お問い合わせ
資料・願書請求

下関名陵地区の子ども会の子ども会×国際交流会(2015/11/09)

      

 10月17日8土曜日、下関名陵地区の子ども会の国際交流を兼ねた交流会に参加してきました。今回は、この9月に来たばかりの韓国からの留学生4名と、東アジア韓国語・中国語専攻の学生2名で行ってまいりました。日本の小学校ではあるあるの「百マス計算」「百マス掛け算」のお勉強タイム・自由遊びの時間、おやつタイム、そして留学生活躍のプチ韓国語講座がありました。子どもたちは韓国語になじみがあり、挨拶などは自信満々で留学生に話しかけていました。次回は、クリスマスパーティーに参加予定です。

 

 12212289_545543132288337_485675909_n 12212013_545543185621665_376560493_n(1)12204756_545543178954999_765672730_n(1)  12207717_545543202288330_2063964855_n  12204673_545543238954993_1912750486_n(1) 

異文化理解教育プログラム~岩国高等学校広瀬分校~(2014/07/31)

7月15日(火)、本学の韓国留学生、ヒョン・ジフンさんとキム・ヘミさんが岩国高等学校広瀬分校の国際理解授業に招かれ、韓国料理や服飾を通して交流を行いました。

はじめに、ヒョンさんがスライドを見せながら出身地や伝統衣装のハンボックの紹介をし、その後二人が日本に来て感じた日韓の違いについて話しました。

P1030174
岩国高校広瀬分校(チマチョゴリ1) 発表と質疑応答が終わると、男女それぞれに分かれ、女子はチマチョゴリの試着、男子は韓国料理(キムチチャーハンとチヂミ)の調理を行いました。

 

P1030178

P1030182

昼食に男子学生が作ったキムチチャーハンとチヂミを皆で頂きました。

韓国料理と言っても、材料は日本のスーパーで手に入るもので、意外に簡単に作れます。多くの生徒が家でまた作ってみると言ってくれました。

P1030185

留学生の発表を聞いた高校生の中には、日本では当たり前のことが外国の人から見ると必ずしもそうではない、むしろ驚くべきことなのだと知り、逆に驚かされたと感想を述べていた人もいました。これからも異なる視点から物事を理解することを大切にして、今回の交流をきっかけに、隣国である韓国についてもっと関心をもって、交流を深めてほしいと思います。

梅光学院大学では、ご要望いただければ、近隣の小・中・高校へ留学生を派遣し、異文化理解教育のプログラムを企画致します。

お申し込みは http://www.baiko.ac.jp/university/pdf/international/entry.pdf

異文化理解教育プログラム~韓国留学生が名陵校区子ども教室に参加~(2013/12/15)

12月14日(土)10時~12時、本学の韓国留学生が名陵校区子ども教室の国際交流会に参加しました。

はじめに自己紹介と韓国の紹介をし、その後韓国の伝統的な遊び「ユンノリ」を一緒にしました。

「ユンノリ」は日本のすごろくのようなルールで、子どもたちはすぐにやり方を 覚えて何度も挑戦していました。

P1020491P1020506
P1020502P1020493
P1020486 

 

異文化理解教育プログラム~台湾留学生が名陵校区子ども教室に参加~(2013/10/15)

 

毎週土曜日10時から12時まで、下関市立第二幼稚園にて「名陵校区子ども教室」が開かれています。参加者は小学1年生から中学1年生まで約20名と地域ボランティア5~6名。 P1020358
通常は地域ボランティアの方々と一緒に宿題をしたり、園庭で遊んだりしていますが、月に1度は 県民活動団体「しものせき国際交流ねっと」 の企画で下関在住の外国人との国際交流会を行っていて、この度10月12日(土)に本学の台湾留学生8名が参加しました。 P1020360
はじめに台湾の概要を簡単に紹介し、中国語のあいさつを教え、その後写真を見せながら、日本では見られない台湾名物の猪血糕(豚の血をもち米で固めた食べ 物)や臭豆腐(発酵させ納豆のような臭いがする豆腐を揚げたもの)や、南国のフルーツを紹介しました。一通り台湾の紹介を終えるとクイズ形式でおさらいを しましたが、皆元気よく答えてくれました。 P1020363
最後に参加者全員でじゃんけん列車をやって、盛り上がったところで御開きとなりました。 P1020366
       P1020371  今回時間が足りなくて、予定していたゲームができなかったので、是非第2弾でゲームをしたいです。その時まで再見!          

 

 

熊野小学校異文化理解教育 ~韓国~(2013/02/28)

熊野小学校で6年生の異文化理解教育として韓国の文化などの学習をするということで、韓国からの留学生で日本文学科4年の金民國さんが先生として小学校を訪問しました。

 

韓国の習慣・文化の紹介だけでなく、韓国について児童のみなさんからの質問にも答えました。質問は事前にいただいていたのですが、

キムチが韓国で作られたわけは何ですか。

サッカーの日韓戦についてどう思いますか。

鉄の箸は重いですか。また、なぜ鉄の箸なのですか。

など、するどい質問がありました。

「自分の国の事について知らないことが多いということに気づく事ができ、先生として行った異文化理解教育ですが、自分も学ぶことがたくさんありました。」 とのことでした。金民國さんも学ぶことの多い体験となったようです。

kumano (3)

<デルヴォー財団の方々を下関でご案内しました!(2013.01.14記事)

受験生応援サイト

活動ヒストリー

留学・国際交流

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ

学校法人 梅光学院〒750-8511山口県下関市向洋町1-1-1TEL 083-227-1000
JIHEE認証評価