子ども学部子供未来学科

子供の“今”と“未来”に応えられる教育者へ。

子ども学部子ども未来学科では地域や現代社会とのつながり、現場体験を通した独自のカリキュラムを導入。子どもの未来を見通し、全ての子どもを受け止め、共感できる人材の育成を目指しています。

子ども未来学科の学びとは

未来の基礎を作るプログラム「梅光コモンズ」

キリスト教精神に基づいた社会奉仕と社会参加を通して、自己の生き方を見つめることができる。

2020年度以降(予定)3コース制に変わります!●教育総合コース●子ども英語コース●子ども心理コース児童教育専攻

※2019年4月現在の予定であり、変更となる場合があります。

  • 山下 夏未さん

    学びの基礎をつくる「梅光BASIS」では、学部を超えた幅広い交流ができます。
    学内に留学生が多いのも梅光の特長です。

  • 中村 友紀さん

    1年次の「フィールドワーク」で、授業の進め方や学級経営が学べます。早い段階で教師の仕事を知り、将来に生かせます。

  • 武山 真奈さん

    2年次の幼稚園実習で子どもの心理に興味を持ち、深く学ぶようになりました。将来は、子どもの成長を支える仕事に就きたいと思います。

  • 安光 みのりさん

    保育士、幼稚園教諭に必要な知識やスキルについて、短大や専門学校よりも広く深く学ぶことができます。
     

英語教育 英語教育

小学校教員にも英語力が求められる時代!
本当の英語力が身につく梅光の子ども学部

2020年からの外国語教科化に伴い、小学校教員の採用において英語力が評価対象となるなど、小学校の教員養成においても英語教育への取り組みが本格化します。
つまり、小学校の教育現場においても英語力のある人材が求められる時代となっています。
本学の子ども学部では、このような時代の流れに先駆けて英語力を養う取り組みを積極的に進めてきました。
通常のカリキュラムはもちろん、語学留学制度やネイティヴスピーカー教員との交流・授業など、本当の英語力を身につけるノウハウが、約150年前に英語塾として開設した本学には蓄積されています。
尚、児童教育専攻の「子ども英語コース」はもちろんですが、「教育総合コース」「子ども心理コース」、幼児保育専攻においても英語や英語教育について学ぶ機会があふれています

自分自身が英語を話せるようになる!

セブ島留学体験

セブ島留学体験

梅光のセブ島・パナイ島・マニラでの語学・文化研修は、子ども学部の学生でも参加できることが特長です。現地の先生との会話や観光などの文化交流を通し、英語で会話がスムーズにできるようになります。
また、ボランティア活動では現地の児童施設を訪問し、海外教育の現状を知ることもできます。

海外の教育事情を知る、異文化を経験し成長する

海外教育研修

教員を目指す学生が、フィリピンやオーストラリアでの小学校・幼稚園視察や子どもとの交流を通して、教育を学ぶツアーです。
フィリピンの研修では、小学校・幼稚園で子どもたちとの体験交流を行い、現地の教育方法について学びます。
また、現地大学での英語レッスンに加え、教育学部の授業の体験聴講や学部生との交流を実施しています。

英語の教え方を学ぶ

子ども英語/児童英語教育

歌・チャンツ・絵本・会話表現・自己表現・フォニックスなど、あらゆる側面から英語指導を体験し、児童に言語の4技能である<聞く・話す・読む・書く>をバランスよく習得させるためのスキルを身につける実践中心の授業です。全身を使って様々な指導方法を実践することで、学生自身の英語への興味・関心も高まります。さらに英語が好きになり、指導を楽しめる教員・指導者を育成します。

現場体験 現場体験

1年次のフィールドワークから4年次まで段階的に用意された実習プログラム

本学では、教員免許・保育士資格を取得する上で必須となる教育実習、保育実習に加え、独自のプログラムとして「フィールドワーク」という授業を用意しています。
これは週に1度、保育所・幼稚園・小学校などで終日ボランティアとして活動し、直接子どもたちや先生方とふれあい、現場を体験することによって、大学での学びを深め社会人基礎力を身につけます。
実習後には報告会を行い、学んだことや今後の課題について発表して2・3年次の学び・実習へとつなげます。 4年次では実習を通して将来への目的意識・職業意識を高め、自ら考え行動できる力と社会で通用する実践力を養います。

4年間の実習スケジュール 4年間の実習スケジュール

週1回のフィールドワークを経験して

私は大学の近くにある小学校でフィールドワークを行い、授業サポートや休み時間の外遊びを通して、子どもたちとふれあいました。授業では、担任の先生が子どもたちの積極的な発言を促すために声かけを行うなど、様々な工夫をされていて大変勉強になりました。2年次のフィールドワークや3年次の教育実習に向けて、理想の教師像と今後の課題を発見することができました。 児童教育専攻 2年
大分県 日出総合高等学校出身
林 千陽さん

幼稚園でのフィールドワークでは、毎回子どもたちが「平松先生!」と大きな声で私を迎えてくれたことが、励みになりました。また、実際に活躍する保育士の方から「甘えの涙と不安の涙を見分ける力を養おう」とアドバイスをいただいたことをきっかけに、子どもの涙について興味を持つようになりました。
1年次から座学と現場体験を並行して行えるため、子どもに対する理解が深まります。 幼児保育専攻 2年
岡山県 新見高等学校出身
平松 万依さん

教員採用実績

2019年度 公立教員採用試験 現役合格 のべ 41名!

