学部学科紹介

スクールモットー

Ut filii lucis ambulate

光の子として歩みなさい

エフェソの信徒への手紙5章8節

建学の理念

強くしなやかな精神と、
新しい世界を切り拓く能力を、
他者のために用いることのできる人間を育てる。

樋口  紀子

梅光学院大学 学院長・学長
樋口 紀子

新校舎も誕生!ますます充実するキャンパスで、
あなたの思い描く未来を実現してください。

2019年春、大学開学50年記念事業である新校舎「The Learning Station CROSSLIGHT」が完成しました。ここではガラス張りの教室やオープンスペースで授業が行われるので、“見える、見られる”関係性の中で互いに刺激を受け、学びを充実させることができます。また、フリーアドレス制の「スチューデントサービスセンター」では、教職員が共に働く新しい形の学生支援体制が始まります。新校舎は、「学びを変える、働き方を変える、場が人を成長させる」をテーマに無限の可能性を秘めた新しい形の教育施設です。新たにスタートした次の50年。共にこれからの歴史を創っていきましょう。

こうした中、2019年度から文学部人文学科が生まれ変わりました。これは、グローバル化の進展に伴い、地域と世界を結ぶ人材の育成を目指して、学生の学びをさらに充実させる取り組みです。また、これまでと同様、自身の専攻だけでなく、他の専攻の学びも取り入れることができる仕組みとなっているので、あなたの学びの機会が大きく広がります。一方、子ども学部子ども未来学科では、4年間の継続的な現場体験や教員採用試験対策などを通して、子どもの“今”と“未来”に応えられる教育者を育成して参りましたが、2020年度から児童教育専攻に3つのコースを新設いたします。これは、教育現場の抱える課題やそこで求められる人材像が近年変化していることに対応するものです。これからの教育現場で必要とされる人材の育成をさらに進めて参ります。また、両学部共通のプログラム「梅光コモンズ」では、キリスト教信仰を土台に、グループでの課題発見型の学びなどを通して、卒業後に求められる社会人基礎力を、学生一人ひとりが身につけていきます。

ますます充実するキャンパスで、あなたが思い描く未来を実現するために、本学の教育の特色を最大限に活用し、地域そして世界で活躍する若者へと成長してください。

新校舎も誕生!ますます充実するキャンパスで、
あなたの思い描く未来を実現してください。

樋口  紀子

梅光学院大学
学院長・学長
樋口 紀子



2019年春、大学開学50年記念事業である新校舎「The Learning Station CROSSLIGHT」が完成しました。ここではガラス張りの教室やオープンスペースで授業が行われるので、“見える、見られる”関係性の中で互いに刺激を受け、学びを充実させることができます。また、フリーアドレス制の「スチューデントサービスセンター」では、教職員が共に働く新しい形の学生支援体制が始まります。新校舎は、「学びを変える、働き方を変える、場が人を成長させる」をテーマに無限の可能性を秘めた新しい形の教育施設です。新たにスタートした次の50年。共にこれからの歴史を創っていきましょう。

こうした中、2019年度から文学部人文学科が生まれ変わりました。これは、グローバル化の進展に伴い、地域と世界を結ぶ人材の育成を目指して、学生の学びをさらに充実させる取り組みです。また、これまでと同様、自身の専攻だけでなく、他の専攻の学びも取り入れることができる仕組みとなっているので、あなたの学びの機会が大きく広がります。一方、子ども学部子ども未来学科では、4年間の継続的な現場体験や教員採用試験対策などを通して、子どもの“今”と“未来”に応えられる教育者を育成して参りましたが、2020年度から児童教育専攻に3つのコースを新設いたします。これは、教育現場の抱える課題やそこで求められる人材像が近年変化していることに対応するものです。これからの教育現場で必要とされる人材の育成をさらに進めて参ります。また、両学部共通のプログラム「梅光コモンズ」では、キリスト教信仰を土台に、グループでの課題発見型の学びなどを通して、卒業後に求められる社会人基礎力を、学生一人ひとりが身につけていきます。

ますます充実するキャンパスで、あなたが思い描く未来を実現するために、本学の教育の特色を最大限に活用し、地域そして世界で活躍する若者へと成長してください。

オープンキャンパス

次回のオープンキャンパスは、
2019年7月28日[日]開催!
ご参加をお待ちしています。
来て!見て!体験してみよう!
遠隔地交通費支援制度あり!

お友達紹介キャンペーン実施中

 

オープンキャンパス・入試に関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ083-227-1011アドミッションセンター

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

インターネットでの資料請求

資料・願書請求フォーム

ページトップへ