第8期バレンシア国際カレッジ参加生第ニ回レポート

英語英文学科 英米文学専攻3年 福井幸女
英語英文学科3年の福井です。第二回目の留学レポートを書きたいと思います。
IMG_1503
アメリカへ来て約4カ月経ちました。このプログラムも残すところたったの一カ月半となり、時間が経つ早さをひしひしと感じています。
2週間に一回あるバレンシア大学の授業も残り2回ほどとなり、毎週あるオンラインの課題も期限以内に出してこれたことに達成感を感じています。クラスメイ トとの課外アクティビティでは、アイスホッケーの試合、シーワールドというディズニーとはまた違うテーマパークなどに一緒に行きました。
バレンシア大学の授業に加え、ディズニーユニバーシティの授業も五月から始まりました。私はオーガナイゼーションリーダーシップという授業を選択し、 リーダーシップとは何かについて週に一回学んでいます。周りがほぼネイティヴなため、聞き取ることに必死ですが 先生も優しく毎週楽しんでいます。
IMG_0478
IMG_0395 ディズニーでの仕事は4月に違うパークに派遣されたり、五月には新しいロールに変わりました。ディズニーリゾート内のフードコートのようなところで今は働いています。最初は前の職種のマーチャンダイズとの仕事内容のギャップなどにストレスを感じていましたが、何より同僚が何度も何度も助けてくれることに助けられここ最近は楽しいと思えることが増えてきました。忙しいピーク時にはコミニュケーションをとっていかに早く仕事を回せられるかが大切なので、すばやく英語で要件を伝えることができるかなど自分の英語力を改めて見直すいい機会となっています。そしてこの暑い時期に外で働くことがないので本当に助かっています。気温は日本の夏とあまり変わらないように思いますが、日差しがとても強く少し外に出るだけで汗が止まりません。
休みの日は映画を見に行ったり、ユニバーサルオーランドに行くなど充実した日々を送っています。ユニバーサルオーランドのハリーポッターエリアは日本には ないものがたくさんあり行くたびに大興奮しています。趣味である映画はこっちにきても時間があるときにパソコンで見たり、映画館でみたりと私にとってストレス解放には本当に大切な時間です。五月の始めにはキャストのみのプールパーティがタイフーンラグーンというディズニーのウォーターパークで開催さ れ、アメリカらしい空気に包まれとてもいい思い出になりました。セントオーガスティンという古い都市に、知り合いのご家族に連れていってもらい綺麗な街並 みやビーチを眺めたこともとてもいい時間でした。
IMG_1656
日本に帰る日が近づいていることが信じられませんが、毎日を大切に過ごしたいです。
前回レポート 第8期バレンシア国際カレッジ参加生第一回レポートはこちらをクリック mouse