の専門家となる上で多くのヒントを得られる機会として位置づけられています。

4年間の学び(モデルケース)

子どもたちの未来を幸せなものにしていくために何ができるのかを考える子ども未来学の基礎的な考え方を身につけます。また、教育原理教職論の授業を通して、「教育とは何か」、「教員とはどのような仕事なのか」を学んでいきます。後期から始まるフィールドワークでは、小学校の現場でボランティア活動をすることによって、子どもたちや先生方と直に触れ合い、将来への目的意識や職業意識を高めていきます。
各教科の内容と指導法について学び、指導案を作成し模擬授業を繰り返すことによって、小学校の教員に求められる確かな知識と授業力を習得します。教育方法と技術では、教材、指導技術、学習形態の工夫や具体的な授業展開ができる実践力や、教師としてのスキルを身につけます。また、フィールドワークでは、1年次に引き続き、現場体験を積み重ねていきます。
学校教育研究では、いじめや不登校、道徳教育やキャリア教育など学校が直面している諸問題を取り上げ、学んでいきます。後期には小学校で教育実習を行い、今までの学びの成果を確認すると同時に自己の課題を発見します。また、子ども未来学演習が始まり、自身の関心に基づいて、専門的な学びを深めていきます。
教育実習での振り返りをもとに、より実践的な授業力を身につけていくために、教科教育研究では、教材研究を深めていきます。特に、中学校の教員免許の取得を希望する者は、文学部の科目を並行して履修することによって、国語・英語の高い教材研究・開発力を習得します。また、4年間の学びの集大成として、子ども未来学演習では、卒業論文を作成することを通して、子どもの未来を幸せなものにするために自分自身ができることを明らかにしていきます。
北九州市 小学校教員
子ども学部 子ども未来学科 2016年3月卒業
福岡県 戸畑高等学校出身

谷﨑 力也さん

小学校の教員になるという夢を叶えるために、梅光へ進学しました。1年次はフィールドワーク先の小学校に学生支援ボランティアとして訪問。下関市で行われている体験プログラムにもスタッフとして積極的に参加しました。2年次には、幼稚園実習も経験し、就学前段階の子どもの成長について知ることができました。3年次は大学祭の実行委員長を務めるなど、リーダーや指導者の立場での実践を積み、4年次には、授業研究や採用試験に向けて自己PR書の作成にも力を入れました。梅光にはユニークな先生や研究熱心な先生が多いのですが、教員採用試験対策についても丁寧に指導していただきました。今後は梅光での学びを生かし、仲間で協力してひとつのものを創りあげていくことの楽しさや充実感を、子どもたちに伝えていきたいと思います。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは、
2017年12月3日[日]
今シーズンのオープンキャンパスは
これが最後!
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1011アドミッションセンター

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