フィリピン留学最終日

今日で一ヶ月のフィリピン留学も最終日です。一ヶ月間は長いようでとても短く感じました。私はこの留学で日本では学ぶことのできない様々なことを学ぶことができました。
まず、日常のなかで英語を使わなければならない環境に居たため英会話は以前よりも上手に行うことが出来るようになったと思います。
次に休日はアクティビティなどを通して、今まで関わるのことの少なかった同じ学校の仲間とより仲良くなることができました。そのため、うちの学校の生徒は男女関係なくとても仲がよく、連絡などもこまめに取れてうまく協力することができていたと思います。
そしてボランティア活動で貧困層の方々とふれあったことを通じて、自分達が普段どれだけ恵まれているのかを知ることができました。そして、この経験を通して今後、自分はあの人たちのためにどのように行動するべきかを考えるきっかけにもなりました。
今日で、フィリピンでのこの17人での生活が終わると考えると少し寂しいですが、今後はこの一ヶ月の留学で学んだことを生かして生活していきたいと思います。S_6711063439718

CPUとMKの卒業式が行われました

今日9/15(金)は、CPUとMKの卒業式が行われました。午前中のCPUの卒業式では、同じクラスの人全員で練習した洋楽を歌ったり、スピーチを発表したりしました。1午後からはMKの卒業式でした。一人ずつ英語でスピーチをし、成績の良かった人が表彰され、卒業記念品としてマグカップをいただきました。2また、マネージャーの方からサプライズの卒業記念動画もいただきました。それぞれのマネージャーの方からのコメントと共に、フィリピンでの1ヶ月の思い出が詰まった素敵な動画で、感動して泣いている人もいました。ここでの1ヶ月間はあっという間に過ぎ、ほとんどの人が「もう少し長くここに居たい」と言うようになりました。私たちは、たくさんの経験を経て、大きく成長できたと思います。貴重な経験ができて良かったです!

34

SMEを卒業しました!

1ヶ月間お世話になった先生と最後のマンツーマン授業を受けました。その後 卒業式が行われ先生方と最後の写真や会話を楽しみました。

IMG_5013

私たちはそれぞれ手紙を書いたりサプライズプレゼントをしたりなど、先生方に感謝の気持ちを伝えました。なかには感動して涙する先生もいました。それにもらい泣きする生徒もいてとても充実した1ヶ月だったと実感しました。
IMG_5038私はこの留学期間中、1日2タイトルを目標に、先生に出されたタイトルを元に毎日 日記を書きました。これを続けていると自分の強い部分と弱い部分が徐々にわかるようになってきました。このように、ここでは英語を学ぶだけではなく、自分自身の勉強の効率が分かります。そういった面でもこの1ヶ月は本当に有意義でした。祝日の関係もあり授業時間は少なかったものの、日本では体験のできない授業を受けることが出来ました。セブ島でこのような体験ができた事や先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。短い間でしたが、貴重な体験をありがとうございました!

MKの卒業式が行われました!

今日は、MKの卒業式でした。
一か月という短い期間でしたがとても充実していて楽しかったです。
多くの貴重な経験ができました。

最後には、一人ずつスピーチがありました。
この日に向けて練習してきたので、とても頑張りました。

卒業式の際に日本人のマネージャーさんが作って下さった一か月の思い出の動画はとても感動しました。そして、かわいいマグカップのプレゼントももらいました。
mk
語学学校のマネージャーさん、先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
この一か月の経験を将来に生かしていきたいです。

MKを卒業しました!

MKの卒業式でした。
MKに来たときは知らないことだらけだったし、慣れないことも多かったけれど、先生たちやまわりの方々の支えがありいろいろな経験をすることができました。日本では学ぶことのできないことを学ぶことができました。日本では、すべての授業が英語で行われるということは無いので、貴重な体験でした。4週間のMKでの生活はとても楽しかったです。

あと数日で帰国なのでそれまでの間に多くの思い出を作って帰りたいと思います!!!!omedetou

last lesson …

1ヶ月の授業が今日で終わりました。あれだけ早く帰りたくてしかたなかったはずなのに、最後の日を迎えるとこんなにも寂しいのかと自分でも驚きました。レッスンを重ねるにつれて、やっと言いたいことが伝わりはじめ、最初と比べてコミュニケーションが取りやすくなったなと感じ始めたのに…月曜日から先生方のレッスンがないと思うと本当に寂しいです。

ラストレッスンということで主にフリートーキングを楽しみました。また、グループレッスンのメンバーとピザパーティーをしました!ピザを食べながら普段触れることのないような話ができてとても楽しかったです!
あこの1ヶ月間何度も早く時間が過ぎないかな、早く帰りたいなと思っていましたが、帰国を目前にしてこれまでを振り返るとフィリピン人のあたたかさやフィリピンの良さを実感しとても寂しいです。日本と比べて不便な点は多々ありますが当たり前のことがどれだけ有難く、幸せなことか身を以て体験できました。この留学プログラムに参加して良かったと心から思います。帰国してすぐに後期が始まりますがここで学んだことを活かして英語力だけでなく他の面でもさらなる成長をめざします!

