留学前レポート~留学の目標~

英語英文学科2年 森 亮輔John

「楽しかった。またオーストラリアに行きたい。」

オーストラリアから帰国後にこれだけしか言えないのでは行った意味がない。何をしに行くのかを明確にし、目標を立てることによって行く意味が生まれると私は考える。

まず初めに、留学に行くに至っては、留学を応援し全面的に支えてくれた両親、私たちが行くために多くのことを準備してくださった先生方、現地で受け入れてくださりサポートしてくださるUSQのスタッフやホストファミリーの方々への感謝の気持ちを持ち続け、この留学に臨みたいと思う。この気持ちを持ち続けることで学習への意識の向上、現地の文化の吸収、時間を大切にすることが可能になると考える。

次に自分自身のために二つの目標を掲げて行こうと考えている。

 

一つ目は「英語力の向上」である。日本にいながらでは感じることの出来ない、英語だけの世界の中で、私の苦手なリスニングやスピーキングの能力を大きく伸ばしたいと考える。それは留学後に控えているTOEIC、第二次アメリカ留学に必要なTOEFLへ向けてのためである。海外にいるから身に付けられる能力を大きく伸ばし、USQの先生方に積極的に学びに行くこと、ホストファミリーとの会話、一人でいる時間を有効に活用し、「英語力の向上」に努めたいと考える。

 

二つ目は私の夢である高校教師になってから「生徒たちに教えたいこと」を見つけることである。英語を教えていく立場になったとき、ただ英語を教えるのではなく「英語を学んだからこんなことができる。」「英語を学ぶことによって見える世界がある。」と英語の魅力を生徒に話すことができ、多くの生徒に英語に興味を持ってもらうことが出来るような教師になりたいと考えている。そのためにも自分自身でオーストラリアの文化を感じ、外国人との関わりの中で、その材料、フレーバーのようなものを見つけて行きたい。

 

       最後に一緒に留学をする友達と支え合い、多くの思い出を作っていきたい。一人一人違った悩みや問題点が出てくると思うが、留学に行く2年全員で乗り越えていきたい。そして全ての参加者がよりよいオーストラリアでの生活を送って欲しい。

森 亮輔さん留学中レポート~オーストラリアで感じていること~はこちらをクリックmouse