お問い合わせ
資料・願書請求

韓国語留学 3rd Step

お問い合わせ

資料・願書請求

2015年 韓国交換留学レポート 啓明大学校 1(2015/07/23)

東アジア言語文化学科 韓国語韓国文化専攻 3年 清水 京
6月は期末テストの時期です。あっという間に時間は過ぎてもう1学期が終わろうとしています。とても早く感じました。この前期の間、現地学期とは比べものにならないくらいたくさんの韓国語に触れました。そして、韓国の国内を巡ったりもしました。時間がたくさんあると感じたのですが、過ぎてみればとても短い時間です。韓国人の友達もたくさんできました。韓国語で話す機会もたくさん増え、私にとってとても収穫の多い学期でした。将来したいことや興味があることも明確になり、充実した日々を過ごせたのではないかと思います。6月はテスト勉強で忙しいので6月になる前に「たくさんの経験を積もう」ということで、全州と釜山に行ってきました。
韓国 清水京 2 まず全州ですが、韓国の伝統的な家屋の街並みが残っている観光地としても有名です。また、全州と言ったらビビンバということでしっかり食べてきました。そして 宿は一緒に行ったオンニ(韓国語で「お姉さん」)が手配してくれた「ハノクマウル」(韓国の伝統家屋「ハノク(韓屋)」が残っている街)の中にあるハノク に泊まりました。普段はなかなか経験することのできない韓国の伝統的な家での宿泊はとても良いものでした。すべて「オンドル」(韓国式の床暖房)があるの で快適に暖かくそして木の温かみも感じることができました。日本の畳もいいけれど、韓国の温かいオンドルの部屋もなかなかいいなと感じました。そしてもう 一つ感動したことがあります。それは街並みです。昼と夜で全く景色が違い、周りに高い建物がないのでとても落ち着く感じがうかがえました。
そして、観光地 だけあって、「ハンボク(韓服)」(韓国の民族衣装)の体験もすることができました。韓服を着たままで街中を闊歩しとても貴重な体験をしてきました。

 

 

韓国 清水京 1
 韓国 清水京 3

 そして釜山にも行ってきました。釜山は今までにも何回か行ったことはあったのですが、ちゃんと観光をしたのは今回が二回目でした。釜山で外せないのが「テジクッパ」(豚のクッパ)です。やっぱり美味しかったです。

 ヘウンデ(海雲台)ではちょうどサンドフェスティバルの開催期間中で、砂でできた綺麗な作品を見ることができました。ところが私たちが大邱に戻った2、3日後にもっと盛大なイベントをしているのをフェイスブックで見つけて、とても残念でした。

 韓国の街には人々の目を楽しませてくれる壁画がたくさん描かれているという印象があるのですが、今回の旅でもたくさんの壁画を見て回りました。その中で、偶然壁画を描いている真っ最中の場面に遭遇したので、直接壁画を描くという体験もできました。

 韓国の伝統的な文化に触れたり、また現代アートも体験したりして韓国についてたくさんのことを学べたのではないかと思っています。

韓国 清水京 4

後期は、旅行をするものいいですが、自分のしたいことに向けての準備を充実させることができたらいいと思います。

 

前回レポート 2014年 韓国交換留学レポート 水原大学校 5 はこちらをクリック mouse

韓国交換留学レポート 水原大学校 6(2014/12/03)

東アジア言語文化学科 韓国語韓国文化専攻 3年 木畑唯

韓国での生活もあと残り約1ヶ月となり毎日なんだか寂しい気持ちでいっぱいです。11月はSUBA(留学生サポーター)での最後のイベントや活動ばかりでした。

水原留学レポート11月分木畑唯01留学生体育大会 SUBA最後の大イベントである体育大会がありました。フォークダンスやドッヂボール、大玉バレーボールなど様々な競技があり、久しぶりに体を思いっきり 動かしました。くじ引きでチーム分けをしたので仲のいい人とは離れてしまったけれど、新しい友達を作ることのできるいい機会でした。韓国人も外国人もみん なで協力して1位を目指して一生懸命競技に取り組みました。次の日は言うまでもなく全身筋肉痛になりました。
 ソウル都心を流れる清渓川で行われたランタンフェスティバルにも行ってきました。世界遺産や海外企業とのコラボ、韓国で有名なキャラクターなどのランタン が川の中に設置され、清渓川を歩くだけで色々な世界観を楽しむことができました。人気キャラクターのところではすごい人だかりで移動するのも大変でした が、夜の清渓川に様々な形で色々な光を放つランタンはとてもきれいでした。水原留学レポート11月分木畑唯02ランタンフェスタ
水原留学レポート11月分木畑唯03感謝ボード 毎週水曜日にしていた韓国語教育も今月で終わってしまいました。最後の日は前期と同様、星形のポストイットにSUBA のみんなや自分のメントに向けてメッセージを書きました。私はメントに向けて感謝の気持ちを書きました。これをいつかメントが読んでくれることを願ってい ます。SUBAでの活動もこれで終わりなのだと思うと残念で悲しくなりました。様々なイベントや活動をしてきてSUBAのおかげでたくさんの思い出を作る ことができてよかったです。
 前期に行われたスピーチ大会が後期では芸能大会に変わり、歌やダンス、詩の暗唱や演劇など自分の得意なものを披露しました。個人だけでなく団体での参加も 出来たので、日本人と中国人でチームを作りコメディシンデレラを披露しました。しかし、音声トラブルで音楽が流れなくて何度も初めからやり直したりと、 散々な舞台になってしまいました。なんとか3位を取ることはできたけれど、ちゃんとした完璧な舞台を見せることができず悔しい気持ちでいっぱいでした。こ の大会は準備・練習期間が5日しかなく短いのが問題ですが、やれるだけのことはやったので悔いはありませんでした。水原留学レポート11月分木畑唯04留学生芸能大会