最後の授業

今日はフィリピンでの最後の授業でした。一ヶ月という短い期間でしたが、毎日授業を教えてくださった先生方とお別れするのはとても寂しかったです。

1日があっという間に終わってしまいました…

多くの生徒は、寝る時間を惜しみ、感謝の気持ちを込めてお手紙を書いていました。また最後の授業の日が近づくにつれて、先生と離れるのが寂しいと言う生徒もたくさんいました。

無題

MKには優しい先生ばかりです( Ö )

私は、お世話になった先生方に、手紙と日本から持ってきたお土産を渡しました。

お土産は日本で購入した飴と、折り紙の鶴を作って渡し、とても喜んでいただけたみたいで、私の方も嬉しくなりました( Ö )

私はフィリピン留学で英語だけではなく、その他にもたくさんのことを学ぶことができました。

私の成長した姿をいつか見せに”Philippines”に戻ってきたいです♬

第10期バレンシア国際カレッジ参加生 帰国後レポート

英語コミュニケーション専攻  3年  金子穂佳

IMG_2089

私は2月から8月までの約半年間バレンシア国際カレッジプログラムに参加しました。アメリカのフロリダ州オーランドにあるバレンシア大学でビジネスを学び、ウォルトディズニーワールドで実習を行うというプログラムです。半年間で週1日5時間授業を受け、週5日働きました。1つ目の職場はハンバーガーショップ、2つ目の職場はお土産やさんでした。

私がこの留学を通して1番学んだと思うことは積極的に自ら行動する大切さです。初めは今まで聞いたことのない速さのスピードで繰り広げられる英語での会話についていけず、同僚とのコミュニケーションは自分からとろうとしませんでした。最低限必要なことだけを会話する程度で、友達をなかなか作れませんでした。英語も仕事もわからず、助けてくれる人もいなくてとても戸惑い困りました。しかし、自分から何か行動を起こさないと何も始まらないと気付き、少しずつ会話をするように心がけました。最初は私の英語が通じないことや、同僚が何を言っているのか理解できないことがたくさんありましたが、諦めずに積極的に話しかけるようにしました。そうすると、同僚は日本人である私を理解してくれ、受け入れてくれました。私が働いた職場はほとんどがアメリカ人でアジア人はほとんどいませんでした。後から教えてもらったのですが、私は自分の英語に自信がなくて話せませんでしたが、同僚たちは私が話したくないから黙っていると思っていたようです。日本のように察する文化はないので、自分から発信することがとても大事だと学びました。 FullSizeRender (2)
IMG_2470 また、ゲストとのコミュニケーションも自分なりに工夫し、積極的に話すようにしていました。働き始めた頃は業務をこなすことに精一杯でした。しかし、上司に「仕事は誰にでもできるけど、目の前のゲストを笑顔にできるのはあなたしかいないのよ」と言われ、ハッとしました。夢を与え続けるディズニーで働く以上、私はディズニーの一部です。私の行動がゲストの1日を左右すると改めて知り、私にしかできないことを考え、ゲストとのコミュニケーションを最優先しました。もちろん私の言いたいことが伝わらないことも相手の話がわからないことはありました。しかし、私は日本人であり英語は第2言語なので英語で自分の言いたいことを説明する難しさや理解する大変さを知っています。世界中から色んな人が集まるディズニーワールドでは英語が全く話せないゲストの方もたくさんいます。そんな中、私は言語の壁を知っているので言葉が通じないゲストの不安な気持ちは誰よりも理解できると思いました。

コミュニケーションは言葉だけではありません。身振り手振りや顔の表情なども大切なコミュニケーションの1つです。私は常に笑顔を絶やさず、ネガティブな態度はとらないように気をつけました。ディズニーではリーダーが私たちキャストの働き方をみています。良かったところ、悪かったところを毎日教えてくれたおかげで、日々成長することができました。私にしかできないマジカルモーメントを創ることは簡単ではありませんでしたが、積極的に動かなければ創ることはできないので、私にできることは積極的に全て行いました。温かいゲストといつも私をサポートしてくれる上司や同僚のおかげで実りある半年間になりました。将来この経験で得たことを活かせるようにこれからも積極的に自ら行動し、努力できる人になりたいと思います。

FullSizeRender (3)

前回レポート 第10期バレンシア国際カレッジ参加生第二回レポートはこちらをクリック mouse

 

残り2日…。゚(゚´Д`゚)゚。

今日は最後の授業でした。
私は先生みんなに手紙を書いて渡しました。
英語で手紙を書くのは初めてで、とても難しかったのですが感謝の気持ちをしっかり伝えることができました(^^)
最後に写真もたくさん撮れました!

この一ヶ月はほんとにあっという間でした。
今までにないたくさんの経験をして、視野が広がりました!
明日は卒業式とスピーチコンテストです。
緊張しますが、しっかり自分のスピーチをしてきます!

残り2日となりましたが、悔いのないように最後までフィリピンを楽しみます(^^)

PS)
この写真は先週食べにいったアイスケーキ屋さんです!
甘すぎずとても食べやすくておいしかったです✨

あいう

セブ滞在も残り3日!

今日の授業内容は通常通りの教科書を使った授業を受けたり、帰国してからの話やセブでの生活についてのフリートークを行ったりしました。
放課後は数人で、学校の近くにあるナイトプールに行きました!門限までは時間が短くあまり長く入ることはできませんでしたが、温水プールやスライダーもありとても楽しかったです!