公立学校・幼保 合格実績

小学校教諭
山口県7名、福岡県7名、北九州市11名、神奈川県1名、横浜市1名
中学校教諭
山口県(英語)1名、北九州市(英語)1名、北九州市(国語)1名
幼稚園教諭・保育士
下関市2名、北九州市4名、宇部市1名、山陽小野田市3名、佐世保市1名

※2019年5月時点の人数で、小中幼保の合計。

画像:教員の星についてはこちらをクリック


  •  
  •  
  •  
 

教職デー

教職デー 教職デー

自分が目指す教師像を明確にする

第一部の受験報告会では、教員採用試験に合格した4年生が登壇し、独自の勉強方法や大学生活の過ごし方などについて、後輩たちへアドバイスを送ります。
つづく第二部では、幼稚園教員・保育士志望者、小学校・中学校・高等学校教員志望者に分かれて、現職の教員や保育士から求められる教師像や学校現場の体験をご講話いただきます。
小学校・中学校・高等学校の教員志望者には、教育の星プログラムでも本学と連携している受験対策のプロの講師から、教員採用試験の傾向と対策についてご指導いただきます。
このような機会を通して、学生は自分が目指す教師像を明確にしていきます。

 

教職夏合宿

教職夏合宿

教育の本質をチームで学ぶ

子どもたちは、友達や学級など集団生活の中で育っていきますが、それは教員や保育士も同じことです。
本学では、教育者になるという同じ目標をもつ仲間とともにチーム梅光の一員として「先生への道」を歩んでいきます。 その歩みの一つとして、本学では教職夏合宿を行い、仲間づくりのスキルを学びながら「信頼感」などについて体験的に理解します。 そして、このプログラムを通じて、教育現場で求められている学級担任をしっかりと務めるために必要な力が育まれます。

 
  • アドミッションポリシー 専任教員紹介
  • 4年間の流れ(カリキュラム)

    pdfダウンロード

入学時に求める能力・適性・関心・意欲

アドミッションポリシー

  1. 幼児・児童の教育に関心を持ち、将来小学校の教員になりたい人
  2. 乳幼児の保育・教育に関心を持ち、将来幼稚園教員や保育士になりたい人
  3. 子どもの福祉や文化に関心を持ち、福祉や教育に関する公務員になりたい人
  4. 教員免許、保育士の資格を活かしたさまざまな仕事に就きたい人

カリキュラムポリシー

  1. 1年次…子どもについて知り、教育・保育・福祉の目的や体系的な知識を理解し、具体的な課題を発見する。
  2. 2年次…子どもについて理解を深め、教育・保育・福祉に関する専門職としての基礎的知識や技能を修得し、現場を意識した学びができる。
  3. 3年次…実践的体験を通して、子どもの教育・保育・福祉に関する様々な内容や指導方法を理解し、技術の基礎を修得するとともに、研究的視点を持つ。
  4. 4年次…子どもや教育・保育・福祉に関する理念を統合的に活用し、解決すべき課題を探究し、幅広い実践力を修得する。各自の専攻に従って卒業研究・卒業制作を仕上げる。

ディプロマポリシー

  1. 資質…子どもの成長を信じ、子どもの未来のために奉仕する心を身につけている。
  2. 知識…子どもを取りまく環境・社会と、子どもに与えるべき教育内容や方法について、広く深い知識を習得している。
  3. 技能…音楽・美術・文学などに親しみ、培った感性や表現力を基に、豊かな人間関係を築くことができる。
  4. 現場力…使命感・責任感を持って、子どもと子どもを取りまく環境・社会に働きかける力を身につけている。
  5. 研究…様々な領域から子どもについての理解を深め、子どもという窓から社会の課題を探求する態度と能力を身につけている。

子ども学部子ども未来学科の施設と連携した実習活動

梅光学院幼稚園

学院の幼稚園と密接に連携

梅光学院幼稚園と密接に連携した取り組みができることも梅光学院大学の特徴です。子ども未来学部の実習・研究の場として、学生の深い学びと成長に繋がる教育環境が整っています。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは、
2019年10月27日[日]開催!
ご参加をお待ちしています。
来て!見て!交流してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

お友達紹介キャンペーン実施中

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1011アドミッションセンター

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