留学後レポート ~2ヶ月の留学を振り返って~

 英語英文学科2年 森 亮輔
私にとっての初めての海外経験である2ヶ月間のオーストラリア留学が終わった。慣れない海外での生活や食事、1日中英語だけの毎日は決して楽しいことばかりではなかった。しかしそれ以上に多くのことを得ることが出来たと感じている。そして英語力の向上はもちろん、オーストラリアの文化に触れる機会も多くあり、充実したものとなった。
ホームステイ先では、ホストファザーのMarkは訛りが激しく、とても早口で最初の頃は一緒にいる時間が辛かったり、主食がマッシュポテトで食事があまり合わなかったりときついことが多くあった。しかし毎日の行き帰りの車での些細な会話や、子どもたちとの遊び、家族でのお祈りが1番大好きな時間だった。毎晩、日本で入院している祖母に対してお祈りしてくれて、家族以上の絆を感じた。 Australia
Australia (3) 大学生活では、現地の先生方の授業がゲームやアクティビティを取り入れ、魅力的なもので、私たちは楽しく取り組むことが出来た。試験や課題もそこにいくまでのプロセスがしっかりとしていて、全員が集中し活気あふれるものとなっていた。その他にも、高校訪問やアフリカの学生などと関わる機会などがあり、他の国を知るだけでなく、母国である日本について無知だったことも分かった。1番の驚きであった、不法移民問題も日本にいては知ることのない問題だった。
そして大学の方が組んでくださったツアーで行った、ブリズベン、ゴールドコーストやシドニーで見た多くの自然や建造物は素晴らしいものばかりで、充実していた。テレビでしか見たことのなかった、オペラハウスやハーバーブリッジなどにも寄ることができ、夢のような時間を過ごした。 Australia (1)
Australia (2) 様々な貴重な体験や経験、学び、そして出会いで大きく成長できたと感じる。今回の留学に参加することを決め、それを支えてくださった家族をはじめ多くの方々に感謝したい。多くの人に支えられていることを、この留学で知ることが出来た。今回の留学をステップとして、次の第2段階留学に向け、今まで以上に努力していきたいと思う。
森亮輔さん留学前レポート~留学の目標~はこちらをクリックmouse 森亮輔さん留学中レポート~オーストラリアで感じていること~はこちらをクリックmouse

                                                       

第3期参加生第一回目レポート!!

第2期生レポート「最後の2ヶ月を振り返って」はこちらをクリックmouse
国際言語学部英語英文学科 3年 梶山 恵美
  こんにちは!今日は第一回目の報告ということでこちらでの生活の様子を全体的に報告します。

プログラムが始まり、初めは右も左わからず毎日たじたじでしたが、だんだんと仕事にも慣れ、現在ではゲスト(来園者)や同じキャストメンバー(スタッフ)との交流を楽しんでいます。こちらにきて痛感したことは自分の英語力の不足です。言いたいことがあるのに言えなかったり、ゲストの言っていることが理解できなかったりと最初の数週間は不完全燃焼な毎日を送っていました。しかし同僚の人はみんな優しく、助けが必要であればすぐに駆けつけてくれ、わからないことがあれば丁寧に説明してくれます。驚くことにゲストの方々がとても優しいのです。お金の計算に戸惑ったら一緒に数えてくれたり、「あなたは頑張ってるわよ」と言ってくれたりします。一番嬉しいのはゲストの方が去り際に日本語で「アリガト」といってくれたときです。こういったゲストの優しさに触れる度にもっと成長して、私がゲストを幸せな気持ちにさせてあげたいと思います。とてもいい環境のなかで毎日仕事をしながら学んでいます。

 

Disney20131002 (2)

ウェルカムパーティーにて

Disney20131002 (8)

Disney20131002 (4)

エプコット※にて

 

授業は週に一度で私はAdvanced Study in Hospitality という授業をとっています。リゾートの経営に焦点をおいてビジネスについて学習します。クラスの雰囲気は明るく朗らかな感じで、グループディスカッション やパワーポイントを使い授業が行われます。自分の専攻ではありませんが、とても楽しめる授業です。そのほかにもバレンシアカレッジのオンラインコースの課 題でスカイプミーティングを行ったり、ボードディスカッションをします。

 

 

※エプコット:ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにある4つのディズニーパークの内の1つ

仕事や授業の他にも楽しいことが沢山あります。休みの日や、時間ができたときは パークやプールに遊びにいったり、ディズニーが主催するパーティーやイベントに参加したり、買い物に行ったりと毎日が充実しています。

 

※ハリウッドスタジオ:ディズニーリゾート4つのパークのうちの1つで映画をテーマにしたパーク

 Disney20131002 (10)

友達とハリウッドスタジオ※にてラルフとヴァネロペと

 

 Disney20131002

October Fesにて

Disney20131002 (9)

同fesにてドイツの民族衣装を着たミッキーと

 

こちらで苦戦してい ることは、先ほども述べたように自分の“英語力”の乏しさです。こちらで使える言語は99%が英語です。相手の言っていることが聞き取れなかったり、自分 の言いたいことをすぐに伝えられないという場面がしばしばあり、その度にもどかしい気持ちになります。逆にこちらでもっとも楽しいことは、毎日新しい出会い があるということです。ゲストとの出会い、同じキャストメンバーとの出会いや、出かけ先での出会い。いろいろな国からきたさまざまな人との出会いが私の毎 日の楽しみです。

 

Disney20131002 (7)

オーランド歴史博物館にて

最後にこれからこのディズニーインターンシッププログラムに参加しようとしている人たちにアドバイスです

しっかりと英語を習得してから行ってください!

主に話す・聞くに重点をおいたほうがいいでしょう。快適な生活を送るためでもありますが、英語がしっかりと話せる・聞けることでより多く のことを学んだり、たくさんの人と交流ができたりします。しっかりと英語を聞ける・話せる準備をしていくと、こちらでの生活を何十倍も楽しむことができる でしょう。

しかし英語ができないからといって諦めないでください。こちらでの生活はとても楽しく、貴重なものです。英語ができないからと諦めるにはもった いなすぎます。英語ができなければ死にものぐるいで学習してください。それに値する素晴らしい経験が待っています。約束します!以上フロリダからのレポー トでした!

 Disney20131002 (5)

オーランド歴史博物館にて

Disney20131002 (6)

エプコットのメキシコパビリオンにて

Disney20131002 (1)

エプコットのノルウェーパビリオンにてトロールと

 

第3期生第二回目レポート近状報告Part2はこちらをクリックmouse