プログラム開始から一か月の様子について

皆さんこんにちは。アメリカ・フロリダ州にてバレンシア国際カレッジプログラムwith Disneyに参加中の英語英文学科3年垣田千幸です。こちらでの授業、寮生活、そしてインターンシップについて少しずつ報告したいと思います。

1. 大学・授業について

私はオーランドにあるバレンシア大学の学生として学んでいます。しかし、大学に通って授業を受けるのではなく、授業は寮の敷地内にある教室で行われます。現在私が受けている授業は、同じプログラムで日本から来ている日本人学生14人だけで行われている2つです。
①Business Management:ビジネスにおいて基本となる態度、顧客サービス、ビジネスコミュニケーションなど働く人としてどうあるべきかを学びます。週2日、1日4時間の授業ですが、内容が興味深くて、先生も面白いので授業時間がすぐに過ぎていきます。

1-1

②Academic Training:これはオンラインでの授業(課題)で、授業で学んだことと、ディズニーでのインターンシップでの経験に関すること、この2つに関連する Videoを見たりなどで、自分の意見を書き、他の学生の意見にもコメントをするというものです。ほぼ毎週課題がでます。

の授業は4月中旬には終わって、5月からはディズニーのクラスが始まるので、そちらも楽しみです。

授業風景

 

寮のプール

4-1

 4-2
寮の部屋

2. 寮生活について

私 たちが暮らしているのはディズニーで働く学生専用の寮です。4つの寮があり、部屋の種類も4人部屋から6人、8人部屋と様々で、世界各国から来た学生が暮 らしています。私はVista Wayという寮の4人部屋に住んでいて、ルームメイトは中国人1人、アメリカ人2人です。

寮にはプール、ジ ム、図書館など設備が充実している上に、ウォルト・ディズニー・ワールドの全ての場所、スーパーマーケット、ショッピングモールなどに行くための専用バス があり、仕事に行く際にはもちろん、日用品・食材も買いに行けます。また休みの日には友だちとパークに遊びに行って楽しんでいます。

しかし 食堂はないので食事は自炊です。私は日本では実家暮らしなので、自炊生活は初めてですが、ルームメイトとお互いに食事を作り合って異文化交流しています。 アメリカ人のルームメイトは私が箸を使って料理をしていたら、興味深々で見ていました。私のおふくろの味を振舞うと、みんなとっても美味しいと喜んでくれ るので、最近の趣味は料理です。

料理

3. インターンシップについて

私は、ウォルト・ディズニー・ワールドのハリウッドスタジオというパークでコスチューミングという仕事をしています。日本でいう衣装さんのようなもので、最初の1ヶ月はキャラクターコスチューミング(ミッキーたちの住む所)で働いていました。

4 月に入って同じくハリウッドスタジオでやっている、インディー・ジョーンズのショーでも働き始めました。このショーでは観客の中から10名程度が選ばれ、 エキストラとしてショーに参加出来ます。私の仕事は選ばれたエキストラに衣装を着せる、ショーに出る役者達の衣装管理などです。

私は週に4日、1日8時間~10時間以上働く日もあります。1人1人働く時間や休みの日が違い、最近私は朝~夜、ルームメイトは夕方~夜中(遅い時は深夜2時くらいまで)に働いているため、お互いの寝顔だけを見る生活で少し寂しいです。

英 語で働くに際して、日本語ならもっときちんと言えるのに、などと思うこともありますが、職場の人たちはフレンドリーで優しく、毎日仕事に行くのが楽しいで す。またゲスト(お客さん)とコミュニケーションをとったり、”Thank you.”と笑顔で言ってもらえることが喜びであり、充実感にもつながっています。

ミッキーと

バスのりば
バス乗り場

 

コスチュームショーでゲストが参加した時に
衣装を着せたりしています。

アメリカに来て早1ヶ月、毎日があっという間に過ぎて行きますが、日々の経験を大切に、自分が今ここにいられることに感謝して、これからも楽しみつつ頑張りたいと思います。

 

 

 

アメリカ ノースウェスタン・カレッジ 授業について

 

時が過ぎるのは早く、アメリカに来てもう7カ月がたってしまいました。現在はSpring break, Easter breakも終わり、残すところ2nd half semesterだけになってしまいました。今回は春学期に取っている授業についてと春休みに参加したSSP(Spring Service Project)について書いていきたいと思います。

 spring 7

 spring 8

 

Basic Writingは主にEssayの書き方などを学んだりして、2枚のペーパーを書き終えました。今は興味のあることについて調べて書くResearch Paper的なものであるExpository Essayを書いています。私は今最も興味があるAfrican American Vernacular Englishについて書いています。

 

Intro to Biblical StudiesはBibleの歴史や基礎を学んでいく授業で、最も興味があり取ったクラスです。このクラスを取る前は、アドバイザーの先生から、難しいから他のクラスを取ることを薦めると言われ、反対されていましたが、最も取りたかったクラスなのでアドバイザーを説得し取りました。

 spring3

 spring 5

 

Advanced Oral Englishは秋学期に取っていたESLのクラスの続きでSpeakingやListeningを中心としたクラスです。生徒数2人というとても少人数クラスですが、とても発言する機会が秋学期より増えて、とても身になっています。

 

 

Instructional TechnologyはEducationのクラスで、クラスの中でどうやってTechnologyを使っていくかを学んでいくクラスでした。このクラスは大好きなクラスの1つでPower PointやWebsites, Videoを作ったりなど、教師に必要な技術を学びました。このクラスは1st half Semesterで終わる授業でした。

 spring 2

 spring 6

 

 

 

Public SpeakingはInstructional Technologyの代わりに2nd half Semesterから始まる授業で、主にスピーチをしています。今はSelf-Introductionのスピーチをしていて、私は自分の性格について話しました。このクラスはディスカッションやスピーチといった英語を話す機会がとてもたくさんあります。

 

 

 

また春休みに参加したSSP(Spring Service Project)について書きたいと思います。今回私はArkansas州のJonesboroというところに10日間Mission Tripとして行きました。Jonesboroでは子どもたちとバスケやスポーツをしたり、宿題のわからないところを教えたりしました。また、施設のペイント、掃除やBible Studyなども行いました。

 spring 4

 Spring 1

 

 

 

このSSPでは本当に良い経験ができ、色々なことをこのMission Tripで学びました。またSSPのメンバーとは10日間一緒にいたということもあり、Northwestern Collegeに帰ってきてからは一緒にご飯を食べに行ったり、hang outしたりなどとても仲良くなることができました。

残すところアメリカ生活もあと約2ヶ月で終わってしまいます。この2カ月は勉強だけでなく、友達との時間も大切に過ごしていき、後悔なく過ごしていきたいと思います。

 過去の留学レポート一覧はこちらをクリック!>