期末考査が終われば冬休みが始まります。残りの韓国での生活、悔いが残らないように過ごしたいと思います。

韓国の大学は一般的に前期は3月~6月、後期は9月~12月で、1~2月は長い冬休みとなるので、交換留学生も12月末には帰国します。

前回レポート 韓国交換留学レポート 水原大学校 5 はこちらをクリック mouse
木畑唯さんの前回レポートは こちらをクリック mouse

韓国交換留学レポート 水原科学大学校 2(2014/11/19)

東アジア言語文化学科 韓国語韓国文化専攻3年 西川起世

留学生活も残り2か月となりました。まだまだ成長しきれていない自分に焦りを感じています。10月から11月にかけてはスポーツデー、英語スピーチ大会、大学祭、中間テストなど行事が多くあっという間の1か月でした。

私は所属する航空観光科の英語のスピーチ大会に出場させていただきました。本来この大会は選ばれた学生しかでることができないのですが、私は交換留学生ということで学科の特別配慮により出場が許可されました。出場決定から本番まで1ヶ月しか時間がなかったので原稿を書いてそれを暗記するのが大変でした。私は英語が苦手なのでなかなか覚えることができず、正直出るのを諦めようかなと思ったこともありましたが、他の出場者が頑張って練習している姿を見て簡単に諦めてはいけない、最後までやり遂げなければいけないと思い、時間をかけて練習しました。

 

 西川起世 水原科学大学校留学レポート02 (1)
西川起世 水原科学大学校留学レポート02 (4)

たくさんの友人や先生方や応援してくださいましたが、特に学科長のパク先生には何度も練習に付き合ってもらいました。パク先生はとても親切な方で、スピーチ大会の準備だけでなく学校生活や日常生活で困ったことはないかといつも気にかけてくれます。また留学中は栄養のある食事ができないからとご飯に連れていってくださったり、果物をくださったりととても良くしていただいています。スピーチ大会では最後の最後まで練習を見てくださり、アドバイスもたくさんもらいました。

大会の前日まで原稿があやふやで本番で原稿を忘れてしまったらどうしようという不安でいっぱいでしたが、いざステージに立ってみるとそれほど緊張せず楽しくすることができたと思います。賞こそ取ることはできませんでしたが、貴重な経験をさせていただき本当に光栄でした。またこの大会には、出場者全員が各航空会社の本物のユニフォームを着てパフォーマンスをするプログラムもありましたが、私は普段なかなか着られない大韓航空のユニフォームを着せてもらい、本当にいい経験になりました。

西川起世 水原科学大学校留学レポート02 (3)
西川起世 水原科学大学校留学レポート02 (2)

そして中間試験がありました。日本の大学の試験のように筆記試験もありますが、フライトアテンダントの採用試験の面接練習として英語、韓国語での口頭試験もありました。本当の面接のように容姿、表情、内容すべてをチェックされ緊張感のある試験でした。この面接練習は授業中もやっていて、質問に対する応答内容よりも服装や表情を注意するのですが、自分の携帯でムービーを撮り、良いとこ、悪いとこなど分析をします。普段自分の姿を見ることはないので恥ずかしいですが、色々な発見ができるので面白いです。中間試験の面接では「サービスとは何か」や「顧客を一言で表すと」など難しい質問が多く出て答えるのが大変でしたが、将来の就職に役立つ経験ができてよかったと思います。

 

こちらでの生活も残り少ないので、まだ成長できてない部分を成長できるように、また目標である積極性を身につけるように変われるといいなと思いますし、最後まで何事にも全力で取り組んでいきたいです。
西川さんの前回レポートはこちらmouse

韓国交換留学レポート 水原大学校 5(2014/11/06)

東アジア言語文化学科 韓国語韓国文化専攻 3年 竹重咲希

韓国での生活も2度目の秋を迎えました。韓国の秋はやはり寒く、寒さが苦手な私にとっては少しつらい季節となりました。10月には中間試験があり、勉強面では少し大変でしたが楽しいこともいくつかありました。

