子供の“今”と“未来”に応えられる教育者へ。

子ども学部子ども未来学科では地域や現代社会とのつながり、現場体験を通した独自のカリキュラムを導入。子どもの未来を見通し、全ての子どもを受け止め、共感できる人材の育成を目指しています。

子ども未来学科の学びとは

未来の基礎を作るプログラム「梅光コモンズ」

キリスト教精神に基づいた社会奉仕と社会参加を通して、自己の生き方を見つめることができる。

  • 吉武 紗耶さん

    小学校教員にも「英語」は必須と知り、セブ島留学へ参加しました。現地の方との交流や異文化での生活など、貴重な体験ができました。

  • 坂口 稜さん

    「教職夏合宿」は自身の考え方の幅を広げる良い機会となりました。3免取得を目指して頑張っています!

  • 武山 真奈さん

    教育実習の準備として、1年次から週に一度、現場体験を行うフィールドワーク。子どもたちとのふれあいを通じて、自身の成長を実感できます!

  • 松坂 誓空さん

    セブ島語学留学ではネイティヴ講師とのマンツーマンレッスンが受けられます!おかげで、苦手だった英語に興味を持つことができました。

英語教育英語教育

小学校教員にも英語力が求められる時代!
本当の英語力が身につく梅光の英語教育

2020年からの英語の教科化に伴い、小学校教員の採用において英語力が評価対象となるなど、小学校の教員養成においても英語教育への取り組みが本格化します。つまり、こうした小学校の教育現場においても、英語力のある人材が求められる時代となっています。本学子ども学部では、このような時代の要請に応じて、英語力を養う取り組みを積極的に進めています。通常のカリキュラムにおいてはもちろんですが、語学留学制度やネイティヴスピーカー教員との交流、授業*など、約150年前に英語塾として開設した本学には、本当の英語力を身につけるノウハウが蓄積されています。

*他学部履修となります。

自分自身が英語を話せるようになる

セブ島・パナイ島 語学文化研修

※別途費用が掛かります。

濵田さん

セブ島留学体験

濵田さん|セブ島留学体験

子ども学部 子ども未来学科 2年
長崎県 九州文化学園高等学校出身
濵田 愛梨さん

梅光のセブ島・パナイ島 語学・文化研修は、子ども学部の学生でも参加できることが特長です。私は、1年次にセブ島での語学留学を経験。現地の先生や友人との観光や文化交流を通して、英語で会話ができるようになりました。また、ボランティア活動で現地の児童施設を訪問。子どもたちに夢を聴くと、「明日生きること」と答える姿を見て、とても心が痛くなりました。日本では当たり前のことが当たり前ではない。そんな子どもたちを見て、私は人の心に寄り添えるような人になりたいと思いました。この思いを忘れずに、将来の目標に向けて努力し続けます。

海外の教育事情を知る、異文化を経験し成長する

海外教育研修

※別途費用が掛かります。

教員を目指す学生が、フィリピンやオーストラリアでの小学校・幼稚園視察や子どもとの交流を通して、教育を学ぶツアーです。フィリピンの研修では、小学校・幼稚園で子どもたちとの体験交流を行い、現地の教育方法について学びました。また、現地大学での英語レッスンに加え、教育学部の授業の体験聴講や、学部生との交流を実施しました。

英語の教え方を学ぶ

小学校で英語指導をするためのスキルを身につける、実践中心の授業

歌・チャンツ・絵本・会話表現・自己表現・フォニックスなど、あらゆる側面から英語指導を体験し、児童に言語の4技能[聞く・話す・読む・書く]をバランスよく習得させるためのスキルを身につける実践中心の授業です。全身を使って、さまざまな指導方法を実践することで、学生自身の英語への興味や関心も高まります。さらに英語が好きになり、指導を楽しめる教員・指導者を育成します。

こちらから動画をCHECK!

留学生サポーター

大学に在学している留学生たちをサポートする留学生サポーターは、ラウンジでのおしゃべりやゲームを楽しむコーヒーアワー、季節ごとのパーティー(花見、クリスマス会など)を企画し、留学生と日本人学生との交流を深めています。活動を通し、異文化の刺激を受けて視野が広がるなど、サポーターも多くのことを学んでいます。

画像:留学サポート

現場体験現場体験

1年次のフィールドワークから4年次まで段階的に用意された実習プログラム

本学では、教員免許・保育士資格を取得する上で必須となる「教育実習」「保育実習」(※)に加え、独自のプログラムとして「フィールドワーク」という授業を用意しています。これは、週1日、保育所・幼稚園・小学校などで終日ボランティアとして活動する授業です。直接子どもたちや先生方とふれあい、現場を体験することによって、大学での学びを深め、社会的基礎力を身につけます。実習後には報告会を実施し、学んだことや今後の課題について発表。2、3年次の学びや実習へとつなげていきます。4年次では実習を通して将来への目的意識や職業意識を高め、自ら考え行動できる力と社会で通用する実践力を養います。

