子供の“今”と“未来”に応えられる教育者へ。

子ども学部子ども未来学科では地域や現代社会とのつながりや現場体験を通した独自のカリキュラムを導入。子どもの未来を見通し、全ての子どもを受け止め、共感できる人材の育成を目指しています。

子ども未来学科の学びとは

未来の基礎を作るプログラム「梅光コモンズ」

キリスト教精神に基づいた社会奉仕と社会参加を通して、自己の生き方を見つめることができる。

  • 井口 拓真さん

    子どもたちと直接関わることができる参加・実践型の授業を通して、本当のチカラが身につきます!

  • 伊勢崎 真子さん

    仲間とアイデアを出し合い、子どもを惹きつける遊びを考えて、イベントなどで発表。幼稚園教諭を目指します!

  • 小野 優一郎さん

    1年次から小学校で実習ができるフィールドワーク。経験を大事にして、小学校教員免許取得に向け学んでいます。

  • 岡村 菜央さん

    カンボジアでのボランティア実習に参加。保育の実態に触れ、自分ができることは何かを考える良い機会となりました。

英語力も問われる小学校教員採用!
本当の英語力が身につく梅光の英語教育

梅光には、充実した英語教育環境と、指導力養成の歴史・ノウハウがあります。

2020年からの英語の教科化に伴い、小学校教員の採用において英語力が評価対象となるなど、小学校の教員養成においても英語教育への取り組みが本格化します。つまり、こうした小学校の教育現場においても、英語力のある人材が求められる時代となっています。本学子ども学部では、このような時代の要請に応じて、英語力を養う取り組みを積極的に進めています。通常のカリキュラムにおいてはもちろんですが、語学留学制度やネイティヴスピーカー教員との交流、授業*など、約150年前に英語塾として開設した本学には、本当の英語力を身につけるノウハウが蓄積されています。

*他学部履修となります。

 

セブ島留学体験

※別途費用が掛かります。

子ども学部 子ども未来学科4年
山口県 豊浦高等学校出身 梶山 歩美さん

  • 梅光のセブ島留学は、子ども学部の学生でも参加できることが特長です。1カ月間の留学プログラムでは、英語を学ぶだけでなく、ボランティアで現地の子どもたちとの交流や、ゴミ山で生活する人々の様子を知る機会がありました。どちらの活動でも共通していたのは、子どもたちの笑顔が輝いていたこと。決して裕福とはいえない環境の下でも幸せに暮らす人々に出会えたのがとても印象的でした。同時に私たちの生活がどれだけ裕福で恵まれた環境なのかと感じ、感謝の気持ちが生まれました。将来、子どもたちに日本以外の国のことを伝えていけるような教員になりたいと思います。
 

海外教育ボランティア研修

※別途費用が掛かります。

 

  • 教員を目指す学生が、フィリピンの小学校・幼稚園視察や子どもとの交流を通して、教育を学ぶ10日間のツアーです。現地大学での英語レッスンに加え、教育学部の授業の体験聴講や、学部生との交流を実施。小学校・幼稚園での実習では、子どもたちとの体験交流を行い、現地の教育方法について学びました。
 
 

Pick UP!カリキュラム

児童英語教育

小学校で英語指導をするためのスキルを身につける、実践中心の授業

歌・チャンツ・絵本・会話表現・自己表現・フォニックスなど、あらゆる側面から英語指導を体験し、児童に言語の4技能[聞く・話す・読む・書く]をバランスよく習得させるためのスキルを身につける実践中心の授業です。全身を使って、さまざまな指導方法を実践することで、学生自身の英語への興味や関心も高まります。さらに英語が好きになり、指導を楽しめる教員・指導者を育成します。

4年間の実習スケジュール 4年間の実習スケジュール

1年次後期のフィールドワークは、保育所や幼稚園、小学校などにボランティアとして出かけていく授業です。直接子どもたちや先生方と触れ合い、現場を体験することによって、大学での学びを深め、社会的 基礎力を身につけます。実習後には報告会を実施し、学んだことや今後の課題について発表。2・3年次の学びや実習へとつなげていきます。4年次では、実習を通して、将来への目的意識や職業意識を高め、自ら考え行動できる力と社会で通用する実践力を養います。

教職夏合宿

教職夏合宿

十種ヶ峰青少年自然の家での「教職夏合宿」に、幼稚園、保育所、小学校、中学校、高校の先生を目指す約40名の学生が参加して仲間づくりの技術を学び、最後は命綱(安全装置付き)を仲間に託して空中高くを歩く「冒険」に挑戦。 「できなかったことも仲間の励ましと支えがあればできるようになる」ことを身をもって体験し、「集団の中で人を育てる」という先生の仕事の醍醐味を皆が深く理解しました。
人生という名の子どもたちの冒険を、しっかりと支えられる先生を育てることを目指しています。

 

教員採用実績

25
合格!

2017年度実績! 小中高の教員採用試験で

小学校17名、中学校(英語)3名、中学校(国語)3名、
高等学校(国語)2名 ★山口県、福岡県、北九州市、福岡市他
※過年度卒業生及び他学部生含む(2017年1月現在)

過去5年間の主な就職・進学先

《小学校》 福岡県内公立小学校、北九州市内公立小学校、山口県内公立小学校、下関市内公立小学校
《幼稚園・保育所》 下関市立幼稚園、山口市立幼稚園、山陽小野田市立保育園、山口市立保育園、北九州市立保育園、下関市立保育園、別府市立保育所、梅光学院幼稚園、各私立幼稚園、保育園 他
《公務員・一般企業・進学》 山口県警察、下関市役所、西京銀行、西中国信用金庫、JA下関、フジドリームエアラインズ、エスプリライン、ニチイ学館、丸久、梅光学院大学大学院他

 

山口県小学校 教員採用試験合格

子ども学部 子ども未来学科
2016年3月卒業
山口県
梅光女学院高等学校出身

國本 穂果さん

小学校教員という夢を叶えるために、少人数教育が特徴の梅光を選びました。先生と学生の距離が近く、先生には、実技指導や模擬授業といった採用試験対策だけではなく、不安に思っていることを一緒に解決していただきました。また、小学校への学生ボランティアやなどにも参加し、子どもと触れ合いながらさまざまな経験をすることができました。先生になるために同じ夢を持つ仲間と一緒に勉強できたことも、梅光ならではの特徴と思っています。高校生の皆さん、たくさんのことに挑戦することで新しい出会いや気づきがあり、それが将来へとつながります。梅光ならば、夢に向かって仲間と一緒に頑張れますよ!

 
  • アドミッションポリシー 専任教員紹介
  • 4年間の流れ(カリキュラム)

    pdfダウンロード

入学時に求める能力・適性・関心・意欲

アドミッションポリシー

  1. 幼児・児童の教育に関心を持ち、将来、小学校の教員になりたい人。
  2. 乳幼児の保育・教育に関心を持ち、将来、幼稚園教員や保育士になりたい人。
  3. 子どもの福祉や文化に関心を持ち、福祉や教育に関する公務員になりたい人。
  4. 教員免許、保育士の資格を活かしたさまざまな仕事につきたい人。

子ども学部子ども未来学科の施設と連携した実習活動

梅光学院幼稚園

学院の幼稚園と密接に連携

梅光学院幼稚園と密接に連携した取り組みができることも梅光学院大学の特徴です。子ども未来学部の実習・研究の場として、学生の深い学びと成長に繋がる教育環境が整っています。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは、
2017年8月20日・21日[日・月]開催!
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1011アドミッションセンター

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