まず韓国に来て初めて、ソウルにある大学路まで演劇を見に行きました。行ってみたいと思いながら機会がなく行けてなかったのですが、今回行くことが出来ま した。狭い劇場で舞台と近い距離で、俳優さんの表情まで見ながら楽しむことが出来ました。早口になると聞き取れない部分もありましたが、ある程度は理解し ながら見ることが出来ました。 

水原大学校 竹重 大学路劇公演

 

水原大学校 竹重 KOREAN NIGHT FESTIVAL

また、ソウルの中央大学校で開かれた「KOREAN NIGHT FESTIVAL」にも行きました。これは外国人のために開かれたようで、会場には外国人留学生ばかりいました。平日に行われ、授業の時間と学校から遠い 関係上途中から見ることになりましたが、私が行ったときは留学生の演奏に合わせて韓国人が民謡を歌っているところでした。目の前で歌っているのを聞く機会 がないので、実際に聞いて感動しました。小中学生くらいの子たちによる太鼓の演奏があったり、韓国の文化を直接感じられるものでした。

10月31日はハロウィンということで、SUBA主催のハロウィンパーティーがありました。みんなそれぞれ仮装して、写真を撮り合ったり、脅かし合ったり、クラブのようにDJを使って音楽をかけたりなど、とても楽しかったです。 

水原大学校 竹重 ハロウィン

留学生活も残りわずかとなり、今は焦りの気持ちが大きいですが、残りの時間が充実したものになるようにしたいと思います。
 前回レポート 韓国交換留学レポート 水原大学校 4 はこちらを クリック mouse
竹重咲希さんの前回レポートは こちらをクリック mouse

韓国交換留学レポート 啓明大学校 5(2014/10/30)

東アジア言語文化学科 韓国語韓国文化専攻 3年 村上りおな

韓国での2度目の秋を迎えました。留学生活も残り約2ヵ月となり、改めて時間の速さを感じるとともに焦りも感じ始めています。

 

10月は私にとって大きな挑戦があり忘れられない経験をした月になりました。10月2日から11日まで開催された第19回釜山国際映画祭にボランティアとして参加したからです。書類審査、面接を通過した後、実際には映画祭が始まるまでに3カ月以上前から全体オリエンテーションや3回の教育を通して準備しましたが、開幕式の準備のために映画祭の2日前から実際の活動は始まりました。私は野外劇場運営チームに所属し、約50人のメンバーと一緒に、開・閉幕式、野外上映の運営をしました。ボランティア活動を通して感じたことはたくさんありますが、今回は大変だったことと一番やりがいを感じたことについて簡単に紹介したいと思います。

 

 啓明 村上 スタッフ
 啓明 村上 座席カバー

まず大変だったことは2つあります。一つはやはり開・閉幕式の準備です。映画祭の一番重要な行事ということもあり、座席一つ一つにカバーをかけていくという作業があったのですが、これがもう本当に大変でした。5000席を超える椅子にカバーをかけていくのは単純作業のように見えますが、地道でしかも時間のかかる作業でした。もう一つの大変だったことは韓国人相手に案内をするということです。いくら韓国語を勉強してきたからと言って外国人がネイティブの方々相手に案内することは簡単なことではありませんでした。しかし自分の韓国語の実力を知ることができるいい機会になったと思います。

次に一番やりがいを感じたことについてです。映画祭には思ったよりも多くの日本人観光客が来ていたこともあり、日韓通訳の仕事もたくさんさせてもらいました。私はもともと通訳という仕事に対して“大変だ”とか“難しそう”というイメージを抱いていましたが、実際に通訳を経験してみて想像以上の楽しさを感じることができました。また何よりも自分の韓国語の能力を通して人の役に立てているということに最もやりがいを感じました。

 啓明 村上 参加者配布物
 啓明 村上 ボランティアスタッフたち

まだまだ伝えきれていないことはたくさんありますが、このような貴重で充実した体験ができたのも、紹介してくれた友達や採用してくださったスタッフの方々、また外国人の私をいつもサポートしてくれたメンバーのおかげです。これからも周囲の人への感謝の気持ちを忘れずに、たくさんのことに挑戦していきたいと思います。

前回レポート 韓国交換留学レポート 啓明大学校 4 はこちらをクリック mouse

韓国語留学 3rd Step

お問い合わせ

資料・願書請求

受験生応援サイト

韓国語留学 3rd Step

留学・国際交流

受験生応援サイト

HOMEお問い合わせ資料・願書請求入試情報オープンキャンパス交通アクセス教職員募集プライバシーポリシーサイトマップ

ページトップへ

学校法人 梅光学院〒750-8511山口県下関市向洋町1-1-1TEL 083-227-1000
JIHEE認証評価