※保育士試験(国家試験)に合格して保育士資格を取得する場合、実習は必要でないなど、例外があります。

4年間の実習スケジュール 4年間の実習スケジュール
小学校のフィールドワークでは、2年生のクラスを担当。 授業のサポートや一緒にドッヂボールをするなど、子どもたちと直接触れ合うことを経験しました。 そして、子どもと話すきっかけを作る力が身についたと思います。 子どもたちが「わからないところを教えて」と言ってきてくれた時はとても嬉しかったです。 将来、小学校教員となって子どもたちにわかりやすく教えることができるように、さらに学びを深めたいと思います。

子ども学部 子ども未来学科 3年
大分県 中津北高等学校出身
佐々木 朋那さん
私は、母園である梅光学院幼稚園で活動を行いました。 幼い頃に自分が体験していたことをもう一度繰り返すようで、とても嬉しく、面白い経験でした。 なかでも印象的だったのは、子どもたちが、笑顔で先生と呼んでくれることです。 1年次前期に大学の授業で学んだことを少しずつ生かしながら、子どもたちと触れ合うことで、自分にまだまだ足りないものを見つけることができました。 将来、子どもと関わる仕事に就いて、この経験を役立てたいと思います。

子ども学部 子ども未来学科 4年
山口県 梅光学院高等学校出身
畑野 歩未さん

教員採用実績

20
以上!

公立教員採用試験
(幼保含む)
2年連続合格者

【2年間の合格者数(公立・現役のみ)】

小学校
27名
…山口県、福岡県、福岡市、北九州市、神奈川県、横浜市
中学校・高等学校
4名
…山口県、福岡県、大阪府
幼稚園・保育所
16名
…山口市、下関市、北九州市、福岡市ほか
山陽小野田市、周南市、宇部市、朝倉市

※のべ合格者数 (2018年3月現在)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
 

教職デー

教職デー 教職デー

自分が目指す教師像を明確にする

本学では、教員・保育士を目指す学生を対象とした「教職デー」を実施しています。 第一部の「受験報告会」では、教員採用試験に合格した4年生が登壇し、独自の勉強方法や大学生活の過ごし方などについて、後輩たちへアドバイスを送ります。
つづく第二部では、幼稚園教員・保育士志望者と小学校・中学校・高等学校教員志望者に分かれて、「採用ガイダンス」を実施。幼稚園教員・保育士志望者には行政関係者の方から保育現場の動向についてご講話いただきます。一方小学校・中学校・高等学校の教員志望者には、「教員の星」プログラムでも本学と連携している受験対策のプロの講師から、教員採用試験の傾向と対策についてご指導いただきます。
このような機会を通して、学生は、自分が目指す教師像を明確にしていきます。

 

教職夏合宿

教職夏合宿

十種ヶ峰青少年自然の家での「教職夏合宿」に、幼稚園、保育所、小学校、中学校、高校の先生を目指す約40名の学生が参加して仲間づくりの技術を学び、最後は命綱(安全装置付き)を仲間に託して空中高くを歩く「冒険」に挑戦。「できなかったことも仲間の励ましと支えがあればできるようになる」ことを身をもって体験し、「集団の中で人を育てる」という先生の仕事の醍醐味を皆が深く理解しました。
人生という名の子どもたちの冒険を、しっかりと支えられる先生を育てることを目指しています。

 
  • アドミッションポリシー 専任教員紹介
  • 4年間の流れ(カリキュラム)

    pdfダウンロード

入学時に求める能力・適性・関心・意欲

アドミッションポリシー

  1. 幼児・児童の教育に関心を持ち、将来、小学校の教員になりたい人。
  2. 乳幼児の保育・教育に関心を持ち、将来、幼稚園教員や保育士になりたい人。
  3. 子どもの福祉や文化に関心を持ち、福祉や教育に関する公務員になりたい人。
  4. 教員免許、保育士の資格を活かしたさまざまな仕事につきたい人。

子ども学部子ども未来学科の施設と連携した実習活動

梅光学院幼稚園

学院の幼稚園と密接に連携

梅光学院幼稚園と密接に連携した取り組みができることも梅光学院大学の特徴です。子ども未来学部の実習・研究の場として、学生の深い学びと成長に繋がる教育環境が整っています。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは、
2018年11月4日[日]開催!
ご参加をお待ちしています。
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!
お友達紹介キャンペーン実施中

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1011アドミッションセンター

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