留学前レポート 私のオーストラリア留学の醍醐味

英語英文学科2年 梶山恵美student

私が英語を学習し始めて以来、ずっと楽しみにしていた語学留学があと一か月後まで迫ってきています。今回私がこのオーストラリア留学で学ぶであろうことは数えきれないほどあると思います。しかし、私がこの留学で一番の目標にあげるのは英語でのspeaking abilityのアップです。

 梅光学院大学に入学して以来、英語を話す機会は大幅に増えました。そして自分でも英語で話せるようになったことが増えてきているのを実感しています。ですが、それでもやはり私の日常生活のうちの英語使用量はわずかなものです。今回のオーストラリア滞在中は朝起きてから夜寝るまで丸ごとどっぷり英語のみの生活です。しかもそれが約2か月もの間です。そんな生活が楽しみで仕方がありません。それに、自分でいうのもなんですが、日本で勉強していて自分が英語を少しずつ話せるようになってきているを実感できているので、今回の留学では大幅にspeaking abilityをアップできるという確信もあります。確信だけではダメなわけで、実際にそのために何を心がけようと思うかというと、

ずばり、No Japanese life!! です。

滞在中はふだんhost family や現地の人と話すときだけでなく、梅光生を話をするときも、独りごとを言うときも、頭の中で考え事をするときも、すべて英語を使って行います。そして、日本に帰ってきて「あれっ、日本語ってどうやって話すんやったっけ??」ってなるくらいに英語のみの生活を送りたいです。

 もちろん英語で生活するなかで、ただ英語のみを学習するのではなく、それを通して現地の生活や文化や食などさまざまなことも体験しでいきたいです。そして常にアンテナをはり、何事にも興味・感心を抱きながら毎日を過ごしたいです。初めての海外留学なので不安なこともないと言ったら嘘になりますが、私の中では英語圏での生活に対するうきうきわくわくの気持ちのほうがはるかに勝っています。この2ヵ月間“英語で生きる”ことによってspeaking abilityは大幅に伸ばせることでしょう。

梶山恵美さんの留学後レポートはこちらmouse